人気ブログランキング |

2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

豪雨、台風等で災害に遭われた皆様の痛みに心を合わせつつ、1日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。又、例年にない連日の猛暑日です。ご健康を保たれますよう、どうぞご注意されてくださいませ。
 
8月6日は74年前の8時15分にアメリカ軍の原子爆弾が広島市にに投下された日でした。又、8月9日は11時02分にアメリカ軍の原子爆弾が長崎市に投下された日でした。そして、沖縄には、同じ74年前にアメリカ軍が4月1日から沖縄全土を戦渦にし、沖縄県民の4人に1人が亡くなり、20万人の死者を出したと言われます。そして、日本軍のトップであった牛島司令官が自決した日の6月23日が、沖縄の「慰霊の日」となりました。
 
皆様、8月6日、8月9日、6月23日についてはもっとテレビでも、この日の式典や出来事について放映し心を寄せ合っても良いのではないでしょうか?余りにも報道が無さ過ぎると思いました。
 
そして、忘れもしない2011年3月11日の東日本大震災の出来事、福島第1原子力発電所の事故、メルトダウン、水素爆発。この報道ももっとして戴きたいです。
 
皆様、福島の方の地獄のような生活と苦悩は何一つ解決しておりません。福島の人々は天国から地獄に投げおとされました。
 
テレビでは被災者の現実を報道しなくなりました。テレビで報道しないと私達は解決したと思ってしまいます。皆様、真実を知ってください。
 
国は意図的に福島の事を忘れさせようとしている様に感じます。
 
「復興した」「解除宣言した」「帰って良い」本当に解決したのでしょうか?本当に安心して良いのでしょうか?
 
 
皆様、私達の日本、安心して生活出来ますか?治安が悪くなり人を信頼出来なくなった。不安になったと思いませんか?
 
あなたの命、人格、生活、時間を大切にされていると思いますか?日本で生活をしていて幸せに感じますか?
 
生まれて来て、良かったと思いますか?毎日が楽しいですか?
 
尊敬、信頼、優しさ、勇気、決断、正義、誠実、清楚、謙虚、羞じらい、礼儀、犠牲心、献身、心の世界、を考えた事が有りますか?自分の命について、他者の命について。心の美しさについて、魂の美しさについて。
 
人生は1回限り、同じ日は二度と来ません。あなたは世界でたった1人のあなた。あなたは神様の宝物です。1分1秒を大切にしましょう。
 
2度と来ない「今」です。
 
 
*南相馬市小高区の方[藤島昌治氏の詩《仮設にて》]をご紹介致します。
 
①《3月11日 東日本大震災》
 
何だ!何だ!
 
地の底から 聞こえてくる
はらわたを引きちぎるような
無気味な 呻き声は
 
突如 大地が裂け
山が呻き 恐怖におののき
逃げ惑う人々
絶望と悲鳴の後には
瞬く間に瓦礫の山ができた
 
松林の遙か上空を越えて
猛り狂った海が
悪魔と化して 襲いかかる
船が 自動車が 家屋が
押し流され
としよりが 子どもが
津波に飲み込まれる
チキショウ!
悔しさと行き場のない憤りが
頬を伝う
 
「ドーン!」
今度は何だ
数十キロも離れた
俺のところへ
背骨もきしむ 地響き
原爆が落ちた
脳裏を広島がよぎる
東京電力
福島第一原子力発電所
水素ガス
大爆発である
 
逃げろ! 逃げろ!
速く! 速く!
遠くへ! できるだけ遠くへ
見えない敵
放射能から
一目散に逃げる
一体 どこへ逃げればいいんだ
日本中を
丸ごと揺さぶる
悪魔の所業に
東北は地獄を見た
 
こつ! こつ! と
純朴で
ただひたむきに生きてきた
みちのくの人々が
こんな裁きを受けようとは
思いも寄らぬはずだ
 
だが もう嘆くまい
鋤を手に
鍬を手に
ひたすら粘り強く
この地をきり拓いてきた
脈々と
受け継がれてきた伝統が
我々にはある
 
負けてたまるか!
負けてなるものか!
 
(手をさしのべてくれた全ての人々に深く感謝して)
 
 
②《避難所から避難所へ》
 
転々と避難所から避難所へ
何度も何度も繰り返し
ようやく 辿り着いた仮設住宅
四畳半一間の不自由に囲まれた
異様な空間
眠れない夜がつづく
苛立ちと絶望が交差する先の見えない不安
「もう だめだ! 頭が変になりそうだ!」
 
きのう そういっていた人が
フラフラと今日も歩いている
こんな事をこの先
何年繰り返せばいいのだろう
「頑張れ!」と言われても
「立ち上がれ!」と言われても
「前を向け!」と言われても
どこへ向かって進めばいいのだろう
折角 震災の中を生き延びたと
いうのに
自らの命を絶つ人が後を断たない
そういうボクも紙一重の毎日
そんなボクの折れそうな心を
支えてくれたのはあなたです
 
日本中のあなたの励ましや支援のおかげで
辛うじてここにいます
助けてくれて「ありがとう!」
助けてくれる人が居るから
「すごい!」
そのやさしさがうれしい
心強い
その感謝の気持ちを伝えるために
精一杯の強がりと
精一杯の笑顔で
「がんばります!」
「負けません!」と
差し伸べてくれたあなたの手を握り返します


# by momofukuoka | 2019-08-10 07:52 | 福島の被災地の現状

昨年、台風7号と梅雨による集中豪雨で甚大な被害に遭った 北海道 、中部地方、西日本 に9000人以上、今なお避難生活をしておりますのに、今年も又鹿児島に集中豪雨災害がありました。
 
今も鹿児島、宮崎、熊本の3県に避難指示勧告が出ており、3県の196万人超の方が不安にさらされています。
 
皆様方に支援の手が及びます様に、1日も早く安心した生活が出来ますように、ご支援を宜しくお願い申し上げます。
 
 
さて、今日も「福島の今」をお伝えさせていただきます。
 
来年始まるオリンピックの出発拠点となる、聖火ランナーは、広野町のサッカー場( Jビレッジ)から出発します。
 
この場所は昔は山でした。第1原発に働きに行く人は、ここで防御服に着替えて第1原発に出向いて行った所との事です。
 
第1原発に出向く拠点、そこが今は聖火ランナーの拠点、復興の拠点となりました。福島原発被災者方は全く復興していないのに、国から放置された状態なのに復興したと世界に発信して、原発は無かった事にしたい日本政府。これで良いのでしょうか?複雑な心境ですね。
 
福島原発被災者のほとんどが、農家だった人が多いです。
 
特に山村地帯の方々は風雪に耐え、山菜や川魚を食し、食費も生活全般に、お金がかからない質素な生活をしていました。現金収入が少い為、又病気になるなど年金を納め切れなかった人も居られます。その為に今、年金の金額が2万円という人もいました。お金が無くて困って居られました。当然かと思います。
 
災害前は自分で野菜を作るなど、食費にほとんどお金がかかりませんでしたが、災害後の8年間の仮設生活で4畳半の狭い部屋に居た為、運動不足となり、農業から離れていた為に、体が悪くなり、幾つもの病気を抱え、農業の仕事が出来なくなった人が多いです。又8年過ぎた今では皆様が75歳~90歳の高齢者が多く、ほとんどの方が農業も出来なくなってました。自宅の農機具も8年間の間に、錆び付いてしまい、使えなくなりました。もう自分で農業は出来ません。自分が食べる野菜さえ作ることか出来くなってました。
 
国はこういう被災者に救いの手を差しのべて欲しいです。生活保護は家、土地が有れば適用外となります。何とか救う方法はないでしょうか?
 
「夫が鬱病になりました」こういう知らせが多いです。女性でも鬱病の方は居られますが、男性の方に鬱病になられた方が多いです。仮設で自治会長としてバリバリしてた方だったのに。何故?と思うことが多いです。話を聞くと、「先祖代々の土地が汚染土(フレコンバック)の置き場になった。」と言う人が多いです。「我が家の農地が一生使えない」「先祖様に申し訳ない」
 
「我が家の放射線量が高くて、寝泊まりが出来なくなった」
 
鬱病にかかった方に慰める言葉はありません。黙って心の痛みに心を合わせるのみです。生きる力を天に願うのみです。
 
1人の被災者の手紙をご紹介致します。
 
「こんにちわ、ご無沙汰致しております。私も山形に縁があり家を建て落ち着いたと思った矢先、主人が鬱になり大変でした。お陰様で良くなりましたが、国が避難解除をしたので、浪江に帰ると言い出し、私は山形にも慣れ友達も出来てホッとしてたので反対しても言うことを聞きません。仕方ないので復興住宅に応募したら当選してしまい帰ることになりました。
 
私としては複雑な気持ちですが、これも私の運命と思い、前向きに進むしかありません。3・11以来自分の人生が劇的に変わって、不安も有りましたが、その時々に助けてくれる人がいたり、自分なりに出来る事を一歩ずつやって来たら今日という日まで来れました。
 
この先も焦らず自分らしく回りに振り回されずに、自然に生きて行きたいと思います。
主人は自分の生まれ育った町に帰れるとウキウキしていますが、昔の浪江ではありませんので私はそんな気分にはなれません。でも夫が楽しく毎日過ごせればいいと思います。
 
国は復興は進んで原発も大丈夫だと住民を返す方向です。原発は安全と言えず、若い人、子供達は帰りません。現状の町は元の町ではありません。そんな中でも光はあるはずなので、それを見つけたいです。やっぱりふる里は好きです」
 
浪江の自宅に帰ったけれど、回りに知人、友達も居ない、猪が出て、店も何も無い不便な所に1人帰った奥さんの言葉です。「小さい犬を飼いました。人と会わなくても我が家にいるだけで違う。やっぱり浪江はいいな~。生まれ育った所なので、気分が違う。娘の旦那、鬱病になった。そして離婚してしまった。現状を知ると大変な事がある。この震災は何だったろうね。」

あまりにも福島原発被災者の現状はあらゆる面で酷過ぎ、此の世での地獄の様に感じます。少しでも救いの手は無いものでしょうか?
 
どうか国は、被災者の悲しみを自分の悲しみとして、痛みを分かち合う日本となりますように。


# by momofukuoka | 2019-07-08 06:48 | 福島の被災地の現状

例年には無い異常気象。又、かつて無い無謀運転、殺害、児童虐待、犯罪行為、いじめ、自殺、等々。私達の社会はどうなってしまったのでしょう?
 
又、ネットを駆使しての悪戯、詐欺、いじめ、等々。本来善の為に、社会貢献の為に利用するはずの文明の力が人間崩壊の為に利用されるとは? これが今の世の悲しい姿なのでしょうか? このまま、滅び行くまま、手をこまねいていては残念過ぎます。諦めてしまっては残念過ぎます。
 
世の中を良くしようと努力をしておられます方々は沢山居られると思います。私達も互いに手を取り合って、「少しでも住み良い社会を作ってまいりましょうよ。子や孫達の為に。」
 
 
今日も、原発被災者の現実を、そして原発に関する問題点を伝えさせていただきたいと思います。

 
[問題点]
①東電は賠償金を支払うに際して、20kmという距離ではなく、汚染された実際の放射線量の値いで支払い地区を決めれば、町民の間に今の様ないざこざを招かずに済んだのに。残念な事に東電は賠償金額を20kmという距離で線を引いたばかりに、放射線量の低い所に賠償金が払われ、放射線量の高い所なのに賠償金をもらえないという矛盾を招き、全ての被災地の住民に、いざこざを招き、人を・町を・村を分裂させる原因を作ってしまいました。
 
放射線量が高いのに賠償金をもらえなかった所は大変です。放射能で病気に侵されるので人がそこに住み続ける事は困難です。田畑の作物は安心して食べることが出来ません。野菜の売買も出来ません。収入源は失われ、健康は失われ、そして自宅なのに入居危険区域です。それなのに賠償金をもらえないので、生活困窮者となってしまい、生きる術を失ってしまった人は多いです。この方々に早く救いの手を差し伸べてくださいますように。命の危機にさらされている被災者を早く助けてくださいますように。国と関係者にお願い致します。
 
②国は、国民の命と生活を直視し、本気に国民に向き合う姿勢が足りなさ過ぎると感じます。もっと国民の声、叫びを、本気になって聴き、現場を廻り、住民と目と目を合わせ住民と語り合い、底辺の人の声を重視する腰の低さを求めたいです。苦しみは体験しなければ解りません。現場に出向き、何日か寝泊まりし、少しは自から体験する国民に寄り添う政治になって欲しいと願います。何よりも大切な政治は国民の命と生活を守る事ではないでしょうか?
 
③幸い日本人は、総理の一言に、総理の本気度に、一致団結して行動を起こし、心を合わせ尽くす国民と感じます。国が国民の不幸を改善し、命と生活を守ろうとする本気度には、国民は心を1つにして喜びと熱意を持って積極的に動くでしょう。日本人は善良で憐れみ深く愛深い国民です。総理大臣に願います。苦しむ被災者に目を向け、「被災者を助けましょう」と一声言って、行動を起こしてください。お願い致します。
 
④原発被災者の問題が解決に向かうどころか、益々問題が山積し、解決の糸口さえつかめなくなってしまったのは、国が果たすべき責任を国が取らず、地方の行政(県知事、市長、町長、村長)に丸投げしてしまった事・国が責任を取らないのが大きい原因の様に思います。
 
被災地の市町村長も役場の職員も被災者方です。ご自分の身内親族も津波で流され、安否確認さえ出来ず、親族が亡くなり、原発で避難生活を転々として来られた被災地の市町村長様方、職員方に、国は寄り添うどころか、国は全責任を被災者である市町村長に役場職員に丸投げしてしまい、国は助けの手を差しのべるどころか、むしろ我関せずの、他人事になってしまっている事が大きな問題ではないでしょうか?
 
それに、被災地は復興には未だほど遠い状態なのです。だのに国は「復興した。帰還宣言した。オリンピックの聖火ランナーが走る」と意図的に原発を忘れさせる、原発は終わった、復興した、と国民に原発を忘れさせようとしている事が問題です。現実は復興にはほど遠いとどうして真実を言えないのでしょう?原発を隠し通すのでしょうか?
 
政治家の先生方にお願い致します。国民の命と生活を守る為に政治家になった事の自覚を願います。我が身を守る烏合の衆にならず、ましてや見て見ぬふり・聞いても聞かぬふりではなく、真実を隠すことなく、正直で主体性ある政治家、国民の声を大切にされる国民の為の政治家になっていただきたく思います。
 
⑤賠償金請求の為に裁判をおこしておられる方々の言葉です。「原発事故をおこしたのは東電や国なのに、横柄な態度で頭に来る。どちらが被害者か?と言いたい。いつの間にか我々が悪者になって来る」「いつ解決をするか判らない。気が遠くなる話です。度重なる裁判で仲間は疲れて来ています。裁判に出るのも大変です。我々も疲れて来た。お金もかかるし、時間もとる。弁護士の要請に従って仕事の合間には、野山の線量測定にかけずり廻っている。裁判に出る準備もしなければならない、それも大変です。しかし負けるわけにはいかない。頑張ります。」いつ解決するかは判らない。裁判には最低30名の人を集めなければならない。参加したくない仲間を集めるのは大変なことです。被災者の声です。
 
⑥南相馬海岸沿いの小沢部落です。災害前、小沢部落では部落民全員で農業共同経営をする為、国から9億円のお金を借りて着々と目標に向かって進んでいました。これから各家庭に農地を配分する寸前に、巨大津波が押し寄せ、小沢部落は津波に飲み込まれてしまい、9億円の借金だけが残ってしまいました。部落民の悲しみ絶望感は、、。私が知っている方は鬱病になってしまいました。小沢部落を知る仲間の話では「小沢部落の土地は殆ど無くなり、借金の事は決まっていない。宅地は買上げ(1坪9000円~13000円。13000×300坪=300万円)になったが農地は買上げにならない。小沢部落は20km圏内なので月10万円は出た。小沢部落は気の毒です。」
 
海岸沿いで津波に飲まれた部落について「家屋も電信柱も飲まれ、今は1面海岸、砂浜です。この砂浜の下に家が部落が在ったと、思うとやるせない。」
 
天災で全てを失った方々に生活費を。国から借りた9億円の借金は無かった事にしてあげられないものでしょうか?
 
⑦「放射線量は全体的に上がっています。今だに漏れています。煙突があり壊れている。我々はあの煙突が倒れないように願っている。場所により線量が高い。モニタリングポスト(リアルタイム線量測定システムの箱)の数値の所の空間線量を我々が計ると3~6倍高い。モニタリング、調整しているのではないか?と思って尋ねたら「モニタリングは1日の平均で出している」と言う。自分達が計ると波があり高い。葛尾は8Msv、高い所は100Msv、地面は2万~3万Msvの所もある。私の産毛が抜ける。いまだに水が漏れて海に流れている」被災者の話です。この現実を問題にしなくて良いのでしょうか?
 
⑧「福島」と聞いただけで被災者を冷たい視線で見たり、排斥したり批判するのは止めましょう。「東電の賠償金を沢山もらっているのでしょう」「私達のお金で生きている」これは大きな誤解です。賠償金をもらっていない人がほとんどです。こんな誤解は止めましょう。むしろ関東の方々の電気を送電する東京電力発電所を建てる為に自分達の土地を提供してくれた恩人達です。放射能の怖さを知っていた彼等は東電を作る時に反対しました。しかし国は強引に建てたと言います。常に彼等は放射能の恐怖と汚染にさらされていました。ついに恐れていた原発の爆発が起こって彼等には安住の地も無く、国は彼等の苦悩を見て見ぬふり、彼等の不幸について対処しようともしません。ロシアの チェルノブイリの方が 被災者に対しどんなにか良心的な対応をしています。日本の国が被災者に対してこんなにも冷酷とは思ってもいませんでした。こんなにも無慈悲とは思ってもいませんでした。
 
日本には54基の原発が有ります。明日、何処かの原発が爆発しないとも限りません。福島の二の前に成りかねないのです。同じ様な冷遇をされても良いのでしょうか?もっと福島の被害者を大切にしてください。むしろ私達の恩人なのです。感謝の念を持って彼等の叫びに耳を傾け、助け救ってください。
 
⑨「8年も過ぎたのだから自立しなさい」「支援は自立の妨げになる」「甘やかし」「乞食根性」等と批判してませんか?
 
東北の方々は、我慢強く 忍耐深く無口の方々が多いです。風雪に耐え、厳しい状況に忍耐強く自己主張を余りせず、耐え抜き待つことに長けています。だからと言って、苦しい状況をいつまでも 放って置いて良いはずがありません。どんな人に対しても不幸な状況は取り除くのが国の責任であり任務の筈です。自分の任務をおろそかにして、 市町村の責任者に 任せてしまい、 見て見ぬふりするのは 無責任とは言いませんか?
 
被災者はどんなに自立をしたいでしょう。しかし最低の生きる条件が満たされていないとどんな人でも自立したくても自立は出来ません。自立と言う言葉は他者が言う言葉では無いと思います。私達が生きるためには「ゆとり」と言うのが必要です。
時間のゆとり、住いのゆとり、お金のゆとり、心のゆとり等。心にゆとりが有ると顔つきも態度にも柔かさが溢れて来ます。人間が生きる条件には「ゆとり」が必要かと。心にゆとりが有ると、争い、妬みが無く、平和がみなぎるかと思います。
 
 
*〈お知らせ致します〉

「民の声新聞」ジャーナリストの鈴木博喜氏のブログ、Twitter、facebook他いろいろ有り。被災者について多くの記事を書いてます。是非、ご覧くださいませ。
www/Supporit-fukushima.net



# by momofukuoka | 2019-06-10 10:50 | 福島の被災地の現状

福島の現実

「令和」の時代が始まりました。
 
即位の儀式で新天皇様は「 憲法に則り責務を果たす」と誓われ「国民の幸せと国の 一層の発展、 そして世界の平和を切に希望いたします」 と即位後初めてのお言葉を 述べられました。
 
上皇様は 退位礼儀のお言葉で「 私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と述べ、令和の 時代が「 平和で実り多くあることを、 皇后と共に心から願い、 ここに我が国と世界の人々の 安寧と 幸せを祈ります」と 結ばれました。
 
上皇様、上皇后様が、 全国民のために毎日祈り、痛みを背負ったあらゆる方々に胸を痛め、災害被害者の前では身を屈め、頭を垂れて1人1人の手を握りお言葉をかけておられるお姿を、私達国民は決して忘れてはならないと思います。
 
 
令和になり、新しい年を希望に満ち、幸せを願って再出発し始めた私達です。しかし、今もなお泣き苦しんでおられる福島原発被災者方の事を忘れず、助けていただきたく思います。宜しくお願い申し上げます。未解決のままで、放置されることがありませんように。
どうぞ皆様が弱き方々の声になっていただけますように。
 
福島被災者の「今」をお話しさせていただきます。
 
放射能で汚染された土を入れた黒い袋を皆様ご存知ですね。あの土をどのように処理したかをお知らせ致します。国も東電も責任を持ちません。各市町村に丸投げしました。
 
市町村では直轄の土地があるわけがありません。町民村民の誰かに引き受けて貰わなければなりません。しかし誰もが汚染した土が入った黒い袋など、自分の田畑に引き受けたくはありません。
 
そこで市町村によって解決の仕方はまちまちです。ある町は国道自動車道の中に穴を掘って埋めてセメントを流して封じ込むというやり方で解決。
 
ある町は話し合いで帰還困難地区(立入り禁止地区)の人の田畑に置き、上から土を20cm盛って高台にしておくやり方。
 
ある村は「誰も引き受けないから」と申し出た自治会長の田畑に置く。
 
国道6号線沿いの町は、6号線を挟んで海側に中間貯蔵庫や汚染土置き場が多く、山側は無いとのこと。しかし山側は山林の除染をしていないので線量が高い。
 
汚染土の置き場をめぐって、悲しい話を被災者から沢山聞きます。
 
双葉町のある方は「環境省から草原にするので土地を提供して欲しいと言われ、町を綺麗にするならと、自分の土地を提供した。そしたら中間貯蔵庫を建ててしまった。だまされた。悔しい」とガックリ力を落として心は悲しみで張り裂けそうでした。
 
ある村人は「誰も引き受ける人がいなかったので、4人の仲間が自分の田畑を提供したら借り賃としてお金が入りました。そしたら村人から妬まれ、白い目で視られ、村八分になり、外に出れなくなりました」(村起こしに頑張る、と張り切っておられた人が20歳も30歳も老け込みびっくりしました。大丈夫か?と気になります)
 
双葉町は常磐線双葉町駅前を除染してミニ双葉町を作る計画です。住宅、店等を建てて双葉町の町民を呼び込む計画です。(果して何人戻るか?と心配の声も聞きます)
 
大熊町近辺の常磐線は津波の時のままです。除染して来年の2月には大熊町駅と双葉町駅は開通し、駅周辺を解除するとの事です。オリンピックを目指して、宮城まで常磐線全線を開通する予定とのことです。
 
被災地の若い人達は8年も過ぎた今、住い、仕事、学校等も避難先に住み慣れて、故郷に帰る人はあまり居ません。故郷は仕事、学校も無いし、放射能が怖いので帰れません。
 
帰還宣言で被災者は帰るように促され、仮設は壊されました。自宅に帰った被災者は高齢者ばかりです。70代~90代の1人暮らしです。仮設の仲間もバラバラで離れてしまい交流も無くなりました。被災者の多くが農業でしたが8年も狭い仮設で動かなかった為に、足腰が悪くなり、体力も無くなり、自宅に帰ったけれど、農業が出来なくなった人が多く、自分の食べる物さえ作れなくなり、死ぬ人が多く、毎日誰かが死んでいると言います。
 
店も病院も遠く、近くには何もありません。自宅に帰った被災者は1日中誰とも話す事もなく、山村では寒さに震え、食料も僅かの人が多いです。5万円以下の年金で生活している人が多いです。
 
被災者の中には、今でも津波で流されて行く人の夢を見る。眠れない。という人も居られます。
 
原発被害者は言います。「災害が原発ではなく、普通の自然災害だったら、私達も宮城、岩手の方々と同じ様に、町起こしをし、自分達の手で復興していた。故郷を自分達の手で復興していた。しかし原発は福島県民に生きる術を失わせてしまった。町や村を荒野と化し、放射能汚染で山、川、田畑、家、福島県全土を放射能で汚染し、人が住めない場所にし、家族も仲間もバラバラにし、お金で人間関係を駄目にし、国と東電に振り回されて、神経をすり減らし、福島県民を不幸のどん底に落としてしまった。壊れた家を修理するお金も無く、孤独で死んで逝く高齢者も多い。苦悩続きで病に伏した人も多い。しかしこの状況に対し、国は責任を取らず、福島の人達の犠牲、苦悩を意にもかけなくなった。むしろ放射能線量で満ちた所に我々を返し、20Msvに下げたから安全だ帰還宣言したと。そして復興したと。国は国民に福島の事を忘れさせようとしている。オリンピックの聖火ランナーは福島から出発すると言う。
 
被災者の言葉です「放射線量が高いのは福島県だけではありません。日本のいたる所で高いです。放射線量測定器を全国に置いて欲しいです。ご自分の町も高いのでは?放射能は眼に見えないから、臭いもしないだけに人体に害を与えています」
 
皆様。国民の幸せと平和を願う「令和」のこの年に、国民の命を脅かす原発と放射能汚染について、本気になって見つめ直しては如何でしょうか?国民の力で、あなたと仲間の力で、人の命の尊さを、日本の平和を、幸せを取り戻しませんか?
# by momofukuoka | 2019-05-05 06:45 | 福島の被災地の現状

福島の現実

桜前線と共に、皆様は春の訪れを感じ、桜の花を観ながら心幸せに和やかにお感じになられました事でしょうね。桜の花、不思議なものですね。どうしてこんなに美しいのでしょう?軟らかなピンク色、穏やかで物静か、どの花びらも自己主張することなくみんなが1つになって控え目に寄り添って支えあっている。つぼみが膨らみ始めた時から満開になって、花弁がハラハラと散り始め、葉桜になってもなお、桜は私達の心を虜にしてしまう。私も桜のような人間になりたいな、と桜を観ながら思いました。
 
さて、今日も[福島の今]をお伝えさせてくださいませ。
 
 
年号が[令和]になりつつ有る今、福島原発被災者の皆様の殆どが[最も過酷な現実の日々]を迎え、過ごして、希望を失い、過酷な残酷な状況です。
 
日本の皆様はどれだけ福島原発被災者について知っておられますでしょうか?関心を持っておられるでしょうか?新聞、テレビ、マスコミ界でも、国会でも取り上げなくなりました。
 
環境省では「20Msv迄除染したから安全なので解除宣言しました。安心して帰って自分達で開墾して街作りをしてください。お金は自分達でやりくりしてください。田畑の開墾、豬駆除、家の建築代も自分達で工夫してください。20km内はお金を出すが20km以上はお金を出しません。もう仮設は閉鎖です。壊します。住む家は自分達で探してください」
 
これが福島原発被災者の現状です。オーバーではありません。現実です。
 
 
*[川内村](89才、女性、1人暮し)「我が家は原発から30kmです。だから賠償金は何も無い。地震で家は傾いて2階の戸は開けられない。曲がった家は直しようもない。1階も2階も太い木で持ち上げてつっかえ棒している。雨も漏っている。障子も滲みて、張り直しをした。唐紙1枚5000円、屋根に上って直して貰った、大工に40万円払った。年金みな使って終った。今も傾いて雨漏りする家に住んでいる。税金も払わなければならない。
 
国民年金が私の全て。5万円弱で、光熱費、税金、病院代、残るお金は僅かです。これで生きて行かねばならない。昔は毎日田畑を耕し、野菜を作り、山菜を食べてたので食費はかからなかった、しかし今は何でもお金がかかる。災害があってから8年も仮設で暮らし農業から離れて動かなかったので体はすっかり弱ってしまった。災害があって最初に避難したビックパレットでは何百人も重なって寝ていた。床はタイルだったので段ボール1枚の上に冬なのに毛布1枚。寒くて震えていた。毛布1枚だもの。あの姿を、見せたかった。ホームレース以上だった。固いおむすび1個、固くて食べられず水ばかり飲んでいた。
 
トイレは2階に2つしか無い。避難所で死んだ人は何人もいた。今、壊れた家に1人で住むなら、最初から避難せず家に居た方が良かった。田畑も在るし、ゆったり寝れた。避難生活で体も崩す事も無かった。今、川内村に帰ったけれど、ほぼ毎日人が亡くなっている。若い人も亡くなっている。家の建て替え?そんなお金など私には無い。」
 
上記は被災者の生の声です。
 
 
「国際法では放射線量を浴びて良い年間放射線量は1Msv迄でそれ以上は体に影響を及ぼすので立入り禁止区域にしなければならない。人は住んではならない。」と言われています。
 
しかし今の日本政府は国連の再三再四の警告を無視して、立入り禁止区域の帰還困難区域を年間20Msv迄下げさせ、「安全だから帰って良い」と強引に解除宣言して福島被災者を放射線量の高い所に帰そうとしています。しかも生活環境を整えているわけでもなく、酷い所はフレコンバック(各地から集めた汚染土を入れた袋)の中から線量の低い土を被災者の農地に穴を掘って埋め、30㎝の土でそこに土盛りをして、「放射能には半減期があり年数経てば無くなるから安全だ」と言って、被災者に[復興の町造り構想]と題して帰還することを盛んに勧めています。
 
フレコンバックが埋まって土盛りした所に野菜を作ったら、野菜の根は30㎝以上土深く伸びて被災者は放射能に汚染された野菜を食べる事になるでしょう。被災者の健康に政府は責任を持たないのでしょうか?
 
知って知らぬふりするのが今の日本の政治家なのでしょうか?被災者は言います。「政治家の皆さん。2週間ここに来て住んで生活してみてください。体験すれば解ります。体験しないでどうして解るのですか?」「ここに住んでください。と言われたら、あなたは果たして住むでしょうか?田畑が荒野、イノブタが多量発生、大きなスーパーも病院も無く不便で仲間も居ない寂しい所に。」
 
東北、雪国の福島人の特長は無口が多く、苦難には黙黙と耐え、自分の苦しみを他人に話す人は少ないです。だからと言って善良で素朴な東北の福島の人を、非道な扱いを平気で政府は押し通すのでしょうか?
 
「これ以上福島の人を苦しめないでください。彼達はどんな悪いことをしましたか?むしろ関東の人達の為に土地を東電に提供してくれた恩人でしょう?恩人を何故救わないのですか?使い捨てですか?観て観ぬふり、知って知らぬふり」あまりにも悲しすぎる日本です。
 
 
SNS.2019年4月1日の[公明党のニュース]から引用させていただきます。
 
[大熊町解除地区、大川原地区と、30平方km分、町の総面積約79平方kmの38%、 住民登録は 計 140世帯 ( 374人)と 町全体(10367人)の 3.6%(2月末現在)。 もともと町の中心部は帰還困難区域、しかし大川原地区を「復興拠点」と位置づけ、゛ゼロから出発〟を期す。今すでに町役場の新庁舎が完成し、3月14日に開庁式 を行う予定。 災害公営住宅の整備も進み6月~第1期分50戸への入居も始まる。 3月31日には 常磐自動車道の大熊インターチェンジも開通し、 これに合わせて国道6号や大川原町地区につながる 県道、町道の 通行規制も除染された 。一部解除はゴールではなくスタートである。」
 
 
被災地を訪問した人の言葉です。「今でも常磐道の双葉町、大熊町を通る時、放射線量の測定機がピーピー鳴るので体は硬直します。矢張り怖いですね」
 
「2年後にオリンピックの聖火は福島から出発するのですよ。大丈夫でしょうか?」
# by momofukuoka | 2019-04-04 06:06 | 福島の被災地の現状