2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

福島の現実―福岡百子の声

〈福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望み、ツイッターで被災者の声をつぶやいております。ツイートの中から被災者の声をご紹介します。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。また支援者の一人が、福岡さんが語る福島の現状を海外に伝える動画をYou Tubeにアップしています。そちらもご覧下さい。https://www.youtube.com/watch?v=9Y47k_hmFnk


4月3日 心臓の手術をする人の為にお祈りを皆様にお願いしました。「仮設を取り壊すので3月末日迄、出て行って欲しいと言われ、3月15日、16日の2日かけて、片道1時間半の道を数回かけて楢葉町の我が家に帰って来ました。半分は捨てて来ました。仮設にはもう行けません。同じ部落には2~3世帯しか帰って居ません。日中は工事現場の労働者がうろうろしてますが、夜になると真っ暗です。」「皆様が祈ってくださるので大丈夫。頑張ってね」と伝えると喜んでおられました。皆様お祈りを宜しくお願い致します。

4月16日  皆様、心臓手術をされた被災者の為にお祈りありがとうございました。本人からのメールで「しんどかったですクタクタです。6時間の手術でした。元気で順調です。お祈りありがとうございました感謝しています。」皆様本当に有難うございました。これからも彼のためにお祈りくださいね。

4月13日 90歳過ぎのおばあちゃまで、長い間一人で仮設に避難していた楢葉町の方からお手紙をいただきました。「故郷に帰って参りました。あれから7年も過ぎました。経験したことのない激しい地震と原発事故により、着の身着のままで我が家を追われて、あの日以来不安な毎日でしたが、日が経つにつれて、各方面より多くの方々から物心両面のご支援をいただき、避難生活で結ばれた温かい絆は忘れることが出来ません。感謝致し居ります。誠に有難うございました。」これからが又大変な事でしょう。明日電話をしてみるつもりです。不足品が無いかをたずねてお送りしようと思います。

4月14日 昨日皆様に手紙を紹介した93才のお婆ちゃんに電話をしました。「1人で住んでいる。引越の荷物は毎日ボツボツ片付けてる。病院は歩いて5~10分の所で開業を始めたので大丈夫。店が遠くて、でも電話すれば配達してくれる。東京の息子夫婦が毎週土曜日に来てくれて明日の午後に帰るから1人でも大丈夫よ。100才まで生きなきゃ。仮設に居た時、皆さんに支えていただいたのだから、頑張らなきゃね。大丈夫だよ。」私は被災者の気丈な姿に、私も頑張らなきゃ、と刺激になりましたのと。福島の被災者のけなげな姿といとおしさに、このまま放って良い筈はないと、政府に怒りを感じます。

4月14日 心臓手術した被災者と毎日メールのやり取りが、日課となり、毎日数回続きます。6人部屋で眠れない、風邪を引いて鼻水が出るとのこと。大丈夫か? 術後、未だ2日目なのに?  私にメールをするのも疲れるでしょうに。私以外に居ないのかな? これも福島の被災者の現実です。


by momofukuoka | 2018-05-10 06:57 | 福島の被災地の現状