2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

北海道、新潟、群馬、そして徳島、山梨など、各地に突然襲う大雪の被害に、戸惑いを感じます今日この頃です。大自然の前では、人の小ささと弱さを感じ、自然の力に向き合う時の人間の謙虚さの必要を問われておりますように感じさせられます。さて今日も被災地の「今」を伝えさせてください。今日はこの寒空の下で、悪環境の中でじっと耐えている学校の子どもたちの様子と、昨年、国が一早く解除宣言をする試金石とした都路町の状況について伝えさせていただきます。


【被災地の子どもたちは今】
南相馬市の旧警戒区域内にある小高区の5つの小中学校は、鹿島区内の小中学校のグラウンドにある鉄骨プレハブの仮設校舎を利用しています。鹿島小学校の仮設校舎1階で小高中学校が、鹿島中学校の仮設校舎1階で小高小学校、2階で金房小学校、鳩原小学校、福浦小学校が学んでいます。 私は2012年5月から幼稚園・学校・施設関係の支援を始めましたが、その頃の子どもたちの環境は気の毒な状態でした。当時、小高小学校の先生は私におっしゃいました。「教室は工事現場のような鉄骨なので、画びょうを使うことができないので、子どもたちの作品を展示することができない。」「1階の学校は、庭に花壇を造れるが、2階はそれができないので、2階にプランタを置いている。」「品物は欲しいけど、置くスペースが無い。」今年の2月12日に学校の状況を伺いましたら、「現在も全く変わっていない、同じです」とのことでした。

富岡町の幼稚園・小学校・中学校は「ブレーキ工場」だった所で共に学んでいます。運動会、プールなどの時には移動していると伺いました。

浪江町には幼稚園・保育園はありません。二本松に小中学校があるだけです。当時、校長先生は、「朝食を食べないで登校する子の健康が心配で」とおっしゃって、カロリーメイト等を頼まれたこともあります。

親の移動と共に転校し、登校拒否になったり、拒食症になったりする子どもたちもいるそうです。また町の方針で学校が一貫校になったために通学が不便になり、転居や夫婦別居を強いられる、さらには離婚に至るなど、原発災害は子どもにも大人にも多くの苦悩を突き付けています。

今も悪環境の中で耐えているたくさんの福島の子どもたちの苦悩を、私たちは忘れてはならないでしょうし、早く救いの手を差し伸べていかなければならないと思います。


【国の試金石となった都路町の今】
私は2014年4月26日と7月11日のブログで、都路町についてご紹介させていただきました。詳しくはそのブログをご覧いただけますと有り難く存じます。都路町が「国の試金石」であるとは、政府が、福島原発被災地の11の市町村の避難区域解除に向けた最初の試金石として、避難指示の解除を、原発20キロ圏内にある都路から始めたということです。そして順次6市町村(南相馬、川俣、楢葉、飯舘、葛尾、川内)の避難指示解除を考えているようです。

都路被災者の話です。

「原発から20キロ圏内の人は、“いまだ放射線量が高いので帰らない”と言う人が多かった。しかし20キロ圏内の人でも、“月10万円の精神的賠償金は今年の3月で打ち切る”と言われた。そして“3月までに都路に帰った人には1人90万円出す”と言う。そして帰った人には“井戸を掘ってやる”と言う。それをしてもらえるのは、同じ都路でも原発から20キロ圏内の自宅に帰った人だけです。都路の中で同じ20キロ圏内に自宅があっても、都路の自宅に帰らずに仮設に残る人や、放射能を避けて30キロ圏内に家を建てた人、都路の外に移住した人には何も出ません。それで、3月までに自宅に帰ると言う人が出始めました。家の周りのみ除染して“大丈夫”と言うが、山の方は線量が高いんです。」

「20キロ圏外の人は月額10万円の賠償金を24年8月で打ち切られた。それでこのたび104戸380名が訴訟を起こした。関連死で亡くなった人に対し、国や東電からの賠償もない。どうなるのか、我々にはわからない。」

放射能に怯える被災者の現実。賠償金を打ち切られ、生活に困窮しておられる被災者の現実に目を向けず、強引に帰還を進めるやり方に悲しみを感じるのは私だけでしょうか?


【生きる力アドバイス】(15回目)
人は幸せになるために生まれました。1分1秒は戴きものであって、天から戴いた私の1分1秒を大切にしなければなりません。人は一瞬で生まれ変わることができます。あなたは、あなたの考え方によって変わることができます。悲観的な思いはあなたのエネルギーを失わせ、憂鬱な真綿であなたを縛り、生きる力を失わせます。そして不幸の虜にしてしまいます。しかし良い思いは、あなたの心を明るくし、幸せで私を包み、その幸せの輪は人をも幸せで包み、互いの生きる力となるでしょう。

私たちは幸せになるためにこの世に生まれました。苦しみからも学ぶことができます。逆境に遭い、自分の思い通りに行かない時に挫折を味わい、自分の弱さや限界に直面した時に、初めて自分を見つめ、好調の時には気づくことのなかった人生の悟りを得ることができます。失敗をもって学び、許されて有り難さを知り、無に直面して、物の有り難さ、人情の有り難さ、謙虚の素晴らしさ、自己の小ささを悟り、心の自由、執着の空しさ等、心の世界、魂の世界の大切さに気づきます。非道な扱いをされてみて、体験して初めて人の道のあり方に気づかされます。人生は学びの時間を天から戴いているような気がします。悲しみも喜びも苦悩も、すべてを天からの宿題であるプレゼントとして、自分の成熟のために与えられた体験と考え、大きな人間に成長していきませんか? 体験は学びの時です。そして、人は体験してみて、初めて、人を理解できる、真の友となることができるのでしょう。涙、悲しみ、人の苦悩を理解できる大きな人になれるのでしょう。


【支援品をお願い申し上げます】
賠償金を打ち切られた被災者、特に働けない方や高齢者は困っています。毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品のご支援をよろしくお願い申し上げます。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-02-15 23:06 | 福島の被災地の現状