2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日は復興住宅の入居条件と、大熊町、楢葉町の現状についてお知らせしたいと存じます。また、とても心温まる小さな支援者のことをご紹介させてください。


【復興住宅の入居条件】
5月25日付のブログで、復興住宅への入居手順についてお知らせいたしましたが、復興住宅に入居するために、国が被災者に求めている条件について少し具体的にお話ししたいと思います。被災者は入居前に部屋の間取りとか、窓の大きさとか、あらかじめ部屋を見ておきたいものです。それによって前もって家具の大きさを考え、カーテンのサイズを確認し、照明器具なども時間をかけて準備し、これから入居する家への夢と希望を持ち、引っ越しの準備をしたいと思うのです。しかし被災者の要望を国は何事も受け入れず、被災者は国からの一方的な方針に従わされております。被災者は、鍵が渡されるまで、どんな部屋になっているか、自分の目で確認することができません。自分でどの住宅に住むかを選択することもできず、町が決めたところに住むことになります。同じ広さの復興住宅でも、家賃は収入に応じて10段階に分けられているそうです。家賃は最低額の人で8千円、それにエレベーター代、その他が追加されると聞いております。

最近、復興住宅に引っ越しを始めた大熊町の方から聞いたお話をご紹介したいと思います。5月末に復興住宅が完成し、入居当選の通知が被災者に届きました。6月9日に説明会があり、その後、被災者の収入に応じて家賃の決定通知があり、家賃3か月分をまとめて支払った人に鍵が渡されたということです。そして、鍵をもらったら20日以内に引っ越すようにと言われたそうです。年金生活で、1度に3か月分の家賃を支払えない人もいます。「20日以内に引っ越してください」と言われても、車のないお年寄りは、仮設から遠く、高い運送費のかかる復興住宅に荷物を運ぶことはできません。初めて間取りを見る、備品が一切ついていない(照明器具もガスレンジもカーテンもない)復興住宅に、20日以内に引っ越さなければならないとは、あまりに被災者には気の毒なやり方ではないでしょうか。

通常、私たちが家を探す時には、不動産屋さんで家賃や価格を見て、入居を決める前に家の中を見学し、納得した形で自分の住まいを決定します。入居を決めてから、収入によって家賃が決められるなどということは聞いたことがありません。一般にはあり得ないことを、どうして国は被災者に強いるのでしょうか? 国の方針には誰も逆らえないようです。

原発は国の方針でした。何の罪もない、善良な住民の土地が 、原発事故によって放射能汚染された土地になり、住民はそこから避難せざるを得ませんでした。被災者は言います。「追い出されたのです。私たちは避難ではなく、自分の土地から追い出されたのです。自分の家があるのに、十分住める家なのに、追い出されたのです。だのに、4年4カ月になろうとしているのに、いまだに住む家さえ決められないのです。しかも、これまでに7回も8回も住居が変わり、引っ越しをするたびにお金がかかり、親しくなった友とも家族とも離れ、ばらばらになってしまうのです。もう疲れました。」


【楢葉町の現状】
楢葉町は、帰還宣言前の試し宿泊として、4月6日から7月5日までの3カ月間の自宅宿泊が国から許可されました。しかし住民は一人も宿泊していない、ということです。それは放射能そして楢葉町の治安に対する不安のためだそうです。その理由を少し説明させていただきます。

楢葉町に大手の会社が除染作業員数千人分のプレハブ宿舎を建てたそうです。「1か所に300人~500人の宿舎が何10か所も建ちました。全国から除染作業のためにやってきた人たちが泊まる宿舎です。隣の富岡町は放射線量が高くて泊まれないために、富岡町の除染作業員3000人分の宿舎も楢葉町に作り、楢葉町から富岡町まで作業員が通っています。そのため毎日車の渋滞がすごくて大変です。女性が追いかけられるような事件もあり、治安が悪くなって防犯パトロールも行われるようになりましたが、安心して自宅に泊まれなくなりました」とある被災者は話していました。

「除染作業者のためにはあっという間にプレハブを作ったのに、われわれ楢葉町被災者のための復興住宅は“作る”という予定のみで、いまだ始まってもいないのです。被災者の自宅修理や再建のための大工はいません。建築資材が無いと言われます。被災者の事は後回し、ということです。大工など建設業者は東京オリンピックの方に取られてしまいました。東京の方が高い収入を確実に得られます。被災者の家の修理費や建築費は不確かです。大工は当然高収入のほうを選ぶでしょう。」


【6歳のお嬢ちゃん・4歳の坊やの支援協力】
私が最近体験させていただきました、とても感動した心温まる出来事をご紹介させていただきます。それは今から10日ほど前のことでした。私のスマホに一人の方からメールが入りました。イギリス在住の若い日本人の奥様からでした。「ネットで福島のことを知ったので、支援をさせて欲しい」とのことでした。「一人一人の被災者に、メッセージ付きのお菓子を差し上げたい。6歳の娘・4歳の息子と一緒にメッセージを書いてお菓子に添えて一人一人の被災者に差し上げたい。お年寄りが食べられるもの、何が良いか教えて欲しい。10~20個のお菓子ですが、それでもよいですか? 2キロ以内の送料ならできると思います」との、とてもうれしいお知らせでした。

私は心から感動しました。そして6歳のお嬢ちゃんと4歳の坊やがお母さんと頭を寄せ合って被災者を思い、一生懸命お手紙や絵を描いている姿が目に浮かび、涙が出てきました。何よりも何よりもうれしいプレゼントです。私は早速、被災者の自治会長さんに知らせました。自治会長さんはおっしゃいました。「それは、とてもうれしいことです。飴でもなんでもうれしいです。被災者はお嬢ちゃん、坊ちゃんのお手紙をどんなに喜ぶでしょう。生きる力になるでしょう!」

イギリスに住む若いお母様からのお申し出に、私はとても感動し、私自身のためにも心の癒しと力をいただきました。正直、支援活動を続けております私自身も心身の疲れを感じていたからです。被災者に対する国のあり方、冷酷と思える対応、そして忘れ去られていく被災者のあまりにも過酷な現実をどうすることもできない私自身に、私は苦しみ悩んでおりました。心が疲れ果てていた私でしたが、この6歳のお嬢ちゃんと4歳の坊やとお母さんの姿から、私は再び力をいただきました。たくさんの勇気とがんばる力も。“負けてなるものか!”“命ある限りやり続ける!”“坊や、お嬢ちゃん、おばちゃん頑張るからね! これからもよろしくね”――そうイギリスの親子に感謝しました。

ブログをご覧の皆様、大きなことでなくてよいのです。このご家族のように、温かい思い、優しい行為が、疲れ果てた被災者のお心を癒し、救い、生き抜く力となるのです。お孫さんや、周りの幼いお子様方に、他人を思いやる優しい行為をお伝えいただけませんか? 疲れ果てた福島の被災者を皆様の温かい手で救っていただけませんか? よろしくお願い申し上げます。
“坊や、お嬢ちゃん、本当にありがとう!”


【支援品をお願い申し上げます】
不安定な生活の中、健康を損ない、困窮されている被災者が多くいらっしゃいます。少しの物でも、送ってくださる方のお気持ちを感じられ、たいへん喜ばれます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-06-29 01:48 | 福島の被災地の現状
【仮設住宅の環境】
皆様、今日は「住まい」ということについてご一緒に考えていただけますでしょうか? 人だけでなく、どんな動物にも、魚にも、鳥にも、草木にも、どんな小さな虫にも、生きていくためには、自分の身を安心して休めるねぐら(住まい、場所、私の家というのが)あると思います。皆様、今日は仮設住宅の現状についてお伝えいたします。この仮設住宅を、「私の家」、毎日生活する「ご自分の家」として、具体的にご自分がそこに住むことを想像して考えていただけますでしょうか?

住まいには、ある程度、息抜きができる空間が必要でしょう。四方窓が無く、穴倉のように太陽の光が入らなかったり、風通しが悪くじめじめしていたり、隣の音が丸聞こえだったり、私の部屋で話す内容が隣の家に筒抜けだったりする住まいで、心安らいで暮らせるでしょうか。それが仮設住宅です。隣から「うるさい」と言われることに怯え、好きな音楽も聞けず、楽器も弾けず、テレビの音量も小さくし、夫婦同士の話し声も小声で、子どもが騒ぐたびに注意を受け、思いっきり声を上げられない、気兼ねをしながらの生活、それが仮設住宅での生活です。

多くの場合、仮設住宅の生活には、家具や布団を押入れに収めても、なおテーブルを囲んで家族が団らんできるスペースがありません。夜、他人に足を踏まれる心配なく、安心して寝ることができるだけの、ゆとりある寝床がありません。何よりも辛いことは、「ここにいつまで住めるのか」がわからないことです。永住が許されない家にいて、いつ「出て行ってください」と言われるかもしれず、自分の家が定まらず、見つけることもできず、常に緊張と不安のうちに過ごす日々。仮設住宅を出て行きたくても、そのための補償はなく、また自費で別の住処を見つけるとしても、住民票を移すと現在受けている補償も受けられなくなるため、被災者は動くに動けず、将来の計画を描くことさえできない状況です。

皆様、今、ご自分の住まいをお持ちの皆様は、上記の状況をどのようにご覧になるでしょうか? もし万一、皆様がそのような状況に「長年耐えてください」と国から言われ、その状況に置かれ続けたら、どのようにお感じになるでしょうか? 私たち人間が住むためには、ある程度の環境、住まいの空間、息抜きをするスペースが、どんな人にも必要ではないでしょうか?

皆様、考えられないことかもしれませんが、福島原発被災者の方々は、4年以上も悪環境の中で耐えておられるのです。 繰り返しになりますが、さらに仮設住宅の状況をお伝えさせていただきます。

4畳半ひと間の生活、場所により、窓は小さいのが一つしか無い、という所もあります。まわりに生活必需品を置き、寝る時のスペースを作るのがやっと、と言います。床は地面に近いため、湿気が多く、カビが発生し、底冷えします。そのため、布団も湿気で重いと言います。秋から春にかけて、所により結露で天井からしずくが垂れ、壁も床もびしょびしょになり、床の拭き掃除が日課になるそうです。所により、すでに早くから床が抜け、隙間風で寒く、新聞紙を詰めるなど工夫して生活していると言います。洗濯物を干すスペースも不十分です。

所により、外を歩く人から室内が丸見えの所があり、目と目が合うことがあり、安心して寝ていられないという人もおられました。隣との壁は薄く、隣で何をしているか、手に取るようにわかる、という所もあるそうです。仮設住宅はプレハブが多く、子どもたちの学校も工事現場のようなプレハブの所もあり、寒いと言います。


【仮設住宅に住む被災者の声】
被災者の方々は、「仮設住宅にいるだけで息が詰まりそうになり、気がおかしくなりそうだ」と言います。

ある被災者は「日中、仮設にはいません」とおっしゃるので、「お仕事ですか?」と私が尋ねますと、「違います。仮設の4畳半の中では気も心もおかしくなってしまうので、毎日外を歩き回っています。67歳なので仕事を探してますが、年齢を言うと断られるのです。」

被災者は言います。「住まいが決まらないと、仕事も見つけられない。」「住まいが定まらないと何一つ前に進めない。家族もバラバラのまま、亡くなったおふくろ、夫のお骨を納める所も、お墓さえ決められない。」

「復興住宅はまだ建っていません。復興住宅には制限があります。誰でも入居できるわけではありません。津波と原発のために自宅に帰れない人が優先です。」「しかも入居するためにはカーテン、電球、ガスコンロ、家賃等、相当の金額がかかります。」

田村市船引町には4つの仮設があり、主に都路の方々の施設ですが、大熊町、浪江町、双葉町、ときわ町の方々も避難しておられます。「最近、ようやく復興住宅の土地が船引に確保されたそうです。できあがるのは、来年秋以降とのことです。いまだ一年以上、先です」とのことでした。

ある被災者の 言葉を思い出します。「国が我々被災者の土地を買い上げ、別に村を作って、“ここに住んで再出発してください”と言ってくれたら、我々はどんなに感謝し、希望をもって歩んだことでしょう。あの時そうしてくれていたら、今頃はそれぞれが活気ある村、町になり、前に向かって歩んで、国のためにも貢献できる街づくりもできていたかもしれないのに。」

しかし現実には、「自分の土地は自分で探し、自分で住居を探しなさい」と言われています。そして、見合った資金は出してもらえず、住んでいた家を失った被災者は住む家も無く、十分な収入の得られる仕事がないために生活費も無い。困窮する被災者は「我々はどうやって生きていったらよいのか?」と嘆いています。若い人は将来を考え、家を求め、親から離れていきました。仮設は行き場のない老人、一人暮らしの人が多くなりました。復興住宅にも入れず、若い家族とも離れ、淋しく暮らす仮設住宅の老人たちには、自立という言葉は酷な言葉です。彼らには、同じ境遇、同じ体験者の仲間との支え合いが、生きる支えになっております。このような方々に、生活消耗品や心優しい食料品などを少しでも届けていただけましたら有り難く思います。


【小さな支援をお願いいたします】
生きる力を失った方々、失望しておられます方々に、小さな支援でよいのです。「忘れてませんよ」「お体を大切にされてくださいね」の思いが入った小さな消耗品や食品の小包が、どんなに彼らに嬉しい宝物になることでしょう。社会が忘れつつある今、あなたの手で、お一人でもお救いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。お志がおありになられます方は、被災者をご紹介申し上げますので、私、福岡百子までお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
“皆様の手で、幸せを作っていきましょう!”


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-06-09 23:55 | 福島の被災地の現状