2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

〈福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望み、ツイッターでさまざまな想いや、被災者の声をつぶやいております。そのツイートの中から、被災者の声をご紹介していきます。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。〉


11月9日 原発被災者に寄り添う事が晩年の仕事でしたが、体験した全ての事が、結婚生活、修道生活、終末病棟勤務、癌末期手術体験、虐め体験、子供時代の転勤族、虚弱対質、膠原病、難病、等、全てが福島原発被災者の苦しみを理解するために、苦難の経験ほど役立つことは有りませんでした。

11月9日 福島被災者の仮設住宅は隣の音が丸聞こえで、隣のいびき、トイレットペーパーをちぎる音まで、聞こえていた。隙間風が入り、カビが生え、床も抜けたりして大変な所もありました。「仮設住宅は原則2年もったら良い」とのマニュアルで建設したのでガタが来て当たり前、と日赤の人から聞いてました。2年の応急処置の仮設に7年の年月、被災者は苦境を堪えつつ過ごしました。部屋は1部屋か2部屋で荷物の置き場もありません。窓は1つしかない所や、外を歩く人から丸見えで目と目が合ったと、いう所もありました。悪環境や非道な扱いを被災者は国に訴えましたが、全てを無視されながら、苦しみ抜いた被災者を、今度は放射能で崩壊して住めなくなった荒れ地の被災地に無理やり返そうとして、仮設も壊しています。役場が住民に帰る促しをするために自宅を廻っているとも聞きました。国民も福島への関心は無くなり、誰を頼ったら良いのでしょう? 助けてください!

11月11日 仮設住宅で最初から双葉町の住民を支えておられた自治会長が膵臓癌で亡くなったので、身内でただ1人生存しておられるお姉様に、昨夜電話をしました。「お陰様で双葉町のお墓に納骨して来ました。本人は双葉町に帰りたがっていましたので両親が眠って居る所に一緒に納骨をして来ました。普通は入れない所ですが、許可を求めて行ってきました。以前は帰るのが楽しみな心休まる美しい自然豊かな所でした。今は見る影も無い荒れ地です。皆で耕した畑も、セイタカアワダチ草が4m5mも伸びて、猫柳も3m4mも伸びて、何処か区別がつかない状態で、胸が張り裂けそうでした。昔、先祖達が開墾した時もこんなだったでしょうと、折角私達の為に、町を創ってくれたのに!災害の日から道路1つ作っていない、変わり果てた双葉町の姿に、涙して帰りました。原発は恐ろしい!もう嫌だ!

11月12日 30代男性。原子炉建家が爆発した時に、運悪く、外部から仕事で爆発を知らず中に入ったそうです。多量の放射能を浴びてしまい、寝たきり状態で苦しんで居られるとの事。お母さまが看病をしておられるとの事。「従姉の息子なので、気になるし顔もみたいけど、姿が辛すぎて行けないでいます。未だ30代の若さで何も出来なくなっちゃった。こういう被災者も居るんですよ。と、皆に言いたい。」被災者の言葉です。

11月13日 原発被災者は7年近く、7、8回も引越を繰り返しながら不自由な避難生活を強いられています。「私達は避難したのでなく、故郷を追い出されたのです」と被災者は言います。彼らは7年過ぎた今でも、引っ越し先の住民になることが出来ません。日本では住民票は1人に1つと決まっているからです。その為に被災者は避難先の住民にはなれず、地域の行事、活動、ごみ収集、投票、習い事等参加出来ず、その為白い目で視られ、孤立して友達を作ることができません。就職も住民票が無い為正規社員になれず、仕事を求め単身赴任で除染作業に夫は行き、若い妻は子供を抱えながら1人、世間の厳しい批判に耐えつつ、鬱病となった被災者、我が子が学校で虐められて登校拒否になって1人苦しむ妻も多いです。浪江の馬場町長が、政府に「原発被害は国の責任だから、避難先の住民票も作成して欲しい」と2度国会議事堂に行ったようですが、門前払いされたと聞いております。被災者にとっては被災地の住民票を抜くと、賠償を外されるので途方に暮れてます。


by momofukuoka | 2017-11-17 07:45 | 福島の被災地の現状

もとシスター人生体験①

福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望んでおります。音声入力で始めたツイッターで、さまざまな想いや、被災者の声をつぶやいております。そのツイートの中から、被災者の声をご紹介していきます。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。


10月2日 福島の被災者の声です。「子供の甲状腺癌が半端でない!原発の影響だ!といくら訴えても、原発と関係ない!と200回もねじ伏せられている。我ら60代は小高に帰って放射能を浴びる事になり、やがて死んで小高も無人の町になると思う。もう希望も何も無い!訴えても、何をしても、もう駄目だ!何も信じられなくなった。神は信じて待てと言うけど、神も何も信じられなくなった。もう嫌な事だらけ、どうなってしまったのか何処を向いても嫌な事だらけ。子供や孫が可哀想!どうしたら孫達を救ってやれるのか!我等をこんなに苦しめて、まだ再稼働をするとは!」皆さん。どうしたらよいのでしょう?

11月5日 福島の原発被災者と今日話をしました。「放射能を浴びてから、免疫力が低下し、半端でない疲れで悩んでいます。口内炎がいつまで経っても治らない。痛くてしみて食べられないし、話をすることも出来ない。原発の後、鼻血も出た、産毛も抜けた。葛尾村の仲間は何人も体験している。6年8ヶ月も経ったのに、福島の復興はどうなって行くのか?われわれ被災者は疲れ果て、気力も何も無くなった。みんな病気で倒れてる。次から次に亡くなって逝く。」 みなさん、福島の被災者をこのまま放って置いて良いのでしょうか?安倍総理は「福島の復興無しには、日本の復興は無い」と全世界に公言したのに!

11月6日 福島被災者、原発の地、双葉町の現状です。放射能が高くて住むことが出来ません。国は中間貯蔵庫の土地は買っても、他の土地は買ってくれません。その為に、住民は住めない土地の税金が自動的に引かれます。買って貰えないかぎり、被災地の土地の税金は子々孫々請求されて行きます。帰れず、住めない被災地の荒れ果てた土地の税金を何故被災者に請求するのか?住めなくしたのは誰なのか?チェルノブイリを見習って欲しい。放射能の土地には入ってはならないとして柵をして、被災者には他に住む土地を与えてくれたではないか?福島もそうして欲しかった。だのに、放射能のある荒れ地に、帰還宣言して「帰りなさい。後は、被災者が何とかしなさい。」と丸投げされた。店も、病院も、交通機関も、道路設備も何も無くなった所に。猪に荒らされて、暗闇の荒れ地に。


11月7日 福島原発後、仮設住宅の自治会長として長年住民を世話してとても献身的な浪江町の被災者の方に、久しぶりに電話をして、驚いたのは2年8ヶ月前でした。あんなに元気で住民の為に頑張って居られたのに、心筋梗塞、脳梗塞となり、声が出なくなり、歩けずトイレにも行けなくなって奥様が抱き抱えてトイレに連れて行ってるとの事。本人が電話に出ましたが、会話にならない声で2言3言。そのか細い声に、私の胸は張り裂けそうでした。あんなに住民の為に走り回って居られた方が。早速食品を買って送りました、元気づける為に。その後気になりつつも私は忙しく電話も出来ずに。2日前気になって電話をしました。「2016年1月1日に祖母が亡くなったら追いかける様にして2月13日に亡くなりました。」妻の言葉に私は、また人亡くなってしまった。どんなにか辛かったでしょう。悔しかったでしょう。福島の被災者方は故郷を思いつつ、長年の苦しみが報われぬまま、沢山の方が亡くなって行かれます。


by momofukuoka | 2017-11-10 09:42 | 福岡百子からのメッセージ