2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

福島原発被災者の今

今年も残り少くなりました。来月は早や師走です。子供の時は年月が長く感じたものでしたが年と共に月日の流れが早い事、飛ぶように過ぎて行きます。
 
今年は何と天地異変が多く、沢山の方々が災害に遭われ、今尚苦しんでおられます。1日も早く普通の生活が出来ます様に、助け合いを皆様にも宜しくお願い申し上げます。 
 
さて私事ですが、長い間ブログの原稿書きを休ませて頂いておりました事を、お許しくださいませ。実は危ういかった私の健康でした。原稿書きは無理な状態でした。所が最近、再び健康をいただきました。皆様の熱いお祈りと励ましのお陰様です。本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。又、毎月、ブロクの原稿を書かせて頂きたいと思います。宜しくお願い申し上げます
 
 
【福島原発被災者の今】
 
福島原発被災者は放射能汚染から逃れる為に避難して7年8ヶ月となりました。国は被災者達に帰還宣言を出しました。しかし被災者の故郷は、決して安全、安心とは言えません。線量の高い所も有ります。何故なら、除染は家屋20M内だけで、しかも水洗いと土を剥ぎ取り、所によっては砂利を敷いただけです。家の中の汚染は責任を持ちません。室内線量が高くても。又、家屋20M外と山の除染はしてないので、雨風が吹くと又、線量は高くなります。

国は被災者に帰還宣言をしました。その為に仮設は順次取り壊しています。被災者はやむ無く仮設を出なければなりません。しかも家探しは被災者任せです。福島近辺の家土地は高騰し求める事が出来ません。
 
故郷は7年以上放置され、家はネズミの住み処。衣類、布団、家具等全ての処分から始めなければなりません。新築するにもお金が有りません。相応の賠償金をもらっていないからです。室内の線量が高い所も有ります。被災者は雑巾がけをして自分で除染しています。 
 
災害後人の手が及ばなかった田畑は荒地と化して開拓地に来たようだという人もいます。猪が庭先迄来て作った野菜を食べて行く、と言います。町、村には食品を売る店、病院も有りません。せめて雑草が刈られ、動物駆除され環境が整ってから、帰還宣言すべきではなかったのではないでしょうか? 
 
原発は放射能を撒き散らして人を家屋を故郷を放射能で汚染して、福島県の産業を駄目にし、沢山の人の人生を、命を奪い、踏みにじってしまいました。親子の絆を奪い、村人同士を仲違いにさせ、平和で穏やかで自然豊かな町々を村々を、何もかも破壊してしまいました。先祖代々築きあげた歴史も文化も何もかも。これが原発の怖さです。
 
被災者は帰還して初めての冬を迎えます。海抜600m~800m山村の被災地に1人暮らしの高齢者。店も無く、隣の家は何kmか先、さぞ寂しく、辛く、寒くどんなに大変でしょう。 
 
東電からのお金はもらっていません。年金の5万円弱で光熱費、医療費、ガソリン代、全てです。未年金者もいます。食費は暖房費は大丈夫でしょうか?私は心配です。80歳~90歳の1人暮しが多いからです。 
多くの被災者方は7~8回引っ越しし、苦難と失望の繰り返しの年月で心身病み疲れ果て、病に伏してしまった人が多いです。「過去を思い出すと具合い悪くなるので、思い出さないようにしている」と言う人もいます。被災者の心の傷は深いです。 
 
私は今こそ福島原発被災者を救って欲しい。被災者の苦悩に寄り添って欲しい。彼等は捨てられた。忘れられた。と思っている人もいます。彼等は疲れ果てています。孤独、寂しさ、苦悩を背負った人達です。
 
私達の電気、照明等の文化生活の陰には犠牲を払った方々が居られる事を、忘れないで欲しいです。感謝の念を福島被災者に持って欲しいものです。
 
そして、日本の国内に原発が有る限り、あなた様の身に、福島原発被災者と同じ事が起こらないとは限りません。もっと原発の事を真剣に向き合ってみては如何でしょうか?安全な太陽光発電等に。そして福島原発被災者のご支援にご協力お願い申し上げます。 
 
全ての人に1人1人に、幸せと1日の糧と心の安らぎがありますように!

by momofukuoka | 2018-11-01 08:00 | 福島の被災地の現状