2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

原発と福島被災者についてのまとめ

日頃、福島被災者に寄り添っていただき有難うございます。 この度は原発と福島被災者について、体調の許す限りまとめてみましたのでご参考にして頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。


【原発と福島について】

日本最初の原子力発電は1963年10月26日東海村の東海発電所です。
東京電力の福島第一原子力発電所の着工日は1967年9月29日、運転開始は1971年3月26日です。なお40年後の2011年3月11日に、東日本大震災が起こり、12日には1号機、14日には3号機の原子炉建家が爆発してしまいました。そして放射能は風に乗って福島に、関東に、太平洋沖まで流れ各地を汚染してしまいました。
福島第一原子力発電所(福島第一原発)は、福島県双葉郡大熊町と双葉町に立地しています。


原発の被災地は主に双葉郡、そして南相馬市と言われています。(実際の放射能汚染はさらに広く福島各地を汚染しましたが。) 中でも双葉郡の大熊町、双葉町は原子炉建家が爆発した所です。浪江町、富岡町、楢葉町、広野町、川内村、都路町、葛尾村、津島、飯館村、南相馬市(鹿島、原町、小高) が被災地と言われています。


3月12日13時36分に1号機で水素爆発が発生しましたが、爆発したことを被災者には知らされませんでした。


(大熊町)住民は地震後公民館等に避難したと言います。人々は爆発の音を聞いています。しかし住民には水素爆発したことを知らされていないので、子供達は外で無邪気に遊んでいました。その時放射能を浴びたと被災者は言います。バスが10台ぐらい来て住民はバスに乗せられたと言います。バスに乗り発車するまで何時間も待ったし、貴重品を自宅に取りに行く時間が十分あったのに、知らなかったばかりに誰も貴重品を取りに行かなかった。避難することを知っていれば貴重品を取りに行ったのにと被災者は悔しがっていました。 大熊町の人はバスで裏磐梯に避難しました。その後、会津若松といわき市に仮設が出来て移り住みました。


(双葉町) 井戸川町長は原発の恐ろしさを知っていたので、双葉町に原発を作ることを反対していました。そのために国からの地方交付金は他の町よりも少なく配布されていたため双葉町は財政が苦しかったようです。 爆発を知った町長は町民と埼玉県の加須市に避難しました。     


【原発被災者への国の対応について】

原発の賠償について、国は責任を持たず、被災者への賠償金は東電の責任とし、国は全責任を東電に任せています。


東電の賠償対象者は、東電から20キロ圏内までを対象者とし、20キロ圏外は東電も国も責任はないとしています。


20キロ圏内の人には2011年の3月から国が被災者に帰還宣言を発布するまでの間、毎月1人10万円の賠償金と、家賃、医療費の免除を被災者に果たしてきました。 繰り返しますが、東電の賠償対象者はあくまでも20キロ圏内の人であって、20キロ圏外の被災者には出しません。 放射能は風の流れによって20キロ圏外を汚染したため放射線量が20キロ圏外の方が高かったとしても、賠償金は20キロ圏内までと東電は決めた為に、20キロ圏外の被災者には賠償金の責任は持っていません。


津波の被災者に対しては、たとえ20キロ圏内であったとしても東電も国も関係ないとして、賠償金対象者にはしていません。ただ国からはお見舞金として主が亡くなった場合は300万円、主以外の死者には280万円のお見舞金を出しています。


【支援を必要としている福島被災者】

津波で自宅や全てを流され、生活の再建が出来ない人や、国民年金だけでは生活が出来ず困っている人。(南相馬の鹿島、原町、小高、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町の海岸沿いの方)


20キロ圏外の被災者で田畑が放射能に汚染され収入が閉ざされ経済的に困っている人、家族の支えがない一人暮らしで、高齢者や病人、困っている人。


6年以上帰られなかった被災者の故郷は、荒地と化して動物の住まいとなり、店も病院もなく人の住める環境ではありません。しかし国は今年の3月、ほぼ全被災地に帰還宣言を出し、仮設も閉鎖をしました。 悪環境の故郷に帰還した被災者はみな助けの手を必要としています。 特にお金がない為に家の修理をする事が出来ない人、身寄りのない人、一人暮らしの人、高齢者、病人には支援が必要と私は感じています。


国道399号線沿いの標高400m から700mにある村:川内村、都路町、葛尾村、津島、飯館村は高地の為に寒さ厳しく、村・町の産業が少ない為に、もともと経済的にも厳しい所に放射能で汚染され、尚経済が厳しくなり除染作業が唯一の収入源となっている人が多いです。  


皆さまのご支援をよろしくお願い致します。





------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
------------------------------------------------------------------------------------------------


by momofukuoka | 2017-09-29 09:37 | 福島の被災地の現状