2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:福島の被災地の現状( 59 )

【仮設住宅の環境】
皆様、今日は「住まい」ということについてご一緒に考えていただけますでしょうか? 人だけでなく、どんな動物にも、魚にも、鳥にも、草木にも、どんな小さな虫にも、生きていくためには、自分の身を安心して休めるねぐら(住まい、場所、私の家というのが)あると思います。皆様、今日は仮設住宅の現状についてお伝えいたします。この仮設住宅を、「私の家」、毎日生活する「ご自分の家」として、具体的にご自分がそこに住むことを想像して考えていただけますでしょうか?

住まいには、ある程度、息抜きができる空間が必要でしょう。四方窓が無く、穴倉のように太陽の光が入らなかったり、風通しが悪くじめじめしていたり、隣の音が丸聞こえだったり、私の部屋で話す内容が隣の家に筒抜けだったりする住まいで、心安らいで暮らせるでしょうか。それが仮設住宅です。隣から「うるさい」と言われることに怯え、好きな音楽も聞けず、楽器も弾けず、テレビの音量も小さくし、夫婦同士の話し声も小声で、子どもが騒ぐたびに注意を受け、思いっきり声を上げられない、気兼ねをしながらの生活、それが仮設住宅での生活です。

多くの場合、仮設住宅の生活には、家具や布団を押入れに収めても、なおテーブルを囲んで家族が団らんできるスペースがありません。夜、他人に足を踏まれる心配なく、安心して寝ることができるだけの、ゆとりある寝床がありません。何よりも辛いことは、「ここにいつまで住めるのか」がわからないことです。永住が許されない家にいて、いつ「出て行ってください」と言われるかもしれず、自分の家が定まらず、見つけることもできず、常に緊張と不安のうちに過ごす日々。仮設住宅を出て行きたくても、そのための補償はなく、また自費で別の住処を見つけるとしても、住民票を移すと現在受けている補償も受けられなくなるため、被災者は動くに動けず、将来の計画を描くことさえできない状況です。

皆様、今、ご自分の住まいをお持ちの皆様は、上記の状況をどのようにご覧になるでしょうか? もし万一、皆様がそのような状況に「長年耐えてください」と国から言われ、その状況に置かれ続けたら、どのようにお感じになるでしょうか? 私たち人間が住むためには、ある程度の環境、住まいの空間、息抜きをするスペースが、どんな人にも必要ではないでしょうか?

皆様、考えられないことかもしれませんが、福島原発被災者の方々は、4年以上も悪環境の中で耐えておられるのです。 繰り返しになりますが、さらに仮設住宅の状況をお伝えさせていただきます。

4畳半ひと間の生活、場所により、窓は小さいのが一つしか無い、という所もあります。まわりに生活必需品を置き、寝る時のスペースを作るのがやっと、と言います。床は地面に近いため、湿気が多く、カビが発生し、底冷えします。そのため、布団も湿気で重いと言います。秋から春にかけて、所により結露で天井からしずくが垂れ、壁も床もびしょびしょになり、床の拭き掃除が日課になるそうです。所により、すでに早くから床が抜け、隙間風で寒く、新聞紙を詰めるなど工夫して生活していると言います。洗濯物を干すスペースも不十分です。

所により、外を歩く人から室内が丸見えの所があり、目と目が合うことがあり、安心して寝ていられないという人もおられました。隣との壁は薄く、隣で何をしているか、手に取るようにわかる、という所もあるそうです。仮設住宅はプレハブが多く、子どもたちの学校も工事現場のようなプレハブの所もあり、寒いと言います。


【仮設住宅に住む被災者の声】
被災者の方々は、「仮設住宅にいるだけで息が詰まりそうになり、気がおかしくなりそうだ」と言います。

ある被災者は「日中、仮設にはいません」とおっしゃるので、「お仕事ですか?」と私が尋ねますと、「違います。仮設の4畳半の中では気も心もおかしくなってしまうので、毎日外を歩き回っています。67歳なので仕事を探してますが、年齢を言うと断られるのです。」

被災者は言います。「住まいが決まらないと、仕事も見つけられない。」「住まいが定まらないと何一つ前に進めない。家族もバラバラのまま、亡くなったおふくろ、夫のお骨を納める所も、お墓さえ決められない。」

「復興住宅はまだ建っていません。復興住宅には制限があります。誰でも入居できるわけではありません。津波と原発のために自宅に帰れない人が優先です。」「しかも入居するためにはカーテン、電球、ガスコンロ、家賃等、相当の金額がかかります。」

田村市船引町には4つの仮設があり、主に都路の方々の施設ですが、大熊町、浪江町、双葉町、ときわ町の方々も避難しておられます。「最近、ようやく復興住宅の土地が船引に確保されたそうです。できあがるのは、来年秋以降とのことです。いまだ一年以上、先です」とのことでした。

ある被災者の 言葉を思い出します。「国が我々被災者の土地を買い上げ、別に村を作って、“ここに住んで再出発してください”と言ってくれたら、我々はどんなに感謝し、希望をもって歩んだことでしょう。あの時そうしてくれていたら、今頃はそれぞれが活気ある村、町になり、前に向かって歩んで、国のためにも貢献できる街づくりもできていたかもしれないのに。」

しかし現実には、「自分の土地は自分で探し、自分で住居を探しなさい」と言われています。そして、見合った資金は出してもらえず、住んでいた家を失った被災者は住む家も無く、十分な収入の得られる仕事がないために生活費も無い。困窮する被災者は「我々はどうやって生きていったらよいのか?」と嘆いています。若い人は将来を考え、家を求め、親から離れていきました。仮設は行き場のない老人、一人暮らしの人が多くなりました。復興住宅にも入れず、若い家族とも離れ、淋しく暮らす仮設住宅の老人たちには、自立という言葉は酷な言葉です。彼らには、同じ境遇、同じ体験者の仲間との支え合いが、生きる支えになっております。このような方々に、生活消耗品や心優しい食料品などを少しでも届けていただけましたら有り難く思います。


【小さな支援をお願いいたします】
生きる力を失った方々、失望しておられます方々に、小さな支援でよいのです。「忘れてませんよ」「お体を大切にされてくださいね」の思いが入った小さな消耗品や食品の小包が、どんなに彼らに嬉しい宝物になることでしょう。社会が忘れつつある今、あなたの手で、お一人でもお救いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。お志がおありになられます方は、被災者をご紹介申し上げますので、私、福岡百子までお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
“皆様の手で、幸せを作っていきましょう!”


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-06-09 23:55 | 福島の被災地の現状

復興住宅の現状

日本には春夏秋冬という四季があり、季節折々の花が咲き乱れ、清々しい空気、心地よい風や肌寒さを感じながら、春や秋の訪れに、四季の喜びに心を弾ませることができます。しかし最近は、気候変動に戸惑いを感じることが多くなったような気がします。

今日は、福島原発被災者の復興住宅の様子についてお知らせしたいと思います。福島原発被災者については、国は原則、被曝した自宅を除染してそこに帰す、という目標のようですので、復興住宅建設に対しても積極的でないように感じます。すでに災害があって5年目になりました。ですのに、現実を知って、私は「考えられない」「ありえない」「ここ、日本でしょ?」と、怒りと悲しみを感じています。国の対応は、常識では考えられないほど、あまりにも非道です。5月に入って町の関係者から伺った情報をお知らせいたします。


【被災者の声】
「国は、福島県内全部の仮設住宅住民を(どこの市町村も)、2016年3月までに帰還させるつもりでいます。しかし2日前の新聞では、“1年延長”と言っていたので、1年延期すると思います。何事についても、長期的な視野ではなく、1年毎の更新だからです。“仮設住宅入居期限は来年の3月まで”と決めるのは、国です。国から県に知らせ、県から各市町村に知らせが来るのです。」

「楢葉町の元の人口は7000人でした。現在は各所に散ってしまいました。いわき市に13か所、会津に1か所の仮設があります。国は楢葉町について、全住民を楢葉に帰す予定としているために、楢葉町以外の場所に復興住宅を作るつもりはありません。楢葉町内に復興住宅を52戸作る予定です。しかしそれはいまだに建っていません。この復興住宅に入居できる対象者は、津波被害を受けた人と、自宅の無い人です。今、4月6日~7月5日まで、3ヶ月試し宿泊が行われています。その後、帰還宣言の話が行われると思います。」

「川内村の元の人口は3000人でした。川内村では、受けられる原発賠償が3種類に分かれています。

①30km圏内の人(平成24年8月で精神的賠償が打ち切られた人)
②2015年9月までで精神的賠償打ち切りの人
③2015年9月以降も精神的賠償が続く人(自宅に住めない人)

川内村下川内仮設には②と③とに該当する50戸の方が住んでいます。川内村に復興住宅は25戸建ちました。6月1日から住めるようになります。したがって今まであった下川内仮設の自治会は解散となりました。復興住宅25戸のうち、下川内仮設からは15戸、他の町にある仮設から10戸入居予定です。川内村住民のための復興住宅はこの25戸以外は作らないのです。しかし、来年の3月までは仮設にいて良いとのことです。

つまり、来年の3月までに復興住宅に入るか、自宅に帰るか、ということになるのです。他の町に川内村の復興住宅は作らないのですから。復興住宅は、カーテン、照明器具、ガス台は全部自腹です。家賃が発生します。カーテンは規格外もあるようです。2階建て、平屋Aタイプ、Bタイプがあり、どこに入居できるかわからないのです。入居するために費用が50万円くらいかかると聞いています。」

「復興住宅は県が責任を持っているので、どこにどの町の人が何戸入るかは県で決めます。被災者たちは、“町ごと・部落ごとにまとめて入居させて欲しい”と希望しているが、その声は通りません。復興住宅は4町村が混合して入居することになる。同じ部落、顔見知り同士なら支え合い、孤独にもならずに済むのに、被害者はまた、さまざまな苦しみに直面することになるのです。町によってお祭りも違い、賠償問題も違い、仮設で親しくなった友とも離れることになるからです。」

「私は7人家族で、1つの仮設に家族全員が住めないので、3つの仮設を借りて住んでいます。87歳の父(要介護肺気腫)・夫(病身)・私(病身)・長女(脳性まひ、知的障害)・長男(大学を断念し働いています)・次男(中学生)・三男(小学生)の家族です。今日まで仮設で支え合いながら生きてきました。家族で話し合った結果、復興住宅に入居することを決意しました。子供たちは“窓があり、部屋があるだけで幸せ”と言う。“テレビうるせー!と言われないで済む”“寝ていても足を踏まれずに済む”“こたつに入ってごろんとしたい!”
“5年前に亡くなった母さんのお位牌はカラーボックスの上にある。真先に母さんの仏壇を買いたい!”・・・“1戸に住めないので2戸借りよう”と結論しました。」

「復興住宅は5月末までに出来る予定です。申し込んだので、当たれば5月末に通知が来る予定です。→その後説明会がある。→復興住宅の家賃は各々収入に応じて決められるので家賃決定を待つ→3ヶ月分まとめて払う→合同庁舎に行って鍵をもらいに出向く。鍵をもらったら20日以内に引っ越すようにと言われました。」

「今は、どこに住めるのかはわからない。復興住宅を借りるのに、自分達で保証人を決めないといけない。幸い私は引き受けてくれた人がいたので助かった。これから住む復興住宅は店も病院も不便な所。ここは孤独死になっても判らない所と思った。でも私たちは、玄関から外に出ると仲間に出会うから、それでも良いと思った。復興住宅に入居するには、年寄りには困難です。自ら役場に出向いたり、説明会に出向いたり、合同庁舎に行ったりと、めんどうくさいことがいろいろあって、年寄りや独り暮らしの人は、あきらめた人がいます。」

「復興住宅入居には、いろいろと条件を求められます。くぎを打てない、引っ越すときは元通りに直すこと、カーテンは規格外、電気の差し込みはあるが、照明器具も何も無い、空っぽです。すべて揃えなければなりません。自腹で。 」


【もっと温かな配慮を】
皆様、復興住宅に入居されます方々は、津波ですべてを失われた方、また原発で自宅を失われた方、5年近く苦悩にあえいで来られた方々です。収入も乏しく、心身傷ついておられます方々です。国はどうしてもっと温かい、心ある配慮ができないのでしょうか? どうして国民の悲しみが、叫びが、通じないのでしょうか? 私は不思議でなりません。

皆様、福島原発被災者の方々のために暖かい手を差し伸べて下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
そして、一人でも多くの方々に福島被災者の現状をお伝え下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【支援品のお願い】
不安定な生活の中、健康を損ない、困窮されている被災者が多くいらっしゃいます。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。心から感謝申し上げつつ。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-05-25 01:22 | 福島の被災地の現状
福島原発事故があり、丸4年が過ぎ、再び3.11の当時の映像が流れ始めた頃から、福島被災者の方々を“忘れてはならない”と、勉強会や、福島の方々に目を向ける集いが、最近見られるようになりました。私はこのことを大変うれしく思いますし、“決して忘れないでください”と全国の皆様に叫びたいと思います。今、福島原発被災者は、全国の皆様に忘れられようとしておりますし、関心がなくなっておられます方があまりにも多く、すでに他人事、過去の事にしておられます方があまりにも多く感じられるからです。しかし現実は、福島原発被災者は地獄のような生活を必死で耐えておられ、あらゆる人権が踏みにじられておられるからです。

今日はある支援者の方から、“福島についての勉強会があるので”ポイントを箇条書きにまとめて欲しいと依頼され、まとめながら思いましたことは、ブログをご覧の皆様にもポイントを箇条書きにしたものが役に立つのではないでしょうかと考え、今まですでにお伝えしましたことではありますが、まとめてみましたので、ご参考になさってくださいませ。


【福島原発被災者の抱える問題】
①福島原発被災者は、住民票を移動すると、「被災者」としての扱いをされなくなり、賠償請求もできず、被災者としての恩典は無くなります(医療費、家賃、諸税金)。残してきた土地(田畑・宅地・山林)、家、家財、財産すべての賠償請求もできなくなります。

②住民票を移動できないために、避難先・移住先の住民とはなれず、住民としての保証や権利も得られず、就職も難しいです。(浪江町の馬場町長は、「福島原発被災者には特別に“住民票に代わるもの”を」と以前から国に願っていますが、国からの回答は無いとのことです。)

③原発被災者は、避難する理由も告げられないままに、すぐに自宅に帰れると思って着の身着のままで避難しました。原発被災者は、原発事故ゆえに家族(親子や夫婦)が分断され、事故さえなければ住める家にも帰れず(新築したばかりの人にはローンだけが残り)、残してきた家屋敷・田畑・先祖代々の山林・全財産への保障も賠償もしてもらえず、失ったものの対価としては考えられないほどの安価で国から押し切られてしまっています。なんと先祖代々守ってきた山林が「一坪10円」とは、被災者をあまりにも馬鹿にした話だと私は感じます。しかもこの賠償額は、国の賠償委員会が決めるということです。

④「2年もてば良い」とのマニュアルで建てた仮設住宅は、当時、数を必要とし、住宅建築が専門外の会社もマニュアルに基づいて仮設住宅を建てました。そのためか、当初から建築に種々の問題(隙間風、床、湿気など)があり、被災者の皆様は苦しんでいました。そして、隣の音が丸聞こえの薄い壁、四畳半の部屋に所により2人または3人、考えただけでも息が詰まりそうな、ストレスが溜まりそうな所に、今も住み続け、いまだ3年も住み続けなければならない部落もあります。“仮設にいただけで狂いそうになる”という人もいます。当然と思います。

⑤今、国の方針は、“原発被災者を元の地に返す”ということです。そこは放射線量が高く、十分な除染も行われず、店も病院も無く、将来人が生活できるかどうかわからない所にです。若者は帰りません。帰ったとしても、年寄だけです。被災者は言います。“若者が帰らないなら、将来は無人の村・町になります。津波被災者には住宅が必要ですが、国は帰村・帰町させるつもりの所に、いまだ復興住宅を作っておりません。”さらに言えば、もはや住めないほどに自宅が荒れ果てた被災者のためにも、修繕のための十分な保障か、復興住宅がではないでしょうか。

⑥国は強引です。専門家が放射能のリスクの可能性を示そうとしても、国に聞く耳は無いそうです。すでに広野町、川内村、都路町、南相馬(小高区を除いて)は、避難指示解除になりました。今、楢葉町が解除方向にあります。楢葉町の方から聞きました。「4月6日~7月5日まで、長期宿泊令が出ました。町民には何の話も無く、突然、町長に“こうだ”と言ってくるようです。そして国の責任を町長に押し付ける感じです。」避難指示解除宣言は、順次、楢葉町、飯舘村、葛尾村、そしてやがて浪江町、富岡町の一部、大熊町、いつの日か双葉町へと出されるようです(大熊町や双葉町は30年後と言われています)。

⑦被災者は、「“被災者の土地は被災者ですべて管理するように”と国から言われました」と言います。
「すべて“自己管理せよ”というのです。4年間放置した土地は荒れ、田は太い竹の林のようになりました。自宅の台所には竹が生え、家の中にはきのこが生えています。庭にはイノシシがたくさんの穴を掘っています。イノシシは狂暴化して、怖くて一人では自宅にいられません。タンスの中はネズミの糞だらけです。このままでは住めません。すべての家財を処分しました。しかし家を建て替えるだけのお金もありません。」

⑧避難指示解除宣言されると、被災者扱いではなくなります。それは、被災者が、私たち一般国民と同じ扱いになるということです。精神的賠償金として被災者に支払われていた1人月額10万円は止まり、医療費・家賃・諸税金等の免除もなくなり、被災者としての免除はすべて無くなるとのことです。光熱費は最初から(2011年から)免除されていませんでした。家族が多く、仮設住宅を3戸借りた人は、3戸分の電気代(3戸分の基本料も)を支払わされました。

⑨「被災者の土地は被災者ですべて管理せよ」という国の命令は、福島被災者を故郷から離れられなくしています。彼らは言います。「30年後に、もしかして子どもたちが帰るかもしれない。そのためには先祖の土地を荒れ地にしてはならない。だから片道2時間かかっても、田畑を耕しておかないと、本当に使えなくなるので、将来の子どもたちのために、田畑を耕しに週1回は帰るのです。この間までは、国からの指示で1時間しか働けなかった。今は3時間働ける」と。

⑩“すべて自己管理せよ”と言われた原発被災者は、福島から離れられないのです。遠くに避難したくても、新しい住居を安全な所に求めたくても、移住したくても。お金もつてもありません。
⑪国から見捨てられた、とわかった福島被災者の多くは、今、絶望的になり、会話も無くなり、「どうしてよいかわからない」と言います。そして、「あなたたちは東電からもらう多額のお金で生きている」という周囲からの冷たい視線に怯え、そうした誤解をじっと耐えています。皆様、原発被災者は心に深い傷を負っています。孤独です。悲しみを癒せないでいます。


【皆様へのお願いです】
関東の電力のために、つまり他者のために犠牲になり、今なお地獄のような状況におられる福島原発事故の被災者、この方々を救っていただけますのは、この記事をお読みの皆様です。私、福岡百子は、病弱でもあり、74歳になりますので、支援活動にも限界があります。“天から授かった尊い一人一人の命”、他者の幸せを真剣になって考えてはいただけませんか? “あなたの小さな支援”で、一人の心を救ってはいただけませんか?

 私は継続支援者を探しております。その方に、私の志を引き継いでいただき、大切な被災者の“心の友”になっていただきたいのです。大きなことはしなくてよいのです。“まごころ、優しさ、天使の心、友の心”になっていただきたいのです。そして、“あなたと被災者の絆”が、被災者にとっての大切な支えになっていただけますことを、心よりお願いしたく存じます。

私、福岡百子は、いつかこの世から去る身です。去る前に、しっかりと被災者の友となる方に、私の志をお伝えさせていただき、私は安心してこの世をさりたいのです。どうぞ温かい目を福島原発事故被災者に向けていただき、一人でも多くの方をお救いくださいますよう、心からよろしくお願い申し上げます。お気持ちのおありになられます方は、私、福岡の携帯・メールにてお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-04-15 08:27 | 福島の被災地の現状

3月11日の被災者の声

【被災した子どもたちは・・・】
3月、今は卒業シーズンでもあり、入学シーズンでもあります。甥の子ども(6年生)の卒業式動画を見ていたら、「6年間の思い出」を語った中に、「小学校2年の時、東日本大震災があって怖かった」と、その時の思い出を語っていました。あの頃“ばあちゃん”と甘えていた幼子が、今は立派な青年のような姿をして、今度は中学生となるために卒業証書を手にして胸を張って歩いている。私は途端に福島の被災者を思い、泣きました。震災に遭った子どもたちにとっての4年間とはどんなものだったのでしょう?

生まれてからしっかりと親の胸元で育まれ、何の不安もなく、安心しきって守られるはずの乳飲み子、幼子たち。その子たちが、津波で流される人や家を見、泣き叫ぶ地獄を見、住まいを転々とし、親や周りの不安を一身に浴び、恐怖や悲しみを、避難所や仮設住宅での酷暑や酷寒を体験したのです。被災した子どもたちはすごい、と思いました。同時に、普通はしなくても良い体験をせざるを得なかった子どもたちの心の傷はさぞ深く、癒しきれるものだろうか?と、被災者である子どもたちを愛おしく思いました。


【3.11の電話とメール】
今年の3.11の前後、急に被災者からの電話が絶え間なく私宅に鳴りました。今までになく、電話の向こうの方々の声のトーンは暗く、低く、やり場のない悲しみや悔しさや怒りを感じさせる、うめき声にも似た声で話された方が多かったのです。被災者とのやり取り、そして最近の情報をお伝えさせていただきます。

「浪江町で行方不明の中学生がDNA鑑定で確認されました。復興祭に間に合ったことが皆様に報告されました。それでもいまだ32不明」(携帯電話のショートメッセージですので、ここで文章は止まっております。)

「“心痛い”ばかりか?と我ながら痛切に感じてしまいます。慰める言葉がなかなか思い出せません! でも、生きている我々で復興を現実化していくネ。」

「なるべく深く考えないようにしております。」

「津波で亡くなられた方の遺族は、時間が止まったままで、まだまだ死に向き合えるには時間がかかります。原発が原因の方も、前に進まず、辛い現実です。」

「いっぱい、いっぱい、寄り添ってほしいです。」

「あの日のように、今日も雪でした。」


【国、東電、賠償に対する被災者の声】
「“各町のゴミの焼却は各町でするように”と国から言われた。しかし肝心のゴミ焼却炉は国が建てることになっている。だのにいまだに国は焼却炉を作っていない。国は、“春以降、帰町宣言をする”と言う。そのために皆、家のゴミを出し、粗大ゴミも出している。住めなくなった家は解体している。だのに、国がいまだゴミ焼却炉を作っていないために、ゴミ処理が先に進まない。」(楢葉)

「国は、津波で被災した人のために楢葉に復興住宅を作ってくれると言った。だけどいまだにできていない。それなのに国は、“今年の春、帰町宣言をしたい”と言う。国は“早く帰れ”と押し付けるだけです。」(楢葉)

「国会議員に言ってもダメです。国の官僚が動かないとダメです。総理が一言、言えば、動くのですが…。」

「環境省は逃げる、他の省の責任にする。我々に対する責任は環境省にあるはずだが。」

「帰還困難区域は、双葉、大熊と、浪江、富岡の一部です。すでに、広野、都路、川内、楢葉、南相馬、飯舘、葛尾は解除方向に行っており、少しずつ、順に解除させるのでしょう。」

「大熊と双葉は、中間貯蔵施設の問題で帰れないことに印を押された。“自分で生きる道を探しなさい”と言われたようなものです。本当は、福島被災者のために、国が新しい土地を買い上げて“そこに住んでください”と言うのなら、私たち被災者は感謝するでしょう。しかし現実はそうではない。被災者は自分の土地を買い上げてもらい、そのお金で新しい土地と住まいを自分で調達するのですが、それが可能な金額で買い上げてもらえるわけではないのです。土地の買い上げ価格は、町ごとに決められ、町によって異なります。帰還困難区域の双葉、大熊、浪江、富岡のそれぞれの土地価格は、低い評価額で決められ、しかもその7割しか保障しないと言うのです。被災地の土地評価額は非常に安いうえに、その7割しか保障されない。我々が新しい土地と家を求めようとすれば、その金額の10倍も100倍もかかる。新しく求めたい土地の評価額の表示は、税務署で決めた価格が公表される。しかし買うとなると、それの1.5倍を求められる。なぜならそれに不動産屋への支払いが加算されるからです。つまり公示額の1.5倍を請求されるのです。これでは高すぎて、我々は住む家を求めることができない。」

「我々は裏切られた。」

「我々が何か悪いことをしたのか?」

「皆、何をしたらよいか、わからなくなってきている。」

「年をとり、気力も無くなり、何のために生きていかねばならないのか?」

「復興予算があると言う。住民こそ先だっぺ。公共も大切だが、我々被災者の住宅を考えてくれ。」

「我々はどうにもしようがない。」

「自殺者が多くなった。」

「皆、病気で倒れている。」

「避難指示解除宣言前は、医療費、家賃、光熱費などは無料でした。しかし解除宣言とともに、すべてが解除される。復興住宅も、年金暮らしの人でも、月に8000円払わなければならない。それに共同費(エレベーター、集会室使用料)として5000円、駐車場代2000円を払うようになる。復興住宅の家賃は、収入に応じて10段階になると言う。最低の人でも月8000円で、月80000円の人もいるという。収入のない人はどうやって生活できるのか?」


【被災者の立場に立って…】
皆様、これが福島被災者の現実です。どうしてもっと被災者の立場に立った温かい対策が、緊急の対策が取れないのでしょう。失望しておられる福島の被災者の皆様に、これからも、温かいまなざしと思いやりをもって、ご自分のこととして、温かい手を差し伸べていただけますよう、よろしくお願い申し上げます。そして福島被災者のこの現実を、友人、知人に、有力者にお知らせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【支援品をお願い申し上げます】
被災地ではまだまだ寒さが続いております。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。心から感謝申し上げつつ。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-03-22 04:58 | 福島の被災地の現状
原発の災害があって丸4年となりました。考えてみますと、災害の時に産まれた赤ちゃんが4歳児として歩み始めたということです。それだけの被災者皆さんのかけがえのない命と人生が踏みにじられ、台無しにされてしまっている。そして被災者の皆さんは忍耐に忍耐を強いられ、健康をボロボロにされ、家族、身内を引き裂かれ、人間の幸せのあらゆる条件を根底から略奪された状態で放置されてしまっているのです。しかもその状況について、誰も責任を取ることが無く、対策を積極的に取ることの熱意も感じられず、希望をもって歩める方針も立ててもらえず、被災者の故郷、自宅は放射線で汚染され、いまだ放射線量が高くて住める状態ではないのです。その地に、国は帰還宣言を目標に、住民を帰そうとしている現実。この状態は、この世の地獄とは取れませんでしょうか?

「原発さえなければ!」とNHKテレビの“飯館村”のドキュメント番組で被災者が語っていましたが、福島被災者の地獄のような日々を1日も早く解決することを、私はオリンピックよりも何よりも、国を挙げての最優先課題にしていただきたいと思います。被災者皆さんの訴えは、“今は聴いてもらえなくなった。議員も大臣も総理にも”と被災者は言います。皆様、国を挙げて、福島の「今」を見つめ直していただき、お一人お一人の胸の中で眠っておられます「愛の炎」をもう一度燃やし、全力を挙げて被災者を救うべく、情熱を傾けていただきたく、心からお願い申し上げます。


【被災者からの電話】
災害から5年目を迎えた今、我が家には急に被災者の方々からの電話が多くなりました。連日鳴り響く電話の被災者の声は、怒りと悲しみ、絶望とやり場のない苦悩のうめき声、ため息の声です。生きる力、気力が無くなってしまった被災者方の声です。私がお聴きした被災者の生の声を少しだけご紹介させていただきます。(被災者の個人情報のこともありますので、今回は町名等を省かせていただきます。)

「家を建てるために業者さんにお願いしました。しかし私たちが業者さんに従わざるを得ないのです。設計図通りにはいかず、業者の都合に合わさざるを得ないのです。“ここは縮めてください”とか、“これは作れません”とか途中で言われるのです。また“資材がない”とか、家も予定通りに建ててもらえず、いつ引っ越せるのかわからないのです。」

「建築業者さんと相談したくても、自宅には来てもらえないために、仕事を休んで遠方の事務所まで私が出向いて行かねばならないのです。生活のために働いている私は、なかなか休みを取ることができず、相談にも行けず、家の建築も思うように行かないのです。業者の人手が無いとか、資材が無いとか言われるのです。国の仕事にとられ、福島のためには人でも資材も無いようなのです。」

「障害者のために集まる場所をプレハブで作ることにしました。建てる際、トイレ設置も頼んだはずです。だのに、ほぼ完成した今になって、“トイレは作れない”と言うのです。交渉をしているのですが・・・。」
(普通、今は、お客の望みを優先し、業者は下手に出る時代ではないでしょうか? しかし福島の被災者は、立場が逆になっていることに私は驚愕いたしました。皆様は福島のこの状況をどうお感じになられましたでしょうか?)

「町は放射能が高い。我々は放射能のある所に帰りたくない。だのに、“平成28年3月までは、精神的賠償金は出すが、後は出さない”と言う。国からの圧力がかかるのです。稲作りも未だ町全体の許可は出ていない。だのに“野菜を作ってよい”と来た。我々は作っても食べたくない。子供たちはもう町には帰らない。若者がいない所、何も無い町にどうやって住めるか? 一番辛いのは、家族が分断されたことです。」

「小高区には小学校が4校ある。学校は全部廃校です。自宅も、そして今いる仮設も0.3マイクロシーベルトある。“28年4月には住民を帰す予定”と言う。“小高に商業施設を作る”と言う。住める状態ではない。我々の仮設で帰る人はいない。人間は帰れない。小高は放射能の問題があるために、国の環境省の管轄に入る。だから町が口をはさめないのです。“商業施設を作ると言ったけど、人間は帰れないのだから、イノシシに買ってもらうのかネ”と冗談を言う人もいる。」
「常磐道開通と言ったけど、大熊町は原発の近くです。」


【不安と孤独から鬱病に…】
四畳半2間に3~4人。仮設の悪環境、希望も目標も立てられない毎日。避難先での冷たい視線。経済的不安。心を話せる友、仲間がいない孤独。そして鬱病に。鬱病になられた方々が本当にたくさんおられます。福島の被災者のように、人の許容量を超えた苦悩の連続の年月でしたら、どんな強靭な心の持ち主でも、身も心もボロボロになって当たり前でしょう。

私は毎日悩みます。鬱病になってしまった被災者をどうやったらお救いできるのか? 被災者をどうやったら正常な生活に戻していただけるのか? 私は全く力の無い、一主婦にしか過ぎません。私には、こうして福島の現実の姿をお伝えし、一人でも多くの方に、“福島の被災者の友”になっていただくことをお願いすることしかできません。


【2度とない人生を支え合って】
私が他者の命の大切さに目覚めましたのは、43歳のとき、胃がん末期で、私の1分後の命が保障されていないということを体験したからでした。その時、私の1分1秒はいただきものであることを悟ったからでした。その時以来、自分の命も他者の命も、生きとし生ける万物が“いとおしい”と思えたからでした。2度と生まれることのない人生、“幸せにならなければ嘘”と思えたからです。どんな方も。私は無力な主婦です。偉そうなことを言える立場ではありません。今までもブログで失礼なことを言ってきたかもしれませんが、どうぞお許しくださいませ。

今私たちが生きている世の中は、不条理な出来事があまりにも多すぎると感じます。人間に多少の欲があるのは、生きるためのバネとして天から戴いたのだと思いますが、欲にも節度が必要な気がします。またどんな人の心にも「愛の心」が眠っていると思います。そして「幸せを願う心」も。この世界は、助け合うことによって、互いの幸せを求め合って生きるようにと、人間は造られたのだと思います。人間は一人だけで幸せになるのは難しいと思います。他者と支え合うことによって、築いていけるものだと思います。


【支援品をお願い申し上げます】
 福島の被災者を皆様のお力によってお救いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。福島の被災者は今なお生活消耗品、食品、義援金のご支援など求めております。ご不明な点は、私、福岡までお問い合わせくださいませ。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。心から感謝申し上げつつ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-03-07 04:45 | 福島の被災地の現状
北海道、新潟、群馬、そして徳島、山梨など、各地に突然襲う大雪の被害に、戸惑いを感じます今日この頃です。大自然の前では、人の小ささと弱さを感じ、自然の力に向き合う時の人間の謙虚さの必要を問われておりますように感じさせられます。さて今日も被災地の「今」を伝えさせてください。今日はこの寒空の下で、悪環境の中でじっと耐えている学校の子どもたちの様子と、昨年、国が一早く解除宣言をする試金石とした都路町の状況について伝えさせていただきます。


【被災地の子どもたちは今】
南相馬市の旧警戒区域内にある小高区の5つの小中学校は、鹿島区内の小中学校のグラウンドにある鉄骨プレハブの仮設校舎を利用しています。鹿島小学校の仮設校舎1階で小高中学校が、鹿島中学校の仮設校舎1階で小高小学校、2階で金房小学校、鳩原小学校、福浦小学校が学んでいます。 私は2012年5月から幼稚園・学校・施設関係の支援を始めましたが、その頃の子どもたちの環境は気の毒な状態でした。当時、小高小学校の先生は私におっしゃいました。「教室は工事現場のような鉄骨なので、画びょうを使うことができないので、子どもたちの作品を展示することができない。」「1階の学校は、庭に花壇を造れるが、2階はそれができないので、2階にプランタを置いている。」「品物は欲しいけど、置くスペースが無い。」今年の2月12日に学校の状況を伺いましたら、「現在も全く変わっていない、同じです」とのことでした。

富岡町の幼稚園・小学校・中学校は「ブレーキ工場」だった所で共に学んでいます。運動会、プールなどの時には移動していると伺いました。

浪江町には幼稚園・保育園はありません。二本松に小中学校があるだけです。当時、校長先生は、「朝食を食べないで登校する子の健康が心配で」とおっしゃって、カロリーメイト等を頼まれたこともあります。

親の移動と共に転校し、登校拒否になったり、拒食症になったりする子どもたちもいるそうです。また町の方針で学校が一貫校になったために通学が不便になり、転居や夫婦別居を強いられる、さらには離婚に至るなど、原発災害は子どもにも大人にも多くの苦悩を突き付けています。

今も悪環境の中で耐えているたくさんの福島の子どもたちの苦悩を、私たちは忘れてはならないでしょうし、早く救いの手を差し伸べていかなければならないと思います。


【国の試金石となった都路町の今】
私は2014年4月26日と7月11日のブログで、都路町についてご紹介させていただきました。詳しくはそのブログをご覧いただけますと有り難く存じます。都路町が「国の試金石」であるとは、政府が、福島原発被災地の11の市町村の避難区域解除に向けた最初の試金石として、避難指示の解除を、原発20キロ圏内にある都路から始めたということです。そして順次6市町村(南相馬、川俣、楢葉、飯舘、葛尾、川内)の避難指示解除を考えているようです。

都路被災者の話です。

「原発から20キロ圏内の人は、“いまだ放射線量が高いので帰らない”と言う人が多かった。しかし20キロ圏内の人でも、“月10万円の精神的賠償金は今年の3月で打ち切る”と言われた。そして“3月までに都路に帰った人には1人90万円出す”と言う。そして帰った人には“井戸を掘ってやる”と言う。それをしてもらえるのは、同じ都路でも原発から20キロ圏内の自宅に帰った人だけです。都路の中で同じ20キロ圏内に自宅があっても、都路の自宅に帰らずに仮設に残る人や、放射能を避けて30キロ圏内に家を建てた人、都路の外に移住した人には何も出ません。それで、3月までに自宅に帰ると言う人が出始めました。家の周りのみ除染して“大丈夫”と言うが、山の方は線量が高いんです。」

「20キロ圏外の人は月額10万円の賠償金を24年8月で打ち切られた。それでこのたび104戸380名が訴訟を起こした。関連死で亡くなった人に対し、国や東電からの賠償もない。どうなるのか、我々にはわからない。」

放射能に怯える被災者の現実。賠償金を打ち切られ、生活に困窮しておられる被災者の現実に目を向けず、強引に帰還を進めるやり方に悲しみを感じるのは私だけでしょうか?


【生きる力アドバイス】(15回目)
人は幸せになるために生まれました。1分1秒は戴きものであって、天から戴いた私の1分1秒を大切にしなければなりません。人は一瞬で生まれ変わることができます。あなたは、あなたの考え方によって変わることができます。悲観的な思いはあなたのエネルギーを失わせ、憂鬱な真綿であなたを縛り、生きる力を失わせます。そして不幸の虜にしてしまいます。しかし良い思いは、あなたの心を明るくし、幸せで私を包み、その幸せの輪は人をも幸せで包み、互いの生きる力となるでしょう。

私たちは幸せになるためにこの世に生まれました。苦しみからも学ぶことができます。逆境に遭い、自分の思い通りに行かない時に挫折を味わい、自分の弱さや限界に直面した時に、初めて自分を見つめ、好調の時には気づくことのなかった人生の悟りを得ることができます。失敗をもって学び、許されて有り難さを知り、無に直面して、物の有り難さ、人情の有り難さ、謙虚の素晴らしさ、自己の小ささを悟り、心の自由、執着の空しさ等、心の世界、魂の世界の大切さに気づきます。非道な扱いをされてみて、体験して初めて人の道のあり方に気づかされます。人生は学びの時間を天から戴いているような気がします。悲しみも喜びも苦悩も、すべてを天からの宿題であるプレゼントとして、自分の成熟のために与えられた体験と考え、大きな人間に成長していきませんか? 体験は学びの時です。そして、人は体験してみて、初めて、人を理解できる、真の友となることができるのでしょう。涙、悲しみ、人の苦悩を理解できる大きな人になれるのでしょう。


【支援品をお願い申し上げます】
賠償金を打ち切られた被災者、特に働けない方や高齢者は困っています。毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品のご支援をよろしくお願い申し上げます。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-02-15 23:06 | 福島の被災地の現状
節分の頃までは全国的に厳しい寒さになるようですし、インフルエンザも流行っているようですので、くれぐれもご健康にお気をつけくださいますように!

さて今日も、被災地の「今」を伝えさせていただきます。私の情報は、すべて福島の被災者から直接伺いました生の声ですので、一般にテレビなどで報道されておりますことと、異なることが多少あるかと存じますが、現地の方々の「声」そのままですので、そのようなものとしてご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 今日は楢葉町の方の声と、福島第一原発の現場で働いておられます方の声を伝えさせていただきます。


【楢葉町の方の声】
「楢葉町は2015年春以降に帰町宣言する、と聞きました。しかし現実は安心できる状態ではありません。調整懇談会の折に、町民の声として、“それなら自分で住んでみたらよい”と言う人がいたため、町長や役場の幹部職員は2014年12月から住み始めました。」

「店は楢葉役場の駐車場に3戸あるのみです。楢葉商店街として1戸、食堂1戸、そば屋1戸、3戸で店をしています。」

「通勤の時、国道6号線は混んでいます。夜は暗い。放射能もまだあり。私の家は、家の中は0.19~0.24マイクロシーベルト、台所は0.19~0.2、ゆず畑は0.5~0.6です。“森林は除染しない”と言う。だから山に近い方は放射線の値が高い。我が家の垣根、木は線量が高いです。除染していないです。」

「木戸ダムは5か町村(双葉、大熊、富岡、楢葉、広野)が飲料水に使っているダムです。しかし、ダム底の一番下には13000ベクレルのセシウムがあります。“水源は60メートル下だから、セシウムは上がってこないので大丈夫”と環境省はいう。近代的フィルターを付けて、毎日検査をする。除染はしない、と言う。我々は、台風が来たら水は混ざるのではないか?と心配します。」

「畑にはイノシシの足跡があり、自宅には怖くていられません。」
 

【第一原発の現場で働いておられる方の声】
「現場に全国からトラックが資材を持って毎日入ってきます。ミキサー、ダンプ、ジャリ車なども。心配するのは、現場でタイヤなどが汚染され、汚染された車が堂々と全国の国道を走り、全国に帰って行ってることです。関東から資材を持ってきて汚染された車が、関東に戻っていることです。これが放射能をばらまいていることです。トラックは全国走っています。全国ばらまいていることではないかと心配です。」

「震災前は、CTMが50~60CTM(*当人の説明によると、空気中の汚染を測る機械の数値のようです)までOKだったのに、今は12000CTMまでOKとなった。これは外国のデータに合わせた。12000CTMまで汚染した車が全国を走っているのです。」

「第一原発で使った工具(震災前は120CTMで汚染とされていたのに、今は400CTMまでOKとなった)を都内で使っています。汚染物が全国に蔓延していることにならないかと心配です。」

「第一原発を造って30年になります。震災前も変形した魚がいっぱいとれた。ひれが2つあるとか、背骨が曲がったのとか。」

皆様、放射能問題を他人事にしてはならないと思いませんか? 私たちの生命に関わることとして、再度真剣に向き合ってみてはいかがでしょうか? 福島を忘れることは、生命を疎んじることではないでしょうか? 皆様の手で福島の被災者を助けてくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【生きる力アドバイス】(14回目)
どんな人も、どんな小さい命も、どんなに弱そうで、貧しそうに見える人も疎んじてはなりません。むしろ弱そうに見える人こそ、大切に重んじなければなりません。この世は一人一人で成り立っているのですから。一人一人には大切なこの世での役目があるのですから。色は12色で織りなされていますが、互いの色が融合して、この美しい世界、自然を形作っています。赤は赤ですし、黄色は黄色です。赤は黄色や青色にはなれません。人間も一緒です。社交家のあなたがおとなしくなれって言われても無理でしょう?

一人一人に特徴があって、一人一人に自分の世界があり、一人一人の世界を互いに尊重しなければなりません。成熟した人間は心広く、思いやりがあり、心豊かで、相手の悲しみも苦しみも涙もわかる人です。そして相手の世界も尊重できる人です。人は生涯をかけて自分を磨くために生まれました。天に帰る時が、私の完成の時です。ご一緒に、神様のもとに帰る時に、神様からご褒美をいただきましょう。


【支援品をお願い申し上げます】
毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品のご支援をよろしくお願い申し上げます。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-01-31 04:46 | 福島の被災地の現状
新年のお慶びを申し上げます。昨年はお世話になりまして、有難うございました。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年も被災者の方々からたくさんのお便りや写真も届きました。「避難生活も4年目となりました。まだ先が見えません…」と悲しく辛い便りが多いでした。

a0308604_8464756.jpg

この写真は、仮設住宅を照らす初日の出です。わかりにくい写真かもしれませんが、私はこの写真に様々な思いを感じました。今年も家族バラバラで元旦の朝を迎えなければならない被災者の悲しみ。「くじけず、がんばれよ!」と励ましを与えているような、元旦の天からの光! 私たち支援者も、この元旦の光のようでありたいと思いました。皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

今日も福島被災者の現実を伝えさせていただきたいと存じます。新年早々ではありますが、今も変わらない現実の写真と、被災者からの便りを、本人の了解をいただきましたので、ご紹介させていただき、被災者への理解を深めていただければと存じます。


【浪江町の方からの便り】
「故郷に戻れない正月は4度目を迎えます。避難して丸4年になりますのに、まだこうして忘れないで気にかけていただき、ありがとうございます。皆様に感謝の気持ちを伝えたく、手を合わせております。…今まで当たり前だったことが全て否定され、できたものができなくなり、気がつけば、『私は誰? ここはどこ?』といった途方に暮れた毎日です。請戸(うけど)漁港は私が生まれ育った港ですが、子供の頃から、沖を通るフェリーを見て、いつか乗ってみたいと思いながら生活してました。その港が津波で流され、130隻くらいあった船が7隻になりました。一部落全滅です。津波だけなら立ち直れたのに、すぐに原発の放射能で、目に見えない物との戦いです。そして、関連死が後を絶ちません。宮城県の三陸あたりは復興のテレビを見ますが、私たちの所は映りません。我が家は海から少し離れた高台なので家は残っています。時々、2時間かけて家の掃除に帰りますが、道路は草に覆われ、庭はイノシシが穴を掘ったり、動物の棲み家です。原発で働いている人は、『私たちの浪江は30年帰れない』と言いますが、国は避難指示を早く解除したいでしょう。若い人は帰りません。死の町に若い人は住みません。一口では言い切れませんので、こんな話は止めましょう。」

「いまだに震災のままの場所があります。今でも変わっていません。変わり果てた故郷…。1冊のアルバムにしました。写真の一部を送ります。正月早々、こんな写真を見たくないでしょうが、現実を知ってほしいです。2年前に撮った写真ですが、今も変わっておりません。」

a0308604_8465150.jpg

「浪江町のあった真ん中です。大きな石が流され、車も見ての通りです。」

a0308604_8461557.jpg

「船が陸上に上がってひっくりかえっています。120隻以上の船が陸上がりしました。私の実家も津波で流され、兄、姉も流され亡くなりました。いまだ遺骨が見つかりません。」

a0308604_8455722.jpg

「ガレキはあちこち山になっています。前方、左奥の木が立っている所が海です。」


【奥様を津波で亡くされ、一人、仮設におられる方】
「私の家は津波で流され、妻も亡くなりました。一人で遺骨と共に住んでおります。原発のためにお墓に入れることができません。せめて温かいおしぼりで、遺影の写真に語りかけながら毎朝拭いております。家内の遺骨といつも一緒です。食事をするときも遺骨と一緒、遺骨にしゃべりながら生活しています。今年は金婚式でした。妻は生前、金婚式は日光に行きたい、と言っていたので、写真と遺骨を持って行ってきました。周りはカップルばかりで淋しかった。」


【飯館村の借り上げ住宅の方】
「『被曝を避けて、故郷を離れたら?』と言われます。しかし私たちは離れるわけにはいかないのです。国は私たちの土地、家屋を買い上げてはくれません。それどころか、故郷は自分たちで管理するように言われました。いつ帰っても良いように、故郷を、田畑を自分たちで管理しなければなりません。放っておいたら、草が生い茂ってしまいます。我々は手入れをしなければなりません。だから離れるわけにはいかないのです。通える距離にいなければならないのです。自分の土地の維持管理は死ぬまで自分たちでしなければならないのです。」


【驚くべき現実】
皆様、このたび被災者から聞いて私は驚きました。被災者の方々が自宅から離れられないことの理由が、単に「自宅に帰りたい」という個人の思いだけではなかったのです。国が、被災者の土地(田畑)の管理を被災者に託すという政策をとっている、という現実があるのです。それは、放射線量が高くて住める状態ではない地にいずれは被災者を帰すためです。いまだに放射線量が高いために4時間くらいしかいられない場所にある自宅に、被災者は通っているのです。田畑が荒れては困るからです。しかも何年先に帰れるかわからない所、30年先かもわからない所にです。被災者は国の方針に逆らうこともできず、黙って耐えています。被災者をすべて(放射能汚染が心配で帰還をためらう被災者の方をも)いずれは帰還させるという方針を国がとっているのは、帰還させれば賠償金を打ち切ることができるからではないかと思います。

皆様、福島の現実はあまりにも酷いとは思いませんか? 私たちは被災者の現実をあまりに知らなさすぎる、とは思いませんか? 私たちはもっと福島を直視し、被災者を理解しようではありませんか。そして苦悩する福島の被災者に救いの手を差し伸べてくださいますよう、お願い申し上げます。福島の被災者はいまだ物資支援を必要としておられます。生活消耗品、食料品、義援金などをよろしくお願い申し上げます。


【生きる力アドバイス】(13回目)
朝、目覚めた時から幸せ探しをいたしましょう。気に入ったノートに、気づいた幸せを書き留めましょう。幸せとは命があること、動けること、食事があること、排便できたこと。太陽の暖かさ、風、雨、虫の音色・・・書き留めたら、それを心ゆくまで味わいましょう。最初は気がつかないかもしれません。書き留めているうちに、私はたくさんの幸せに囲まれていることに気づき、心温かくなるでしょう。


【支援品をお願い申し上げます】
毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品はたいへん喜ばれます。経済的にひっ迫している被災者は少なくありません。被災地の送り先をお知らせいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-01-13 08:54 | 福島の被災地の現状
今年もあとわずかとなりました。年月は「今」の積み重ね、一瞬一秒は天から戴いた「賜物」「贈り物」なのでしょうが、そのことに気づいておられます方は、時の過ごし方が違うのではないでしょうか、と思います今日この頃です。

今年も被災者の皆様に対してお寄せいただきました沢山のまごころに、心から有難うございました。苦悩ある方々に心から寄り添っていただきましたお一人お一人に、心から感謝申し上げます。

被災者は社会から忘れられようとしております。「もう解決されていると思っていた」「現実を知って驚きました。テレビでも新聞でも福島被災者のことは言わなくなったので、解決したと思っていました」「総理は“対処する”と言ったので、対処したと思っていました」等、福島のことは解決したと思っておられる方が意外と多いことに私は驚いております。またもう一つの驚きは、テレビや新聞の報道への信頼の深さ、テレビや新聞の報道のみが真実と思っておられる方が少なくないことです。それだけにテレビなどのマスコミ報道の在り方、責任性が問われる現代ではないでしょうか。

原子力規制委員会は原発再稼働に向けた安全審査において、川内原発、高浜原発について、新規制基準「合格」を了承したとのことです。しかし現在、全国の火山活動が活発になってきたようですし、毎日地震が各地にあり、「日本は“地震活動期”に突入した」(京都大学教授、内閣官房参与の藤井聡氏、月刊誌『Voice』2014年4月3日)とも言われています。ですのに、なぜ原発ゼロを続けていられないのかが不思議でなりません。

そして原発犠牲者の苦悩に目を向けようとせず、生命と生活をますます脅かそうとしている国のあり方に、私たち国民がもっと目を向けて、国としての対策をとっていただけるように多くの方々に声を上げていただけたら、と願います。


【被災者の声―総選挙の投票に行けなかった理由】
「被災者の投票率は低かった、と私たちは聞いています。当然です。行きたくても行けなかったのです。県外に避難した人には、投票用紙が簡単には届きませんでした。投票するためには、簡単にいかず、役場に2度ほど通信のやり取りをしなければなりませんでした。面倒くさくなり、あきらめた人もいます。雪の多い所、不便な仮設に住んでいる高齢者、病人は、投票所が遠く、足元も滑りやすく、行きたくても行けませんでした。どうして仮設で投票できないのか、考慮してほしかったです。とても残念で悔しく思いました。」


【復興住宅入居の条件】
「75歳以上でないと入居できません。私は年齢が及ばず、入居できないのです」
「ネコでも犬でもペットのいる人は入れないんです」
「借金のある人や固定資産税を納めていない人は入居できません」

皆様、津波で自宅を流され、身内を目の前で流され、悲しみと苦悩を背負った方々ではありませんか? 原発事故のために、自宅を離れ、肉親もバラバラになり、今なお自宅があっても住めず、人によっては住めない自宅のローンさえ払い続けているという不条理。しかも、四畳半一間の湿気が多く寒く環境が最悪の仮設住宅に4年近くも忍耐させられ、いまだに住み続けなければならないという、劣悪な状況におられる方々です。どうしてこれほど被災者の皆様が苦しまなければならないのでしょうか?

何か被災者方は悪いことをしましたか? 犯罪行為をしましたか? 罪を犯すどころか、むしろ私たちの電気のために、彼らは犠牲者になったのです。私たちが当たり前のように使う電化生活、電灯、乗り物、テレビ等、私たちは原発犠牲者のおかげで生活しておりますことを、思ってもよいのではないでしょうか? 

せめて1日も早く人間らしい生活ができるようにすることは、最優先事項として国が取り組むべきことではないでしょうか? 日本には生活保護法というのがあります。被災者方にはこの法律を適用しても良いのではないでしょうか? 被災者は、原発被災者は、人間としての権利を何もかも失いました。居住環境権、財産所有権。避難先の住民票取得不可、そのために就職できずに若い人が職を求めて家族がバラバラ、被災者へのいじめ、銀行から融資が受けられず開業できない企業者…。被災者の犠牲は計り知れません。

被災者の問題を、国は最優先課題として取り組んでいただきたいと切望いたします。

2016年3月31日までは仮設住宅にいられるということです。後1年3か月です。それまでに被災者は自己の進退を決めなければならないのでしょう。しかし現実は、厳しいものです。行く当てのない人もいます。若い人とは離れてしまい、一人暮らしになった高齢者が多いです。資金もありません。国は引っ越せるだけの資金は出しません。帰還するにも除染は不十分、ネズミやハクビシンなどの住まいになった自宅は、建て直さなければ生活ができません。しかしその費用はありません。帰還しても、店も病院もなく人がいない所では生活はできません。高齢者は「仮設で死ぬより、自宅で死にたい」と言うそうです。自宅に片づけに行った高齢者が自殺した、という話はよく聞きます。


【被災者に笑顔と希望を・・・】
皆様、被災者がこのままで良いはずはありません。皆様の手でお救いいただきたく、よろしくお願い申し上げます。新しい年、被災者に少しでも笑顔と希望が持てますように、そして皆様が被災者の“救いの天使”になってくださいますよう、心からよろしくお願い申し上げます。

今年もお世話になり、本当に有難うございました。皆様もご健康に気をつけられて、良いお年をお迎えくださいますように。心からの感謝のうちに、皆様のお幸せをお祈り申し上げております。


【生きる力アドバイス】(12回目)
私を平和の道具としてください。憎しみのあるところに愛を、争いのあるところに許しを、誤りのあるところに真理を、絶望のあるところに希望を、悲しみのあるところに喜びを、慰めと癒しを。温かな愛の光で包む平和の道具としてください。 


【支援品をお願い申し上げます】
毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品のご支援をよろしくお願い申し上げます。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2014-12-19 22:26 | 福島の被災地の現状
12月14日、間もなく衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査の投票日です。一人でも多くの方が投票に行かれ、国民主体の政治になりますよう、願ってやみません。
さて、今日も被災地の今を伝えさせてください。今日は寒さに向かう仮設住宅、2016年3月31日までに帰還や引っ越しを迫られている被災者についてお伝えいたします。


【寒さに向かう仮設住宅】
災害当初、仮設住宅は「2年もてばよい」という計画で、住宅専門でない建築会社でも建てられるように、建築マニュアルに基づいて建てられた、と聞いております。そのため、大手住宅建築会社の仮設住宅はきちんとしているが、そうでない仮設住宅は、最初から隙間風が入ったり、湿気が多かったり、床が抜けたりして、問題が多い仮設もあった、と聞いております。木造建築の所もあれば、プレハブの所もあり、鉄骨むき出しの所もあります。窓が無く風通しの悪い所、外を通る人から中が丸見えの所、壁が薄く話し声が筒抜けの所など、仮設での生活はストレスがたまる一方だとも聞きました。仮設住宅がある場所は不便なところが多く、山の中であったり、あぜ道より低い田畑にあるために、雨が降ると水が溜まる仮設、湿気で結露が多くカビが生え寒くてやりきれない仮設、夏になるとサウナ風呂のように暑くてやりきれない仮設があります。仮設にもよりますが、被災者の皆さんの苦悩は半端ではありません。しかも仮設は4畳半1間、家族の人数によっては2間、そんな中で4年近くも耐えて、いまだ住居が見つかるまでは耐え抜かなければなりません。

被災者の言葉です。
「3畳半と4畳半の2間しかない(夫婦二人です)。それに台所とトイレ、風呂場、何も置けない。段ボールに入れたり出したりして生活している。タンスのタの字も置けない。置いたら寝る所がない。精神的におかしくなってくる。だから自殺者も出る。慣れるなんていうことはない。早くこの生活から解放してほしい。だんだん苦しくなってくるよ。助けて欲しいよ! あと2年我慢しなきゃいけないんだよ。計6年も我慢だよ。もう我慢できないよ!」

悲痛な叫びでした。1日も早い解決を! どうして国は被災者を放っておくのでしょうか?

東北の冬は早く、お盆を過ぎた頃から寒さに向かう仮設もあります。すでに雪が降り、凍結し、買い物には出かけられなくなった所もあります。湿気と結露とカビで悩まされ、毎日、天井から滴り落ちる水を拭きながら生活している所もあります。「窓は寒いので、ビニールを張り、床も冷えるのでアルミを張って冬を乗り越えるようにしています」と言う被災者もいます。買い物にも行けず、高齢者、病人の多い仮設、経済的に恵まれない方には、食品、生活消耗品(トイレットペーパー、洗剤、ホカロン)、下着、毛布などは有難い支援品です。


【2016年4月を帰還目標にされた被災者】
国は一様に2016年4月の帰還を目標にしたようです。そのために除染作業に資金を投じ、放射線量が高く、泊まることができないでいた被災者の家の家財の処分を、東電も国も積極的に手伝うようになりました。4年近く放置した家はカビが生え、ネズミやハクビシン、イノシシ、サル、ヘビなどに荒らされ、住める状態ではなく、建て替えなければならない状態です。国も東電も、家財の処分は手伝ってくれるとしても、建て替えや修理の費用まで出してくれるとは聞いておりません。被災者は「交渉中だ」と言っております。小高区も楢葉も、どこも被災地の放射線量はいまだ高く、第一原発ではいまだ放射能が漏れていると聞いておりますのに。どうして被災者の被曝のことに目を向けず、一方的に2年後の帰還宣言をし、何もかもそれに合わせようとするのでしょうか?

放射能の問題への対処は、まず、第一原発の放射能流出、拡散された汚染状況を確認し、被曝への安全対策を行い、あらゆる面で確認には確認を重ね、後世の子孫に悔いを残さないよう責任を持ち、年数をかけても人命と生活を守ることを最優先とするべきではないでしょうか? これは責任をなすりつけ合うことではなく、党派を超えて、世紀の出来事として解決すべき問題です。あらゆる資金を投じて原発被災者の命と生活を守り、いつまでも仮設住宅に封じ込めることなく、早く普通の人間らしい生活に被災者を戻すこと。これが何よりも最優先ではないでしょうか? 国の資金もこのために使われるなら、国民も納得するでしょう。むしろ国の資金が国民の命と生活を守ることに使われていないことが国民の怒りになっているのではないでしょうか?

国が2016年4月を帰還目標にしているために、仮設住宅も2016年3月31日までは居住できる、と言われているとのことです。その後はいくつかの仮設住宅は取り壊される、と聞きました。帰還する人は帰還するように、引っ越す人は引っ越すように、その時に被災者は迫られるようです。かといって、復興住宅の建設も遅々として進んでいません。国としては2016年までに十分な数の復興住宅を完成させる予定とは思いますが。

ある被災者家族の実情です。7人家族で、父は病身、要介護。夫は被曝手帳保持者、生活のために単身で原発に働きに行っています。娘は知的障害者、他3人の息子。40代の妻が多くの病気を持ちながらも一生懸命家庭を支えています。これまで、会津の雪多い仮設住宅を3戸借りて、家族が支え合い生きてきました。彼女は、「来年は復興住宅に入居しようかと思います。復興住宅は5畳半3部屋、リビング3畳、クローゼット一つ、和室には押入れがあります。エアコンのカーテンもガス台も電球も無いけど、仮設よりも良いです。足を伸ばせるし、やっと我が家を持てます。7人なので1戸では足りないので、2戸借りるつもりです」と嬉々としていました。しかし私は思いとどまらせました。「狭い復興住宅を2戸借りて入居するのはやめたほうがよい。中古でもよいから、家族そろって住める家、もっとゆとりのある家を探した方がよい。国の流れに身を任せないで下さい。将来のことをちゃんと考えてください」と私は申し上げました。

原発被災者は、仮設住宅で生活されてこられた方々は、早く今の状況から解放されたいのでしょう。「足を伸ばしたい」「近隣に気を使うことなく話をしたい、テレビを見たい」「自分の家を持ちたい」「押入れ、クローゼットが欲しい」など。今まで我慢に我慢をしてこられた方の「解放されたい気持ち」が焦りとなって、狭く不便な復興住宅への入居を選んでしまう――このことが、後に大きな悔いとならなければよいが、と私は心配しております。復興住宅の建設も、入居する人の立場に立って建てて欲しいと思うのですが。


【生きる力アドバイス】(11回目)
目標をもって生きること、これはとても大切なような気がします。一人一人には自分にしかなし得ない特技があると思います。細かいことが好きな人、人と会うのが好きな人、静かに瞑想するのが好きな人、掃除をするのが好きな人、土いじりが好きな人、赤ん坊が好きな人、人の世話をするのが好きな人。一人一人が自分の得意とする技があり、得意分野があると思います。その技を互いに出し合い、生かし合い、支え合って、他者を喜ばせるために奉仕し合ったら、素敵な世の中にならないでしょうか? そして自分も輝くのではないでしょうか?


【支援品をお願い申し上げます】
寒さが厳しくなってまいりました。毛布、ホカロン、マスク、老人用紙パンツ、トイレットペーパー、洗剤などの日用品、水、米、調味料、乾物、缶詰、駄菓子、お茶、くだもの、野菜などの食料品のご支援をよろしくお願い申し上げます。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2014-12-10 09:29 | 福島の被災地の現状