2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

《福岡百子の手紙》(1人の方に出した手紙の返事から)

私は、被災者の行く末を案じておりまして、被災者を後継者に委ねて、被災者が安心して頂けます事を願っております。余りにも過酷な被災者の年月です。生き地獄そのものです。国をあげての集団殺害、しかもジワジワと、生活も、住む土地も失わせて、家族もバラバラに引き裂いて、貧困と、病い、孤独、虐め、人権を失わせて、最後には高齢者を動物達の住む荒れ地に帰して、店も病院も無く生活出来ない環境に、「被災者達が、後はしてください」と丸投げされて、資金も援助も無く、おまけに被災者の方には、懐かしい幼い時からの思い出が詰まって、美しく楽しく幸せだった故郷、視るも哀れな悲しい荒れ地と廃墟に化したわが家、祖先が眠る荒れた墓、思い出の場所がみな廃墟に化した姿を見た時の、悲しみとショックの深さは想像を絶するものだったでしょう。せめて、動物の駆除や人が住める環境に整っているべきでしょう。


被災者は言います。


「若者は帰らないのだから、いずれ年寄りは皆死んで、無人の町になる。廃墟になって忘れられていく、原発のことも国民から忘れられて行く。国は最初からそれを予定していたのだと、今それが判った」と。


福島被災者は苦しんで亡くなって行きます。被曝の影響や心労と過酷さで倒れた人が多いです。これは国を挙げての殺人行為ではないでしょうか?


○○様。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。


福岡百子     


by momofukuoka | 2017-12-10 06:04 | 福島の被災地の現状