2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

最近思いますことは、私たち人間の中には、「良心」というのが、生まれたときから備わっていたはずなのに、一人一人の心に宿っていたはずなのに、心の指令塔であるはずの「良心」はどうなってしまったのでしょう? 各々の人格の指令塔の良心の存在さえ、今は全く無視され、その存在さえ知らない方がほとんどの世界になってしまったのでしょうか? 各々の幸せの基準は、自分の心の指令塔である「良心」の叫びに従うことであるのに。

今、もう一度、私たちは自分の心の奥底で叫んでいる「良心」の存在に気づき、自分の生き方を振り返るために、心の指令塔である「良心」の声に静かに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

さて今日も、今の福島の現実を伝えさせてください。今日は5人の方から最近伺った話を伝えさせていただきます。


【被災者のお話】
①福島県内で被災者支援に関わる被災者の方のお話
「最近、石原伸晃環境相が“金目”の失言をしました。その影響は大きく、福島の多くの被災者が、“あなたたちの目的はお金だろう、金目当てだろう”という目で見られるようになったと感じています。“私たちは、そんなことではない。原発被害がもたらした様々な精神的苦悩、生活の苦悩を早く解決して、元のような生活に私たちを戻してください”という私たち被災者の心の叫びは顧みられることはありません。石原環境相の失言以来、周りの視線が冷たくなったため外に出て行けず、家にこもる被災者が多くなりました。とても悲しいことです。早く私たちを元の生活に戻す努力をしてください、と言いたいです。」

②浪江町 津波で母・妻・息子・孫を亡くされ、自宅・工場を流され、すべてを失い、1人でアパートに住んで居られる74歳の男性
「息子に家を建てるために1200万円あげた。新築して、2ヶ月で流されてしまった。」
彼は時々、私宅に電話を下さいます。言葉は一言、二言です。辛い核心には触れません。ただ私の名を呼び、「会いたいよ~」とだけです。私はこの言葉の奥にある、魂の叫びを感じます。不安、寂しさ、孤独、恐怖…。彼はいまだ2011年3月で止まっているのだと思います。現実を直視する勇気はいまだないのだと思います。毎日をどうにか生きているだけ。「淋しくてたまらないよ~!」との魂の叫び。誰も受けとめてくれる方はいないのかもしれません。こんな方に、頑張れ、とは言えません。これからの将来のことなど語れません。おそらく、あの日の悪夢に毎晩うなされながら、毎日を必死で耐えている、それが現状ではないでしょうか? これが多くの被災者の現実ではないでしょうか?

③川内村 73歳の女性。母93歳、夫75歳、農家
「村にはファミリーマート1軒、自営業の小さい店1軒しかありません。食糧、生活用品を求めて、車で1時間半かけて船引まで買い物に行きます。母は要介護、夫は田畑。私は5月に貧血で倒れ、あばら骨を2本折りました。台所をする人がいないので、私がしています。放射能汚染のことは不安です。しかし野菜は買えば高い。だから自分たちで作った物を食べています。少しずつ。」農家の方は国民年金以外に収入はありません。経済状況は大変と思います。川内村は2012年8月で賠償金がストップしましたから。

④楢葉町 仮設住宅の70代の自治会長。母88歳、妻70代
「母は要介護です。楢葉は20キロ圏内で帰れる唯一の所です。帰還宣言はまだされてはいません。しかし荒れた田畑を放っておくと、将来使えなくなります。だから時々帰っては田畑の土おこしをしています。自宅は臭くて入れない。屋根瓦が落ちて雨漏りがし、カビが生えている。泥棒も入った。小動物も入り、家は住める状態ではない。」

⑤葛尾村 借り上げ住宅の60代男性
「原発に関する情報は、福島県内では少なくなった。同じ朝日新聞でも、そちらでは大きく取り上げられても、福島の新聞はわずかな紙面しか割かない。情報を知りたくて、パソコンを始めた。ところが、原発に関すること、国に逆らう内容になると、すぐに画面が黒くなる。最初に出たときに早くコピーしておかないと、次に見ようとしても消されている。選挙の時になると、もっと酷い。福島県内の情報は操作されている。中国どころじゃない。」

皆様、これが福島の方々の現実の姿です。ご自分の身に置き換えて考えてみてはいただけませんでしょうか? 私も身近な友の中に、夫を亡くした方、妻を亡くした方が居られ、七回忌を過ぎてもなお悲しみから立ち直れない人も知っております。愛する人を失った方にとっては、年月は関係なく、心の癒しにも時間がかかるものです。想像を絶する恐怖の日々を送った被災者、地獄を毎日体験した彼らには、それを簡単に乗り越えることはできないでしょうし、あの日の恐ろしさは生涯、心と体に染みついて離れることはないのではないでしょうか? 人は、自分を受けとめてくれる理解者、苦悩を拒否することなく、まるまる自分を愛し、苦悩を共有して寄り添ってくださる方によって、初めて心癒され、傷が癒され、心が解放され、そうして初めて前向きに歩めるようになるのではないでしょうか? 人間は誰しも弱いものです。思っている以上に弱いものです。簡単なことで傷つき、倒れるものです。ご自分の体験からもおわかりになられるでしょう。人間はどんな人も一緒です。

どうぞ皆様、被災者に手を差し伸べてください。あなたの小さな親切で、心病んで居られる被災者を1人でもお救いください。よろしくお願い申し上げます。


【生きる力アドバイス】(2回目)
私たちの一生は、一回限りの人生です。皆、心の中に、クリスタルの心、愛の心、愛の魂を持っています。自分の魂を大切にしましょう。輝かしましょう。自分のクリスタルの心は、善悪の判断ができるはずです。自分の魂に、心に正直でありましょう。自分の心は自分のものです。他者から判断されて動くのではなく、自分の心の叫び、自分の喜び、湧き上がるエネルギー、幸せな感情、それこそが、あなたの魂の求めであり、叫びです。それを良心の基準にし、判断の基準にし、生き方の基準にしましょう。
 あなたの人生は、あなたしか生きられません。あなたのクリスタルの心を大切にし、二度と無い人生を大切にしてください。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【被災地への支援に関するお問い合わせ】
福岡百子
FAX 047-346-8675
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2014-06-25 20:18 | 福島の被災地の現状

Impossible things are going on

海外の支援者のご協力により、当ブログに英語版の記事が掲載できることになりました。今回の記事は2月1日の記事を英訳して掲載したものです。

This is English version of original blog posted on February 1, 2014.


Those who read my blog often reply to me saying

“I was shocked! It is impossible! I thought our government and TEPCO had been
taking care of things as they were supposed to.”

“It has been three years since the accident. What made you stay there still without
seeking safer place to relocate?”

“You should be able to find a job if you want to.”

“What happened to the money we donated? I thought it had been distributed to
affected people, no?”

“For me it was incredible that you are still lacking basic needs.”

It is natural to think this way for anyone with common sense. Yes, it has been three
years since then. In reality, however, things that you cannot believe are going
on like nothing special.

First of all, the entire donation fund was sent to the government (according to the
information from Japan Red Cross.) The government allocated the fund to each
municipality for fixing essential utilities and for decontamination, but not for
affected individuals. Some affected people opened up their hearts and told me
how disappointed and sad they were. “Even a little bit could have been given to
us to show their heart. What I wanted to see was not money. Their heart.
But our government never gave us even a cent. The amount does not matter,
but their compassion does.”

Why we do not relocate to a safer place? It is because we were not provided with
relocation funding. Affected people had to move seven to eight times until they
settled at temporary or rent-covered housing. In those days the majority of
Fukushima people were thinking that they would never live in their hometown and
that the government would set a new community in a safe area where they would
start their second life. They also expected that the government would compensate
their lost property and home community. So they were almost ready to start their
second life with their family and local community members.

The reality, however, was completely different. No property compensation was
done, nor any plan for their second hometown. Families were torn, so were young
couples looking for jobs. The tie between parents and children were cut off.
Human rights of affected people were taken away…we lost everything. Property,
basic needs (clothing, food supply, dwelling), family ties, children’s education
(schools, day care), health (due to radiation), jobs, marriage, guarantees for
the future, savings, inheritable possession, etc…. We did lose everything.
All we got is fear for the future, fear of losing healthy life, and despair.

The government and TEPCO are urging affected people to return to their hometown
where radiation is still too high to live. Their purpose is “to send back affected
people,” for which they’re spending enormous money in decontamination projects.

Since what they want to do is “to decontaminate and send people back,”
no housing construction project for affected people is under way. As for
compensation for people who lost their houses, none of their requests have been
accepted, and no relocation costs were funded either. Not only that, those who
live outside of the 20km exclusion zone and in the area where the mandatory
evacuation order was lifted, the compensation for their emotional pain
from TEPCO (100,000 yen=about $1,000/month) was lifted, which means
that they lost their source of income. I have also heard that taxing will be resumed
and free medical services will no longer be available. As for the rent for each
new housing situation, up to the third move is subsidized but from the fourth one
we have to pay out of our pockets, I heard. The majority of Fukushima residents
used to be farmers and they hardly spent any money on provisions prior
to the disaster. However, now their food supply costs them a lot of money.

Having lost the 100,000 yen monthly compensation from TEPCO, the victims
lost their life support. The income of pension recipients is in the ballpark of under
40,000 yen a month, which quickly disappears after paying their monthly
expenses: such as energy, heating, gas, and phone bills. In order to survive,
even senior citizens in their 70s are working as decontamination workers.
That is the only way for them to make ends meet. They are evacuees from
the crippled nuclear power plant. Now exposing themselves to high radiation again,
they have to work as decontamination workers. I heard that
they can get an additional 10,000 yen a day as compensation for dangerous
working conditions. Whole body examinations are to be done once every
several months.
They will never know their actual data. The only thing they hear after the test is:
“No need to worry, it is under the 300 [unit] safety limit.” By now the workers have
gotten used to this kind of (rude and heartless) treatment and their fear is fading.


[The affected people’s despairing voice]

Here is the voice of affected people feeling unjustly treated in the government’s poor
support: “Rather than investing in decontamination, the money should be spent to
reinstall the affected people’s normal life. We are not seeking any extra money.
We are just saying, ‘Please let us run our normal life as we used to.’
All we want to say is that we need to go back to our ordinary life.
Regardless of frequent decontamination, high radiation levels persist in some parts.
Basic utilities have not been reinstalled yet. We have no hospitals or stores.
Houses are infested with mice and wild boar are roaming around in the town.
How can we go back to our hometown in that mess?”

“Some parts in the Kodaka area of Minamisoma City have been left untouched
since 3.11. Over there even temporary housings’ radiation test shows 0.3 microSv/h.
Nevertheless our government declared that we should all go back there
by April 2016! This is outrageous!”

“The central government sent to each of us a letter directly, not through
the heads of our municipalities. According to the letter, they allowed us to
sleep over our own houses from December 24th through January 6th
at our own risk.
Since I was too scared of radiation, I did not go back, but my friends did.”

“TEPCO is the criminal and we are victims, aren’t we? Why on earth are victims’
requests not acceptable? Why are we the ones who have to give
in to their absurdity?”

Staying in temporary housing causes tremendous stress among elderly people –
so much so that they now wish to die in their hometown, in their own house.
Getting no plan for the future from the government, being left apart
from younger family members,
the sense of loneliness among them is so strong that
they became eager to go home. For them no place is like home and
they want to have their house decontaminated.

Affected people in Fukushima became reticent. “I don’t want to remember or think
about painful memories. Nor about the nuclear power plant, even less so about
the beginning of the disaster. Since we were given no hope, I prefer not to talk about
our future, compensation, or that sort of nature. Just by thinking about it,
my heart hurts. So please don’t mention it.”

If we refer to those subjects by accident, they become depressed and mourn.
The mayor of a village says:

“They used to be more hopeful. But now they walk with their chins down.
Those who used to be very energetic and hardworking became sick and hardly
able to walk. They became silent.”

People from Fukushima are putting up with cold stares.
They are misunderstood due to the Media who do not report their reality.

“Aren’t you getting compensation from our government and TEPCO?”
“How long are you going to take advantage of the free ride?” “You guys are lazy.”
“Why don’t you find a job?” (They are not aware of our reality.
No jobs are available even after desperate search. ) “She is from Fukushima.”
(We are treated like germs.)

Some high school students in the area say: “We won’t be able to get married.”
“We won’t be able to have babies. We are Fukushimans.”


[ Give your understanding and kindness to people in Fukushima ]

Please understand us. Please hug us gently: we are dealing with sorrow, suffering,
and are deeply hurt and tired. Can we cry in your arms? What we need now is your
understanding and friendship. We need real friends who can give us their hands.
Your kind gaze, warm words and hands; those are the things that we need.
Those are the things that help us keep living.

And if possible, please help us a little. There may be some people from Fukushima,
in your area, in your neighborhood. Please give them your hands.

I beg you from my heart to become their angels.

******************************
[Inquiry about how to help affected areas]

Momoko Fukuoka
FAX 047-346-8675
Mobile 080-5547-8675 (Japanese only)

e-mail: f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(Please use the above contacts between 10:00am and 5:30pm Japan time.)

Please refer to this link which contains actual list of support goods that they need.


by momofukuoka | 2014-06-24 19:40 | English ver.

Support goods list(英語版)

Affected people still lack many basic things for daily life.
Please send some new or used things that are in good condition
from the following list:

(Bedding)
-Comforters (warm and light ones. Heavy ones are not good for elderly people.)
-Duvets, blankets, sheets
-Towel blankets
-Throws

(Clothing)
-Used clothes (for all seasons)
-Under ware
-Socks

(Provisions)
-Water
-Rice
-Spices
-Vegetables
-Fruits
-Retort-packed food
-Dried food
-Canned food
-Tea, snack (Please check the expiration date)
-Rice cake “mochi” (mainly for winter)

(Groceries)
-Toilet paper
-Tissue paper
-Pocket tissue
-Detergent
-Shampoo, conditioner
-Plastic wrap
-Zip Lock bags
-Hand/foot warmers (mainly for winter)
-Masks
-Feminine pads & tampons
-Emergency kits
-Bug sprays
-Pest control
-Rubber gloves, work gloves

(Stationeries)
-Pen, pencil, notebooks, memo pads, files, post cards, writing pads
(for letters – senior citizens are mostly analog), stamps

(Senior/baby needs)
-Paper diapers, disposable underpants, incontinence pads

(Other things)
-Sewing machines, irons, iron tables
-Humidifiers, dehumidifiers, fans
-Comforter dryers, electric stoves
-Indoor exercising equipments
-CDs, DVDs, radios
-Recreation goods
-Canes
-Craft materials
-Bicycles
-Wheel chairs, Handicap Walkers with Wheels
-Flash lights, backpack

(For a local nursing home)
-Something for wiping when they change diapers such as old towels,
t-shirts, sheets, etc…)

[Please help temporary housing organizations]
Temporary housings have their own support groups.
Some of them are very short with their operation fund.
We can give you information on those groups so that you can send
your donation directly.

If you can donate:
①please let us know what you can donate, size, and quantity.
②please let us know your contact such as your name, phone number,
fax number, etc
….)

Please send us the above info either via fax or e-mail to the following:

Name: Momoko Fukuoka
Fax: Japan (011-81) 47-346-8675
Mobile: (011-81) 80-5547-8675
e-mail: f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(Sorry Japanese only!)
by momofukuoka | 2014-06-24 19:32 | English ver.

生きる力を…

異常気象が当たり前のようになった今の時代ですが、この自然のサイクルを狂わせてしまった責任は誰にあるのでしょうか? 私たちの地球は、以前は自然豊かで清らかな小川の水で戯れ、メダカを捕ったり、野山を走り回ったりした幼少の頃の思いでは、いまだ遠い過去ではなく、つい60年、70年前だったような気がします。その頃の人の心は、もっと穏やかで、犯罪は今ほど多くなく、犬ものんびりと歩いていて、子どもも大人も、もっと瞳は輝いていました。私たち人間は、贅沢もほどほどでしたし、もっと“心”を大切にして暮らしていました。今の私たち人間は、何を追究して生きているのでしょうか?

寿命は長くて120歳の、1回限りの命、1回しか生きられない尊い一人一人の命ですのに、死んだような瞳になって、目的もなく、笑いを忘れ、心の豊かさを忘れた人生で良いのでしょうか? 私たちはもう一度、この世に生まれた意義を考察してみても良いのではないでしょうか? そして一部の権力者にこの地球を委ねることなく、皆で手を取り合って、地球の再生に力を尽くしてはいかがでしょうか?

今日も、同じ地球に生まれながら、人々から忘れられつつ、苦悩にあえぐ、福島原発被災者の現実を紹介させていただきます。


【被曝症状で苦しむ被災者の声】
葛尾村の方から伺った現実です。

「極端に免疫力が低下し、疲れやすく、倦怠感がひどくなり、下痢、咳が多くなった。最近はうぶ毛が抜け始めた。大豆大の白斑が体中に出てきた。仲間に聞いたら、皆も出たと言う。のども痛い。3.11間もなく、村人たちは鼻血が出た。なぜ現実を隠そうとするのか。」

国の方針で、福島県の死亡データは採らないことにした、という。そして、福島県内の新聞には、原発や被曝の情報が少なくなったという。だから「原発、被曝に関する朝日新聞の記事を教えて欲しい。我々には情報を入手する手段が無くなってきたから、我々には知る術が無くなってきたから」と言われ、私は耳を疑い、驚きました。


【参考資料としてご覧ください】
「土壌中に含まれる放射性セシウムの最大濃度、浪江町赤宇木椚平で1キログラム当たり78万ベクレル。南相馬市原町区馬場で9万6千ベクレル。川俣町山木屋で10万ベクレル。大熊町夫沢で54万ベクレル。双葉町山田で1万ベクレル。葛尾村葛尾で24万ベクレル。飯舘村小宮で31万ベクレル。田村市、楢葉町、富岡町、川内村は調査対象外のために除いた、とした。」(「福島民友ニュース」2011年7月1日)

「カリフォルニア州にある政府機関が福島原発事故で発生したセシウム放出量を計算してみたところ、最大でチェルノブイリ原発事故の1.8倍に匹敵する値だったことが判明したとのことです。…『太平洋全体が福島原発事故で発生した放射能に汚染された』とも指摘しました。この値は人類が今まで爆発させた原爆や水爆を全て足した数よりも桁違いに多く、アメリカの調査機関は『人間を含めた地球上の生物に悪影響を与えるかもしれない』と報告しています。」(http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2612.html「真実を探すブログ」2014年5月21日)

「放射能の汚泥・汚染土壌・汚染瓦礫(がれき)・焼却灰は、人体にきわめて有害なのである。……環境省は、低レベル放射性廃棄物の埋設処分基準を緩和して、8千ベクレル以下を10万ベクレル以下に引き上げてしまい、放射線を遮蔽できる施設での保管を認めてしまった。…原子力プラントから発生する廃棄物の場合は、放射性セシウムについては100ベクレルを超えれば、厳重な管理をするべき『放射性廃棄物』になるのだぞ。環境省は、なぜその80倍もの超危険物を、一般ゴミと同じように埋め立て可能とするのか。」

「…農林水産省は『放射性セシウムが200ベクレル以下ならば、この汚泥を乾燥汚泥や汚泥発酵肥料等の原料として販売してよい』というトンデモナイ決定を下した。対象となる地域は、汚泥から放射性セシウムが検出された以下16の都県――岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、長野県、山梨県、静岡県、新潟県――であった。えっ、放射性廃棄物が、いよいよ発酵肥料に化けるのか。」

「…市原エコセメントは、(千葉)県内34市町村から受け入れたゴミの焼却灰などを原材料にセメントを製造してきた。えっ、放射性廃棄物が、新築マンションやビル建設用のセメントに化けてきたのか。」

「さらに東電子会社の東京臨海リサイクルパワーが、3年間で52万トンの瓦礫を宮城県と岩手県から受け入れる計画だが、…いずれも中央防波堤内に埋め立てる。残留スラグは、8千ベクレル以下であれば、レンガの下地材として転用される。えっ、放射性廃棄物が、レンガに化けるのか。」(以上、http://dot.asahi.com/wa/2012092600638.html 広瀬隆「東電が責任放棄、追認する国の狂気」・2012年1月12日)


【生きる力―アドバイス】
辛い、悲しいばかりの情報ですと、生きる力を失い、良くありませんので、今回から、エネルギーの波動を呼ぶ言葉を連載で紹介させていただきたいと思います。関心ある方は、参考になさって下さい。私は5月に、神さまのお言葉を伝達してくださる方にご縁をいただきました。私にとっては目から鱗で、生きる力となりました。ですので、「生きる力―アドバイス」と題して、その言葉をお伝えしたいと思います。「神」という表現に抵抗をお感じになられる方は、これを先祖の言葉、恩師からの金言として、ご理解くださいませ。私自身も、金言として理解しております。今の時代、大きな方の介入無しには、社会の秩序を正常に整えることは難しく、皆で金言に耳を傾けることの必要を感じさせていただいたからです。

〈人間は神さまから生まれた。そして神さまも人も動植物も大きな一つ。〉
このことを理解するために例えましょう。電球はスイッチを入れると光ります。電球の根源であるスイッチ、これが神さま。電球から放射する光の一粒一粒。これが人間の一人一人、動植物の一つ一つ。スイッチの根源である光そのものと、放射している光の一粒一粒は切り離すことはできず、光そのものの能力を、光の粒々も同じ能力をいただいています。神の知恵、愛、心、自己免疫力…。神ほどのパワーは無いにしても、同じ能力、パワーが、一人一人の中に培われ、すでに生まれたときから存在し、各自の中にあります。ただ、気づかないので、発揮されていないだけです。また一人一人は、光の一粒一粒ですので、私たちは愛され、尊重されるべき大切な一粒一粒です。だから、神と私たちは切り離すことのできない「大きな一つ」です。

もう一つ、例えましょう。太陽そのものが神さま、太陽の光そのものは神さま、太陽から発される光の一粒一粒が私たち、そして生きとし生けるもの。」

皆様、私たちの手で、力を出し合って、もう一度、この地球に命を吹き込みませんか? 一人の力は弱くても、皆が心を寄せ合う時に奇跡は生まれると思います。みんなが幸せになるために、この世に生まれてきたのですから。隣で悲しんでいる人、泣いている人に手をさしのべてみませんか? そうした優しい心の波動が地球のぬくもりとなります。マイナス波動を少しずつ減少させていきませんか?


【支援のお願い】
皆様、どうか、福島原発被災者をお救いください。知恵を出し合ってお救いください。彼らには自分たちでは為す術がありません。本気になってお救いください。よろしくお願い致します。また、ご支援可能な方は、食料品、生活消耗品など、よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【被災地への支援に関するお問い合わせ】
福岡百子
FAX 047-346-8675
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2014-06-07 19:46 | 福岡百子からのメッセージ