2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:福島の被災地の現状( 55 )

急に肌寒く感じられるようになりました。空気も乾燥し、喉も傷めやすく、ノロウイルスにも注意を要する季節になりました。体調も崩しやすい時期かと思いますので、どうか気をつけてお過ごしくださいますように。

旭化成建材問題、データ改ざん、汚職、国の秘密主義、マイナンバー制度。国民が納得しないうちに、次々に決定され、将来の不安を誰もが感じるようになりましたこの頃です。本当に私たちの人権、自由はどうなるのか。安心した社会づくりに逆行してしまうのではないか。詐欺、不正が巧妙にエスカレートし、殺人が日常化してしまった日本。私たちの手で、前のように穏やかで平和な日本を取り戻すことはできないものでしょうか? 


【被災者の住居へのずさんさ】
旭化成建材問題は本当に大問題で、被害を受けられた方への対策を国としても対応できないのでしょうか、と胸を痛めておりますが、福島被災者の住宅に対する国の対応のずさんさに、「無慈悲」という言葉と「絶望感」という思いが私の中にも湧いてくるようになりました。

復興住宅に引っ越しされた方からの話です。
「普通は引っ越す前に、建築会社が建物をチェックし、公営住宅なら、県の職員も確認をして、承認を得てから引っ越すのが普通でないかと思うのです。ですのに、私たちが引っ越してからチェックしに来るのです。びっくりしたのは、新築したばかりの住宅なのに、もうかびているのです。それにエアコンの管が押入れの中を通っているのです。これでは布団が湿気てしまいます。

私たちは無料で入居したのではないのです。3か月分の家賃を前払いし、毎月の家賃も払い、もう被災者扱いではないので、エアコン・ガスレンジ・照明器具・カーテンなど、50万円はかかりました。被災者は自分で自分の家を決められないのです。県がくじ引きで決め、私たちは言われた所に入所するしかないのです。事前に見ることもできず、鍵を渡されたら20日以内に引っ越さなければなりません。鍵を渡されて、初めて家の中を見るのです。窓があるとかないとか、不足があっても受け入れるしかありません。」

仮設住宅もマニュアルに沿って建てたということでしたが、床も抜け、隙間風が入り、湿気が多く、ずさんさそのものでした。公営住宅と言われる復興住宅も、被災者の住居だからと言ってずさんでよい、と許してよいのでしょうか? 2011年の3.11から苦しみ通してこられた方々に、「これでもか、これでもか」となぜ苦悩を与え続けるのでしょうか?


【総理をはじめ議員さん、指導的立場の方に】
子供のいじめ問題、パワハラ、セクハラ、ママハラなどが問題になっております。しかし、福島原発被災者への国の対応を見ると、国を挙げての“いじめ”のように感じてしまうのは、私の思い過ごしでしょうか? 被災者の命と生活を救おうとする本気度の無さ。被災者方は言います。「議員さんたち、私たちの所に来て、一緒に住み、生活してみてください。そうすれば、私たちの苦悩はわかります。だのに、誰一人としてきたことが無い。体験しないでどうしてわかるのか?」

福島第一原発で働く人の声です。
「総理が来るとなると、我々は仕事を止めて、総理が通るところを片付け、掃除をします。見せるコースも決めています。」

私は思います。国としては対外関係の目標があって、総理が諸外国を訪問される時に、多額の援助資金を約束されるでしょう。経済を目標にされてかと思いますが。その資金があるなら、まず苦しんでいる自国の国民に目を向け救うことを最優先にすべきではないでしょうか? 大変申し上げにくいことですが、総理をはじめ、議員様方のお給料、あらゆる国の財源は国民の税金で賄われているのではないでしょうか?

言葉よりも、生きる姿かと思います。君子の民を思う信念、生き方、自ら身を引き締め、質素で慈愛深いお姿とお心に、天の悟りと知恵を賜物としていただき、歴史に名を残す君子となられるのではないでしょうか? 議員の皆様に。あらゆるお立場の、人を導き、上司と言われる方々に、日本を変える君子となっていただけますよう心からお願い致したく存じます。

あらゆる面で失望し、元気を失ってしまった日本です。明治維新の時のように、日本に命を吹き返す志ある方々が使命感を抱いて立ち向かってくださいますようにとお願い申し上げます。「お金を求めれば、お金は逃げていく」という言葉を聴いたような気がします。「命を大切にし、愛し合うことを大切にしていると、自然に天は必要なものを計らい、あらゆる面で安定する」と聞いております。


【被災者の帰還について】
国は、被災者の方々のほとんどに平成29年3月には元の町や村に帰ってもらうようにするつもりでいます。「町として恐れていることは、人口流出です」と役場の幹部は言っております。「一人でも多く帰って欲しいのです。」仮設住宅もその頃から壊し始めるでしょう。国からの地方交付金は人口数で決められる、と聞いております。人口の多い都市は補助金は多く、人口の少ない市町村は補助金が少ないために、役場の資金源も少ないことになり、人口流出は資金不足となり、深刻なことにもなり得ると聞いております。

しかし現実、帰るに帰れない村人の方をご紹介いたします。今は仮設に住んでいる川内村の80代の女性の方です。「災害前、子どもたちは皆、県外遠くに嫁ぎ、夫婦二人で農業をしながら生活してました。その後、夫は病気、入院し、費用が掛かったために、国民年金のための保険料を払うお金が無く、一時期、支払うことができませんでした。その後、夫が元気になったので、未納分のお金を支払いに行ったら、“支払えなかった時の手続きをしなかったので、今は手続きができないのでダメです”と断られ、そのために、いま国民年金は月3万円です。夫は災害前に無くなりました。

川内村の我が家は、災害で屋根も壊れ、家も崩れそうなので、何十本の棒で家を支えています。そんな所で私は怖くて寝られません。自分もつぶされます。私の家は原発から30キロです。ですので、お金もいただいてないし、賠償も補償もありません。29年春に仮設を出たら、どうなるかわかりません。」

皆様、福島の方々の現実を忘れないで欲しいのです。無関心とならず、皆様で福島を風化させないよう、ネットで拡散していただきたいのです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


【支援品をお願い申し上げます】
被災地はこれから寒さが厳しくなっていきます。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。恐れ入りますが、これらのご連絡につきましてはAM11:00~17:30にお願いいたします。なお、すぐにお返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-11-02 11:04 | 福島の被災地の現状

被災者を思って・・・・

今日は10月11日です。東日本大震災から丸4年7か月経ちました。被災者の皆様は、今、あの大惨事の体験を思い起こし、4年7か月の月日の流れの苦悩を思い、胸が締め付けられる思いで、悔しさと涙で鎮魂式にあずかっておられますことに心を合わせ、亡くなられた方々にご冥福を祈りつつ、今日はブログの原稿を書かせていただきます。

今日のこのブログをご覧いただきました皆様も、あの震災を思い起こし、亡くなられました方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の方々や今なお苦悩の最中におられます被災者を思っていただきたく、よろしくお願い申し上げます。


【良心の声に耳を傾け】
平和とは何でしょうか? 人の幸せとは何でしょうか? 人生の生きる意味とは何でしょうか? 私の存在の意味とは。お一人お一人の存在の意味とは。何で一生懸命働くのでしょうか。何で人権を守り、いのちを守り、子どもも大人の人格も大切にしなければならないのでしょうか。私たち一人一人は何のためにこの世に生まれたのでしょう。共存する動物も植物も大自然も、どうして大切にし、尊ばなければならないのでしょう。医学、科学、研究、学問はどうして発展する必要があるのでしょう。国家は、政治は、元首と国民との関係は。他国への尊厳は。経済の向上の目的は…などなど、幼い子供が大人に問いかけるように、私も失礼ながら問いかけてみたいと思います。

争いはどうして続くのでしょう。国土の争いのみならず、職場、学校、家庭の中でさえ、人が集まる中には大小の違いがあっても、人間には争いがつきもののような気がします。その争いの元は私の心の中にもあり、私の心の中を見ると、善と悪、闇と光、悪魔と天使が共存し、私がどちらを選ぶかによって、選んだものがニョキニョキと頭を持ち上げ、私はそれに自分も支配されて行動してしまっているような気がします。

私が子供の頃、学校では「道徳」という時間があって、“人の道”や“自分の心に宿っている「良心」”について学びました。そして人の道を外れてはならないことや、良心の声を聴くことの大切さを学びました。そして親からは、「ののさんが見ているから」(仏さんか神様のことだと思います)、「おてんとうさんが見ているから」と赤ん坊の時から言われ、何かにつけて仏壇に手を合わせることを学び、毎日のおやつも仏壇に頭を下げてから食べていました。戴き物はまず仏壇に置き、報告はまず仏壇に、と、私が育った家は“ののさん”が生活の中に浸透していたような気がします。今の時代、古臭いと思われるかもしれませんが、子どもに“ののさん”の存在を教え、道徳や良心の声の存在を教えてくださった昔の教育に、私は心から感謝しております。

“争いの根”が自分の心の中にあることに気づいた時、素直に詫びる気持ちも湧いてきます。そして気まずかった人との間にも平和が戻り、心安らかになることができます。偉そうなことは言えませんが、一人一人、ご自分の心の中にある“良心の声”に耳を傾け、我欲に注意するなら、つまり、私の心の中にある二つの声、善と悪の悪を退け、善の声に従って行動するなら、私たちの住む世界は良い方向に変わっていけるのではないでしょうか。国の元首も、私たち国民一人一人も、責任を他者のせいにせず、自分の心の中を見つめ、自分の心の開拓をし合いませんか? 自分の心の開拓に気づき始めた時に、味わったことのない「幸せ感」を味わっていただけるかと思います。


【都路の現状】
台風の災害を受け、350カ所で地滑り、土砂崩れがあったことを前回のブログでご紹介いたしました。昨日、都路の方よりメールをいただきましたので、お知らせいたします。「道路などは直していただけますが、家の敷地とか田畑は予算が無いとの行政のお話でした。都路全体には小さな被害は無数にあります。」日頃、収入が乏しい方々は、どうして生計を立てていらっしゃるかを私は日々心配しております。


【楢葉町の現状】
楢葉町は帰還困難区域ではなく、居住制限区域と帰還準備区域でしたので、全町民は今年の9月5日に解除され、宿泊をして良いという通達が行政よりありました。しかし、現実の状況をお知らせしたいと思います。

1000戸解体をしなければならないそうで、現在、解体中とのことです。(賠償金は1500万円まで出すので、各自、自分でするようにとのことです。しかしこれだけでは生活できないようです。)地震のための解体700戸、ネズミやイノシシの棲家となって住めない家300戸解体。

楢葉町には全国から来た除染作業員のために大手ゼネコンが宿泊場所を何十カ所と建て、楢葉町の雰囲気は変わり、治安が悪くなり、安心して自宅に泊まれなくなったとのことです。防犯パトロールも町として始まり、日中は自宅に帰れても、夜は怖くなり泊まれないとのことです。「自宅にいる時は、電気を消して漏れないようにカーテンをかけている」ということです。また警察からは「電気の明かりを漏らさないように」と言われているそうです。

「自分の町に行っても、まわりに電気の明かりは見えません。真っ暗です。」
「家に車が無いとなると、泥棒の絶好のチャンスです。だから私たちは自宅に物を安心して置けないのです。」
「10月1日から病院(元々の内科の先生)が1軒、始まりました。」
「店としては、食堂2軒(10人も入ればいっぱいの所)、コンビニ2軒、仮設のスーパー(10坪~12坪)。日用品、刺身、肉はあるが、大勢で行けば、あっという間になくなってしまう。」
「除染は一通り終わったと言う。しかし平均0.3~0.5マイクロシーベルト、高い所で0.5~0.7マイクロシーベルトあります。」
「町としては人口の流出を避けたい。一人でも多く残ってほしい。だから我々には移住の情報は届かない。移住についての情報が欲しい。」
「批判や喧嘩だけでなく、建設的な意見を出していかないと駄目と思う。互いに助け合いが必要と思う。皆で知恵を出し合い、育て合うことが必要と思う。」


【避難者数と復興住宅建設状況】
震災直後は避難者数47万人。2015年8月末は19万8513人。現在、建設済みの災害公営住宅は1万7000戸(計画3万戸)。宅地造成済みは4700戸(計画2万6000戸)。(復興庁の統計より)

皆様、被災者に対する国の本気度はあまりにも無さすぎると思いませんか? ゼネコンの除染作業員の宿舎はあっという間に建てるのに、肝心の被災者の住居は、2年しかもたない仮設住宅に、29年度まで(6年以上)住み続けなければならないのです。皆様の温かいご支援をお待ち申し上げております。


【支援品をお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。義援金もよろしくお願い申し上げます。被災地の送り先をお知らせいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-10-11 10:10 | 福島の被災地の現状

台風18号による被害

台風18号が残した痕跡は大きく、救済を求めておられます方々のお姿や、お一人お一人を必死でヘリコプターで救っていく姿を、祈りながら固唾を飲んで見守った私達でした。今も、難にあった方々に対し、全国の皆さまに支援を呼びかけ、土砂撤去の作業のボランティアなどを求められておりますことは、どなたもご存知かと思います。


【都路の現状】
台風18号の災害を受けた中に、同じように川の氾濫、堤防の決壊、裏山の崖崩れ、家の床や道路が土砂で塞がり、救いを求めております福島の被災地をご紹介したいと思いました。そこは福島県田村市都路町です。350ヶ所で地滑り、土砂崩れ等がありました。土砂撤去作業や家具の運び出し等が必要で、支援を求めています。

都路というのは、標高350m〜700mにある村で、葛尾村と川内村の間にあり、約1000戸(3000人)の村でした。自然豊かで山菜も豊富にあり、山の湧き水を飲料水とし(井戸水)、水洗トイレはなく、冬になると3月頃まで凍結し、寒さに厳しく、決して経済的には豊かな村ではありませんでした。原発事故前は畜産(和牛)と稲作りを主にし、食物は、山菜や田畑のものが主だったそうです。

しかし、米の収入だけでは生活が出来ないために、専業農家は少なく、ほとんどの人が兼業農家であり、都路村には働く場所(企業)が無かったので、船引の工場や他の工事現場や、建設現場、他に仕事を求めて、出稼ぎ(日当の)に行って収入を得ていたそうです。村には診療所が一つ、歯医者が一軒、コンビニより小さい個人の店が5、6軒あったのみで、大型スーパーは車で30分の所にあったのみで、交通機関は少ない不便な所だったようです。しかし、村人は素朴で忍耐強く互いを大切にしあう心温かい方々です。自然の厳しい風雪にも順応し、我慢することを身につけた方々でした。

都路はその後平成17年に田村市に合併し(都路、滝根、大越、常葉、船引)4町1村で田村市となりました。それまで、村長のもとにあった都路村は、今は田村市長の行政区の中で取り決められるようになりました。川内村、葛尾村の除染は国が関わっていると聞いております。しかし、都路の除染は田村市に委ねられたと聞きました。田村市の中に、また都路の中に、いまだに放射線量が0.5〜0.8マイクロシーベルトがある所もあります。しかし、今、国から「年間20ミリシーベルトまで浴びても大丈夫となった」とのことで、都路住民の自宅の除染は進まなくなりました。

「都路住民は安心して自宅に住めない」「安心して自宅の農作物が食べられない」「山菜は食べてはならないと言われた」とのことで、食費に費用がかかるようになりました。原発前に出稼ぎに働きに行っていた工場は廃業になってしまった所もあります。原発前、都路のほとんどの方が日当で働いていました。ですので厚生年金の方は少なく、ほとんどの方が国民年金です。月2〜3万円とのことです。未納した人達はその分差し引かれるとのことです。住民としては米の収入が入らず、納金したくても出来ない時がありました。「私達は故意に未納しているわけではなく、収入が無く、出来なかったのです」「今、元気な都路の人達は、主に富岡町の除染作業で収入を得ています」「しかし、心配なのは病気の人、老人達、働けない人達はどうして食べて行っているのか心配です。収入はゼロですから」と村人は仲間を心配していました。

そして、このたびの台風18号の災害です。

「毎年台風でやられています。いつもこうなので、あきらめているけど、今年はひどかった。都路は川が多く、しかもカーブしている川が多い。だから決壊しやすい。住宅が山に囲まれている人が多く、裏山が崩れ、土砂崩れが多い。家床には泥、水浸しになり、道路も土砂で塞がっている。田畑の土手も崩れた。自分達でやるしか無いから、田畑は、自然に水が引くのを待つしか無い。土砂崩れは、自分達の一輪車(押し車)で運ぶしかない。町は大きな所しかしないので、自分達でするようにと言われたから、諦めてそうするしかない。毎年のことだから」

皆様、都路の方々が収入も乏しく、全てを受け入れ、黙々と一輪車を押して、戦っているお姿に胸は痛みませんか? 私達の少ない義援金で良いのです。黙って耐えていらっしゃる都路の方々を皆様のお力で救っていただけませんでしょうか?

都路の方々のことを話したついでに、彼等の忍耐力を知っていただきたく、お伝えさせていただきます。

都路の方のある仮設住宅は、火葬場の上にお墓の山があり、その上に仮設住宅があるそうです。「慣れたから」と村人は言いました。ある人の、この言葉には、私は衝撃を受けました。「福岡さん、私の部屋はお墓の入り口にあるんです。だから私は毎日お墓を見ています。でも花火よりも強い太陽のような“光”をお墓に感じるんです。私達はこの亡くなられた方々に守られて生きているんだと思うんです。ですから、毎日、お墓の人達に感謝してるんです!」

私は、彼女が長い年月、いかに耐え、いかに泣き、苦労を経て来て、全ての現実を受け止めて、苦悩を経たからの“悟り”だと思いました。私はお墓を怖がっている自分を恥じました。しかし、頭で理解できたとしても本能はそこまで至っていません。彼等は“凄い”と思いました。頭が下がりました。しかし、彼等を放っておいて良いはずはありません。彼らも“幸せ”を少しでも得なければならないと思いました。


【都路に支援をお願いいたします】
皆様、都路の方々に、暖かいご支援をお願い申し上げます。物品については、都路の責任者の方と連絡を取っており、受け入れ体制がはっきりした時点で改めてお知らせ申し上げたいと存じます。義援金については、直接村人のために尽くしておられます被災者住民代表の方に直接振り込んでいただくか、送金していただきたく思いますので、福岡までメール、またはFAXにて、お問い合わせくださいませ。皆様の暖かいお心に、心から感謝お申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-09-28 19:32 | 福島の被災地の現状
今年の夏の異常なまでの猛暑には、体調を崩され、どうにもならない異常な疲れとだるさに正常な生活がおできになれなかった方が多かったのではないでしょうか? 会う人ごとに、「私だけが具合が悪いのかと思っていたけど、今年はやっぱり普通じゃないですよね」の言葉が多いでした。そしてまた今度は急な冷気。あまりの気温の変化に風邪も引きやすくなり、台風シーズンにもなりましたので、皆様、体調管理に十分お気をつけ下さいますように。

【いまだに粗末にされ続ける私達の人生と命】
今年は戦後70年。戦争の歴史、特攻隊の命、原爆投下における悲惨さ、沖縄の犠牲と苦悩等、連日テレビを通し、たくさんの犠牲のもとに成り立ってきた日本の現実を知って、胸を痛め、ご冥福をお祈りし、ご遺族方に心を合わせた日々でした。「2度と繰り返してはならない!」「誓います!」と歴代の総理、市長、関係者の方々は公に国民の前で誓います。そして犠牲者に向かって約束し、祈ります。私達はこの誓いの姿を何年も聞き、何年も見て参りました。

しかし私は思います。「歴史から学びます」「誓います」と言っているのに、人の命を脅かすあらゆる苦悩の問題がどうして何一つ解決されないのでしょう? 解決への希望が感じられないだけでなく、ますます人の命が粗末にされ、蟻地獄にでも引き込まれたように、日本だけでなく、世界の至る所がズルズルと大きな魔の力によって引きずり落とされているように感じているのは私だけでしょうか? 皆様、まずこの現実に目覚めませんか?

一人一人の力は小さいかもしれません。しかし気がついた人同士が手をつなぎ、志を一つにして助け合い、志を示し続けるなら、「小さいこの火種」はやがて心ある人の魂に触れ、輪は輪を呼ぶことでしょう。私達の力と手で、今の世界を本来の“命を大切にし、一人一人の命が輝き、生きていることが苦しみではなく幸せと言える地球”に変える努力をしていきませんか?


【1冊の本に出会い、受けた衝撃】
最近、恩師から一冊の本をいただきました。それは、写真家であり映画監督の本橋成一氏の写真集『アラヤシキの住人たち』(農文協出版、2015年、税込み1728円)です。この写真集は、北アルプスの麓、長野県小谷村の山の中にある真木集落で住んでおられる方々を紹介したものです。

真木集落は江戸時代からあるとされる集落でしたが、1972年に廃村となりました。車も入ることのできない山道です。今、集落には5軒の茅葺きの古民家が残っており、そこで、羽仁もと子氏の“生活が教育”という精神で創立された自由学園の宮嶋信先生を中心に、心身にハンディキャップをもった方と健常者が生活しています。その様子は写真集に収められるとともに、2015年5月に映画として公開されました。

一人一人の活き活きとした姿、瞳の輝き、今の私達とは異なる次元の別世界で生きている姿に、初めは違和感さえ覚えましたが、写真集を見ているうちに、私達が失ってしまったものを思い出させていただき、目から鱗が落ちるような衝撃を受けました。心の豊かさ、共存、自然とのふれあい、魂の崇高さ、心の清さ、人情、心の温かさ、命の輝き、人間の尊さ、共存の有り難さ、性格の多様性の有り難さ・・・などなど私が今すっかり忘れてしまっていたことを次々と思い出させてくださったこの写真集は、宝物と言える本でした。同時に私は福島原発被災者の村人たちを思いました。


【のどかで平和だった福島原発被災者―すべてを奪った原発】
川内村、都路、葛尾、津島は山村で、標高670~800メートルの所にあります。12月に降った雪は春まで溶けず、雪が溶けるまでは危なくて町には出てこられない、と聞いております。村人は厳しい自然を受け入れ、順応し、穏やかで忍耐深く、愛情にあふれ、互いを思いやり、互いを大切にし、家族を大切にし、平和で幸せであった、と言います。水道は無く、山の湧き水を飲料水(井戸水)とし、川の水は透き通り、魚もいっぱい泳いでいた、と言います。生活はカイコ、木炭、シイタケ栽培、和牛、畜産、花畑など、山菜も豊富にあってのどかで静かで幸せだった、と言います。「病院やお店は少なく、不便です。しかし私は大好きな村で、最高の場所だった」と被災者はおっしゃいました。

しかし原発はすべてを一変し、村人の何もかもを奪い、何もかも幸せすべてを奪い取ってしまいました。ふるさとを失い、自分の家に二度と足を踏み入れられなくなってしまった人もおられます。のどかな村が敗戦の時のようになってしまいました。草が生い茂り、廃墟のようになってしまった所もあります。助け合っていた仲間や家族も一緒になれず、原発は生活のすべてを、家族の営みを、人の幸せを何もかも奪ってしまいました。

しかもこの責任を誰もとっておりません。国は平成29年3月の帰還宣言を目標と掲げただけで、そのための被災者の生活補償、放射線量の低減を積極的に行うこともなく、賠償金支払いを出し惜しみしています。政府が陣頭に立って問題解決に携わるどころか、現場のことは各市町村長と東電に丸投げし、被災地に関する取り決めは環境省に任せています。各市町村への国からの交付金は国が決めていて、国の方針に沿わない町は交付金が減らされると聞きました。町役場としては財源がないと身動きがとれないので、国の方針を受け入れないわけにはいかないとのことです。役場の人の立場も気の毒と思いましたが、同時に、住民を助けるためにあるはずの役場が今は国の御用機関になり、村人達は問題があっても解決する所も相談する所もなく、苦悩し、あえいでおります。こうして苦悩している福島原発被災者を今、誰に救っていただけるのでしょうか?

もう福島原発被災者のことを本気で救っていただける人はいないのでしょうか? 「月日が自然に解決する」「被災者自身が自分達で解決したらよい」、多くの方がそんな思いで被災者を見ておられるとするならば、あまりに悲しすぎませんか?


【ブータン国王のメッセージ】
大震災後、初の国賓として来日されたブータン国王夫妻(11月15日~20日)のことを私は時々思い出し、ブータン国をうらやましく思います。国民総生産(GNP)でなく、「国民総幸福量(GNH)」の概念に基づいて国づくりをしておられるということを。70万人の人口の97パーセントが「幸せ」と答えているとのことです。国王のお言葉です。「お互いを思いやることから始めよう。基本的な人間としての価値観、共感、高潔さ、正義感、これらを大切にしなければなりません」「よく勉強して欲しい。でもそれ以上に、良い人間であって欲しい」(慶応大学での講演)。「私達の中に人格という龍が住んでいるんです。自分の龍を養いなさい。管理しなさい」(相馬市立桜ヶ丘小学校で)。大津波に飲まれた原釜地区で、手を合わせた国王は姿なき犠牲者達に語りかけました。「お悔やみ申し上げます。私達は常にあなたがたと共にあります。」


【最も苦しい時期にある被災者】
皆様、震災から4年半を経た今、被災者は精神的に最もまいってしまっています。信頼した国から見放され、肉親と離れ、住居も決まらず、健康を害し、気力も体力も衰えてしまったのです。どうぞブータン国王のように、「常にあなたがたと共にあります」というお気持ちを持ち続けてくださいますように。そして被災者に手を差し伸べて下さいますようにお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-08-30 09:24 | 福島の被災地の現状
猛暑の中、また台風シーズンでもありますが、ご健康はいかがでいらっしゃいますか? うまくこの夏を、健康を害することなく乗り切られますよう、お一人お一人のご健康をご案じ申し上げます。

もうすぐ8月です。亡くなられた方々に思いを馳せる時期にもなりました。今年もたくさんの方々が亡くなられたかと思います。病床で、事故で、思わぬ災害で、また飢餓で、戦争で、また自ら命を絶って・・・。愛する家族、身内、親友・・・。また毎日のように報道されている他殺など。一生に一回の尊い命が大切にされず、無念に去っていく方々の悲しみ、苦しさ、悔しさはいかばかりのことでしょうと、心の痛みを感じます。

戦後70年となり、戦争や原爆投下についての報道が多くなりました。この機会に、「命の大切さ」「原発が自然界や人命を破壊する威力」「平和」「幸せ」「権力と奉仕」・・・等について誰でもが考え、それぞれの「協力」「貢献」「自分の生きがい」「自他の生命の尊厳」等に真剣に向き合う時期と捉えてはいかがでしょうか。そう提案したいと思います。

福島の現実をお知らせしております私としましては、今日も福島で亡くなられた方についてご報告をさせていただきます。この内容は、各町の被災者の方々から伺ったことを、そのままお知らせ申し上げております。


【被災者の声】
「浪江町の請戸(うけど)に共同霊園ができます(請戸は全域が津波で流された町です)。400基のお墓で請戸の人のみが入ります。家内の遺骨と共に4年5か月、仮設で過ごしてきました。せめてできることは、毎朝温かいおしぼりで面影の写真を拭いてやること、遺骨の妻に語りかけながら、4畳半の仮設で一人で過ごしてまいりました。お盆前にお墓に家内を入れようと思います。でも、4年5か月お骨と共に過ごしてきたので、離れるのは寂しい気もします。3.11には毎年祈願祭をしてきました。今後、1年に1回、請戸の人に霊園で会えるようになります。」(浪江町)

「私は浪江町棚塩です。津波で自宅、実家、息子の家(新築2か月で)、工務店をしていた私の仕事場も全部流され、全員死んで、私一人だけになりました。淋しいです。辛いです。どうしてよいかわからないです。仲間とがんばっています。」(浪江町)

「妻は精神的苦痛に耐えかねて、自ら命を絶ってしまいました。自宅は農家です。私も体を崩してしまいました。妻がいなければ、一人で農業をする気にもなれません。一人じゃ対処しきれません。だから除染の仕事に行ってます。帰ってくると風呂で放射能を洗い、酒を飲んで寝るだけです。」(都路)

「私は87歳になりました。仮設の友達がたくさん亡くなったよ。40人くらい亡くなったよ。2、3日前も向かいの部屋の仲間も救急車で運ばれたよ。帰ってこなかったし、遠くから駆けつけてきた娘さんが泣いていたから、もうダメだと思うよ。何せ仮設は蒸し風呂みたいに暑いからね。クーラーを入れ、扇風機を回しても、31度より下がらないものね。川内村は涼しいところだったけどね。」(川内村)

「5年近く仮設住宅で暮らしていたお年寄りたちが、避難解除宣言された時、小高の自宅に帰って大丈夫か、私は心配です。仮設で暮らしていたために足腰が悪くなり、歩くことができなくなっている。今は仲間と支え合い、車に乗せてもらって買い物や病院にも行っています。しかし小高に帰ったら、それぞれの家は離れているし、車も無く、体も思う通りには動かなくなっている。この年寄りたちが小高に帰ったらどうなるかと心配です。」(南相馬)

「50代、60代の人で亡くなる人、自殺者が多いです。50代、60代の人の悩みは大きい。若い人たちはいなくなった。孫も遠くに行った。年寄りの介護、将来への不安、自分の体にも、心臓病や脳梗塞、腰痛など、支障が出始めている。復興住宅に入ったけど、友とも別れ、孤独になった。50代、60代の人に自殺者が多いです。復興住宅の中でも自殺者がありました。仮設では農薬を飲んだ人もいます。被災者の生活は過酷です。不安で心安らぐことがありません。」(南相馬)

皆様、あの大震災で助かった方々です。津波や震災の恐怖の中で、地獄のような生活を経てこられ、やっと助かった方々です。私たちはこの方々を最優先で助けることに、国を挙げて力を注ぐべきではないでしょうか?

オリンピックも大切です。国立競技場も大切です。しかし国として最優先すべきことは、今苦悩している被災者に目を注ぎ、全力で救い上げることではないでしょうか?

被災者を救い上げるために全力で力を尽くしている日本政府の姿を見た時に、外国からの日本政府への評価は上がるでしょうし、「国民の命と生活を最優先する」政府の姿こそ、国民が政府に最も求めている願いではないでしょうか。そのために私たち国民の税金が使われるなら、私たちは納得するでしょうし、そのために資金が不足し、海外への支援額や国立競技場への資金額が多少下がったとしても、海外からの評価は上がるのではないでしょうか? そう私は思うのですが、皆様はどうお感じになられますでしょうか?


【あなたにもできる支援の方法】
①「福島の現実」を知らせる。テレビや新聞では報道しなくなりましたので、解決したと思っておられる方が多いです。現実を知らない方がおられます。あなたのブログやフェイスブック、ツイッター、ファックスで、また仲間の集いの時に、どうぞ「福島の現実」を広めてください。

私、福岡百子のブログ「福島の現実―福岡百子の声」をそのまま拡散していただいて結構ですし、むしろ拡散していただけますよう、お願い申し上げます。コピーをされて、ちらしとしてお配りいただいても結構です。

②ご自分の職業や特技、趣味を生かして。医師、看護師、介護士、鍼灸、マッサージ、アロマセラピー、ヨガ、ダンス、音楽、歌、絵による癒し、手芸、お笑い、仮設の草むしり、足湯、肩たたき、レクリエーション

③贈り物(一人分からでも大丈夫です)
手紙を添えた贈り物(高価でなくてよいです)、日用の茶菓子(疲れた心に癒しとなります)、食品、生活消耗品。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-07-31 09:21 | 福島の被災地の現状
今日は復興住宅の入居条件と、大熊町、楢葉町の現状についてお知らせしたいと存じます。また、とても心温まる小さな支援者のことをご紹介させてください。


【復興住宅の入居条件】
5月25日付のブログで、復興住宅への入居手順についてお知らせいたしましたが、復興住宅に入居するために、国が被災者に求めている条件について少し具体的にお話ししたいと思います。被災者は入居前に部屋の間取りとか、窓の大きさとか、あらかじめ部屋を見ておきたいものです。それによって前もって家具の大きさを考え、カーテンのサイズを確認し、照明器具なども時間をかけて準備し、これから入居する家への夢と希望を持ち、引っ越しの準備をしたいと思うのです。しかし被災者の要望を国は何事も受け入れず、被災者は国からの一方的な方針に従わされております。被災者は、鍵が渡されるまで、どんな部屋になっているか、自分の目で確認することができません。自分でどの住宅に住むかを選択することもできず、町が決めたところに住むことになります。同じ広さの復興住宅でも、家賃は収入に応じて10段階に分けられているそうです。家賃は最低額の人で8千円、それにエレベーター代、その他が追加されると聞いております。

最近、復興住宅に引っ越しを始めた大熊町の方から聞いたお話をご紹介したいと思います。5月末に復興住宅が完成し、入居当選の通知が被災者に届きました。6月9日に説明会があり、その後、被災者の収入に応じて家賃の決定通知があり、家賃3か月分をまとめて支払った人に鍵が渡されたということです。そして、鍵をもらったら20日以内に引っ越すようにと言われたそうです。年金生活で、1度に3か月分の家賃を支払えない人もいます。「20日以内に引っ越してください」と言われても、車のないお年寄りは、仮設から遠く、高い運送費のかかる復興住宅に荷物を運ぶことはできません。初めて間取りを見る、備品が一切ついていない(照明器具もガスレンジもカーテンもない)復興住宅に、20日以内に引っ越さなければならないとは、あまりに被災者には気の毒なやり方ではないでしょうか。

通常、私たちが家を探す時には、不動産屋さんで家賃や価格を見て、入居を決める前に家の中を見学し、納得した形で自分の住まいを決定します。入居を決めてから、収入によって家賃が決められるなどということは聞いたことがありません。一般にはあり得ないことを、どうして国は被災者に強いるのでしょうか? 国の方針には誰も逆らえないようです。

原発は国の方針でした。何の罪もない、善良な住民の土地が 、原発事故によって放射能汚染された土地になり、住民はそこから避難せざるを得ませんでした。被災者は言います。「追い出されたのです。私たちは避難ではなく、自分の土地から追い出されたのです。自分の家があるのに、十分住める家なのに、追い出されたのです。だのに、4年4カ月になろうとしているのに、いまだに住む家さえ決められないのです。しかも、これまでに7回も8回も住居が変わり、引っ越しをするたびにお金がかかり、親しくなった友とも家族とも離れ、ばらばらになってしまうのです。もう疲れました。」


【楢葉町の現状】
楢葉町は、帰還宣言前の試し宿泊として、4月6日から7月5日までの3カ月間の自宅宿泊が国から許可されました。しかし住民は一人も宿泊していない、ということです。それは放射能そして楢葉町の治安に対する不安のためだそうです。その理由を少し説明させていただきます。

楢葉町に大手の会社が除染作業員数千人分のプレハブ宿舎を建てたそうです。「1か所に300人~500人の宿舎が何10か所も建ちました。全国から除染作業のためにやってきた人たちが泊まる宿舎です。隣の富岡町は放射線量が高くて泊まれないために、富岡町の除染作業員3000人分の宿舎も楢葉町に作り、楢葉町から富岡町まで作業員が通っています。そのため毎日車の渋滞がすごくて大変です。女性が追いかけられるような事件もあり、治安が悪くなって防犯パトロールも行われるようになりましたが、安心して自宅に泊まれなくなりました」とある被災者は話していました。

「除染作業者のためにはあっという間にプレハブを作ったのに、われわれ楢葉町被災者のための復興住宅は“作る”という予定のみで、いまだ始まってもいないのです。被災者の自宅修理や再建のための大工はいません。建築資材が無いと言われます。被災者の事は後回し、ということです。大工など建設業者は東京オリンピックの方に取られてしまいました。東京の方が高い収入を確実に得られます。被災者の家の修理費や建築費は不確かです。大工は当然高収入のほうを選ぶでしょう。」


【6歳のお嬢ちゃん・4歳の坊やの支援協力】
私が最近体験させていただきました、とても感動した心温まる出来事をご紹介させていただきます。それは今から10日ほど前のことでした。私のスマホに一人の方からメールが入りました。イギリス在住の若い日本人の奥様からでした。「ネットで福島のことを知ったので、支援をさせて欲しい」とのことでした。「一人一人の被災者に、メッセージ付きのお菓子を差し上げたい。6歳の娘・4歳の息子と一緒にメッセージを書いてお菓子に添えて一人一人の被災者に差し上げたい。お年寄りが食べられるもの、何が良いか教えて欲しい。10~20個のお菓子ですが、それでもよいですか? 2キロ以内の送料ならできると思います」との、とてもうれしいお知らせでした。

私は心から感動しました。そして6歳のお嬢ちゃんと4歳の坊やがお母さんと頭を寄せ合って被災者を思い、一生懸命お手紙や絵を描いている姿が目に浮かび、涙が出てきました。何よりも何よりもうれしいプレゼントです。私は早速、被災者の自治会長さんに知らせました。自治会長さんはおっしゃいました。「それは、とてもうれしいことです。飴でもなんでもうれしいです。被災者はお嬢ちゃん、坊ちゃんのお手紙をどんなに喜ぶでしょう。生きる力になるでしょう!」

イギリスに住む若いお母様からのお申し出に、私はとても感動し、私自身のためにも心の癒しと力をいただきました。正直、支援活動を続けております私自身も心身の疲れを感じていたからです。被災者に対する国のあり方、冷酷と思える対応、そして忘れ去られていく被災者のあまりにも過酷な現実をどうすることもできない私自身に、私は苦しみ悩んでおりました。心が疲れ果てていた私でしたが、この6歳のお嬢ちゃんと4歳の坊やとお母さんの姿から、私は再び力をいただきました。たくさんの勇気とがんばる力も。“負けてなるものか!”“命ある限りやり続ける!”“坊や、お嬢ちゃん、おばちゃん頑張るからね! これからもよろしくね”――そうイギリスの親子に感謝しました。

ブログをご覧の皆様、大きなことでなくてよいのです。このご家族のように、温かい思い、優しい行為が、疲れ果てた被災者のお心を癒し、救い、生き抜く力となるのです。お孫さんや、周りの幼いお子様方に、他人を思いやる優しい行為をお伝えいただけませんか? 疲れ果てた福島の被災者を皆様の温かい手で救っていただけませんか? よろしくお願い申し上げます。
“坊や、お嬢ちゃん、本当にありがとう!”


【支援品をお願い申し上げます】
不安定な生活の中、健康を損ない、困窮されている被災者が多くいらっしゃいます。少しの物でも、送ってくださる方のお気持ちを感じられ、たいへん喜ばれます。どうぞよろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-06-29 01:48 | 福島の被災地の現状
【仮設住宅の環境】
皆様、今日は「住まい」ということについてご一緒に考えていただけますでしょうか? 人だけでなく、どんな動物にも、魚にも、鳥にも、草木にも、どんな小さな虫にも、生きていくためには、自分の身を安心して休めるねぐら(住まい、場所、私の家というのが)あると思います。皆様、今日は仮設住宅の現状についてお伝えいたします。この仮設住宅を、「私の家」、毎日生活する「ご自分の家」として、具体的にご自分がそこに住むことを想像して考えていただけますでしょうか?

住まいには、ある程度、息抜きができる空間が必要でしょう。四方窓が無く、穴倉のように太陽の光が入らなかったり、風通しが悪くじめじめしていたり、隣の音が丸聞こえだったり、私の部屋で話す内容が隣の家に筒抜けだったりする住まいで、心安らいで暮らせるでしょうか。それが仮設住宅です。隣から「うるさい」と言われることに怯え、好きな音楽も聞けず、楽器も弾けず、テレビの音量も小さくし、夫婦同士の話し声も小声で、子どもが騒ぐたびに注意を受け、思いっきり声を上げられない、気兼ねをしながらの生活、それが仮設住宅での生活です。

多くの場合、仮設住宅の生活には、家具や布団を押入れに収めても、なおテーブルを囲んで家族が団らんできるスペースがありません。夜、他人に足を踏まれる心配なく、安心して寝ることができるだけの、ゆとりある寝床がありません。何よりも辛いことは、「ここにいつまで住めるのか」がわからないことです。永住が許されない家にいて、いつ「出て行ってください」と言われるかもしれず、自分の家が定まらず、見つけることもできず、常に緊張と不安のうちに過ごす日々。仮設住宅を出て行きたくても、そのための補償はなく、また自費で別の住処を見つけるとしても、住民票を移すと現在受けている補償も受けられなくなるため、被災者は動くに動けず、将来の計画を描くことさえできない状況です。

皆様、今、ご自分の住まいをお持ちの皆様は、上記の状況をどのようにご覧になるでしょうか? もし万一、皆様がそのような状況に「長年耐えてください」と国から言われ、その状況に置かれ続けたら、どのようにお感じになるでしょうか? 私たち人間が住むためには、ある程度の環境、住まいの空間、息抜きをするスペースが、どんな人にも必要ではないでしょうか?

皆様、考えられないことかもしれませんが、福島原発被災者の方々は、4年以上も悪環境の中で耐えておられるのです。 繰り返しになりますが、さらに仮設住宅の状況をお伝えさせていただきます。

4畳半ひと間の生活、場所により、窓は小さいのが一つしか無い、という所もあります。まわりに生活必需品を置き、寝る時のスペースを作るのがやっと、と言います。床は地面に近いため、湿気が多く、カビが発生し、底冷えします。そのため、布団も湿気で重いと言います。秋から春にかけて、所により結露で天井からしずくが垂れ、壁も床もびしょびしょになり、床の拭き掃除が日課になるそうです。所により、すでに早くから床が抜け、隙間風で寒く、新聞紙を詰めるなど工夫して生活していると言います。洗濯物を干すスペースも不十分です。

所により、外を歩く人から室内が丸見えの所があり、目と目が合うことがあり、安心して寝ていられないという人もおられました。隣との壁は薄く、隣で何をしているか、手に取るようにわかる、という所もあるそうです。仮設住宅はプレハブが多く、子どもたちの学校も工事現場のようなプレハブの所もあり、寒いと言います。


【仮設住宅に住む被災者の声】
被災者の方々は、「仮設住宅にいるだけで息が詰まりそうになり、気がおかしくなりそうだ」と言います。

ある被災者は「日中、仮設にはいません」とおっしゃるので、「お仕事ですか?」と私が尋ねますと、「違います。仮設の4畳半の中では気も心もおかしくなってしまうので、毎日外を歩き回っています。67歳なので仕事を探してますが、年齢を言うと断られるのです。」

被災者は言います。「住まいが決まらないと、仕事も見つけられない。」「住まいが定まらないと何一つ前に進めない。家族もバラバラのまま、亡くなったおふくろ、夫のお骨を納める所も、お墓さえ決められない。」

「復興住宅はまだ建っていません。復興住宅には制限があります。誰でも入居できるわけではありません。津波と原発のために自宅に帰れない人が優先です。」「しかも入居するためにはカーテン、電球、ガスコンロ、家賃等、相当の金額がかかります。」

田村市船引町には4つの仮設があり、主に都路の方々の施設ですが、大熊町、浪江町、双葉町、ときわ町の方々も避難しておられます。「最近、ようやく復興住宅の土地が船引に確保されたそうです。できあがるのは、来年秋以降とのことです。いまだ一年以上、先です」とのことでした。

ある被災者の 言葉を思い出します。「国が我々被災者の土地を買い上げ、別に村を作って、“ここに住んで再出発してください”と言ってくれたら、我々はどんなに感謝し、希望をもって歩んだことでしょう。あの時そうしてくれていたら、今頃はそれぞれが活気ある村、町になり、前に向かって歩んで、国のためにも貢献できる街づくりもできていたかもしれないのに。」

しかし現実には、「自分の土地は自分で探し、自分で住居を探しなさい」と言われています。そして、見合った資金は出してもらえず、住んでいた家を失った被災者は住む家も無く、十分な収入の得られる仕事がないために生活費も無い。困窮する被災者は「我々はどうやって生きていったらよいのか?」と嘆いています。若い人は将来を考え、家を求め、親から離れていきました。仮設は行き場のない老人、一人暮らしの人が多くなりました。復興住宅にも入れず、若い家族とも離れ、淋しく暮らす仮設住宅の老人たちには、自立という言葉は酷な言葉です。彼らには、同じ境遇、同じ体験者の仲間との支え合いが、生きる支えになっております。このような方々に、生活消耗品や心優しい食料品などを少しでも届けていただけましたら有り難く思います。


【小さな支援をお願いいたします】
生きる力を失った方々、失望しておられます方々に、小さな支援でよいのです。「忘れてませんよ」「お体を大切にされてくださいね」の思いが入った小さな消耗品や食品の小包が、どんなに彼らに嬉しい宝物になることでしょう。社会が忘れつつある今、あなたの手で、お一人でもお救いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。お志がおありになられます方は、被災者をご紹介申し上げますので、私、福岡百子までお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
“皆様の手で、幸せを作っていきましょう!”


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-06-09 23:55 | 福島の被災地の現状

復興住宅の現状

日本には春夏秋冬という四季があり、季節折々の花が咲き乱れ、清々しい空気、心地よい風や肌寒さを感じながら、春や秋の訪れに、四季の喜びに心を弾ませることができます。しかし最近は、気候変動に戸惑いを感じることが多くなったような気がします。

今日は、福島原発被災者の復興住宅の様子についてお知らせしたいと思います。福島原発被災者については、国は原則、被曝した自宅を除染してそこに帰す、という目標のようですので、復興住宅建設に対しても積極的でないように感じます。すでに災害があって5年目になりました。ですのに、現実を知って、私は「考えられない」「ありえない」「ここ、日本でしょ?」と、怒りと悲しみを感じています。国の対応は、常識では考えられないほど、あまりにも非道です。5月に入って町の関係者から伺った情報をお知らせいたします。


【被災者の声】
「国は、福島県内全部の仮設住宅住民を(どこの市町村も)、2016年3月までに帰還させるつもりでいます。しかし2日前の新聞では、“1年延長”と言っていたので、1年延期すると思います。何事についても、長期的な視野ではなく、1年毎の更新だからです。“仮設住宅入居期限は来年の3月まで”と決めるのは、国です。国から県に知らせ、県から各市町村に知らせが来るのです。」

「楢葉町の元の人口は7000人でした。現在は各所に散ってしまいました。いわき市に13か所、会津に1か所の仮設があります。国は楢葉町について、全住民を楢葉に帰す予定としているために、楢葉町以外の場所に復興住宅を作るつもりはありません。楢葉町内に復興住宅を52戸作る予定です。しかしそれはいまだに建っていません。この復興住宅に入居できる対象者は、津波被害を受けた人と、自宅の無い人です。今、4月6日~7月5日まで、3ヶ月試し宿泊が行われています。その後、帰還宣言の話が行われると思います。」

「川内村の元の人口は3000人でした。川内村では、受けられる原発賠償が3種類に分かれています。

①30km圏内の人(平成24年8月で精神的賠償が打ち切られた人)
②2015年9月までで精神的賠償打ち切りの人
③2015年9月以降も精神的賠償が続く人(自宅に住めない人)

川内村下川内仮設には②と③とに該当する50戸の方が住んでいます。川内村に復興住宅は25戸建ちました。6月1日から住めるようになります。したがって今まであった下川内仮設の自治会は解散となりました。復興住宅25戸のうち、下川内仮設からは15戸、他の町にある仮設から10戸入居予定です。川内村住民のための復興住宅はこの25戸以外は作らないのです。しかし、来年の3月までは仮設にいて良いとのことです。

つまり、来年の3月までに復興住宅に入るか、自宅に帰るか、ということになるのです。他の町に川内村の復興住宅は作らないのですから。復興住宅は、カーテン、照明器具、ガス台は全部自腹です。家賃が発生します。カーテンは規格外もあるようです。2階建て、平屋Aタイプ、Bタイプがあり、どこに入居できるかわからないのです。入居するために費用が50万円くらいかかると聞いています。」

「復興住宅は県が責任を持っているので、どこにどの町の人が何戸入るかは県で決めます。被災者たちは、“町ごと・部落ごとにまとめて入居させて欲しい”と希望しているが、その声は通りません。復興住宅は4町村が混合して入居することになる。同じ部落、顔見知り同士なら支え合い、孤独にもならずに済むのに、被害者はまた、さまざまな苦しみに直面することになるのです。町によってお祭りも違い、賠償問題も違い、仮設で親しくなった友とも離れることになるからです。」

「私は7人家族で、1つの仮設に家族全員が住めないので、3つの仮設を借りて住んでいます。87歳の父(要介護肺気腫)・夫(病身)・私(病身)・長女(脳性まひ、知的障害)・長男(大学を断念し働いています)・次男(中学生)・三男(小学生)の家族です。今日まで仮設で支え合いながら生きてきました。家族で話し合った結果、復興住宅に入居することを決意しました。子供たちは“窓があり、部屋があるだけで幸せ”と言う。“テレビうるせー!と言われないで済む”“寝ていても足を踏まれずに済む”“こたつに入ってごろんとしたい!”
“5年前に亡くなった母さんのお位牌はカラーボックスの上にある。真先に母さんの仏壇を買いたい!”・・・“1戸に住めないので2戸借りよう”と結論しました。」

「復興住宅は5月末までに出来る予定です。申し込んだので、当たれば5月末に通知が来る予定です。→その後説明会がある。→復興住宅の家賃は各々収入に応じて決められるので家賃決定を待つ→3ヶ月分まとめて払う→合同庁舎に行って鍵をもらいに出向く。鍵をもらったら20日以内に引っ越すようにと言われました。」

「今は、どこに住めるのかはわからない。復興住宅を借りるのに、自分達で保証人を決めないといけない。幸い私は引き受けてくれた人がいたので助かった。これから住む復興住宅は店も病院も不便な所。ここは孤独死になっても判らない所と思った。でも私たちは、玄関から外に出ると仲間に出会うから、それでも良いと思った。復興住宅に入居するには、年寄りには困難です。自ら役場に出向いたり、説明会に出向いたり、合同庁舎に行ったりと、めんどうくさいことがいろいろあって、年寄りや独り暮らしの人は、あきらめた人がいます。」

「復興住宅入居には、いろいろと条件を求められます。くぎを打てない、引っ越すときは元通りに直すこと、カーテンは規格外、電気の差し込みはあるが、照明器具も何も無い、空っぽです。すべて揃えなければなりません。自腹で。 」


【もっと温かな配慮を】
皆様、復興住宅に入居されます方々は、津波ですべてを失われた方、また原発で自宅を失われた方、5年近く苦悩にあえいで来られた方々です。収入も乏しく、心身傷ついておられます方々です。国はどうしてもっと温かい、心ある配慮ができないのでしょうか? どうして国民の悲しみが、叫びが、通じないのでしょうか? 私は不思議でなりません。

皆様、福島原発被災者の方々のために暖かい手を差し伸べて下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
そして、一人でも多くの方々に福島被災者の現状をお伝え下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【支援品のお願い】
不安定な生活の中、健康を損ない、困窮されている被災者が多くいらっしゃいます。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。心から感謝申し上げつつ。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。体調によりすぐにお返事できない場合もございますが、必ず返信させていただきます)

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-05-25 01:22 | 福島の被災地の現状
福島原発事故があり、丸4年が過ぎ、再び3.11の当時の映像が流れ始めた頃から、福島被災者の方々を“忘れてはならない”と、勉強会や、福島の方々に目を向ける集いが、最近見られるようになりました。私はこのことを大変うれしく思いますし、“決して忘れないでください”と全国の皆様に叫びたいと思います。今、福島原発被災者は、全国の皆様に忘れられようとしておりますし、関心がなくなっておられます方があまりにも多く、すでに他人事、過去の事にしておられます方があまりにも多く感じられるからです。しかし現実は、福島原発被災者は地獄のような生活を必死で耐えておられ、あらゆる人権が踏みにじられておられるからです。

今日はある支援者の方から、“福島についての勉強会があるので”ポイントを箇条書きにまとめて欲しいと依頼され、まとめながら思いましたことは、ブログをご覧の皆様にもポイントを箇条書きにしたものが役に立つのではないでしょうかと考え、今まですでにお伝えしましたことではありますが、まとめてみましたので、ご参考になさってくださいませ。


【福島原発被災者の抱える問題】
①福島原発被災者は、住民票を移動すると、「被災者」としての扱いをされなくなり、賠償請求もできず、被災者としての恩典は無くなります(医療費、家賃、諸税金)。残してきた土地(田畑・宅地・山林)、家、家財、財産すべての賠償請求もできなくなります。

②住民票を移動できないために、避難先・移住先の住民とはなれず、住民としての保証や権利も得られず、就職も難しいです。(浪江町の馬場町長は、「福島原発被災者には特別に“住民票に代わるもの”を」と以前から国に願っていますが、国からの回答は無いとのことです。)

③原発被災者は、避難する理由も告げられないままに、すぐに自宅に帰れると思って着の身着のままで避難しました。原発被災者は、原発事故ゆえに家族(親子や夫婦)が分断され、事故さえなければ住める家にも帰れず(新築したばかりの人にはローンだけが残り)、残してきた家屋敷・田畑・先祖代々の山林・全財産への保障も賠償もしてもらえず、失ったものの対価としては考えられないほどの安価で国から押し切られてしまっています。なんと先祖代々守ってきた山林が「一坪10円」とは、被災者をあまりにも馬鹿にした話だと私は感じます。しかもこの賠償額は、国の賠償委員会が決めるということです。

④「2年もてば良い」とのマニュアルで建てた仮設住宅は、当時、数を必要とし、住宅建築が専門外の会社もマニュアルに基づいて仮設住宅を建てました。そのためか、当初から建築に種々の問題(隙間風、床、湿気など)があり、被災者の皆様は苦しんでいました。そして、隣の音が丸聞こえの薄い壁、四畳半の部屋に所により2人または3人、考えただけでも息が詰まりそうな、ストレスが溜まりそうな所に、今も住み続け、いまだ3年も住み続けなければならない部落もあります。“仮設にいただけで狂いそうになる”という人もいます。当然と思います。

⑤今、国の方針は、“原発被災者を元の地に返す”ということです。そこは放射線量が高く、十分な除染も行われず、店も病院も無く、将来人が生活できるかどうかわからない所にです。若者は帰りません。帰ったとしても、年寄だけです。被災者は言います。“若者が帰らないなら、将来は無人の村・町になります。津波被災者には住宅が必要ですが、国は帰村・帰町させるつもりの所に、いまだ復興住宅を作っておりません。”さらに言えば、もはや住めないほどに自宅が荒れ果てた被災者のためにも、修繕のための十分な保障か、復興住宅がではないでしょうか。

⑥国は強引です。専門家が放射能のリスクの可能性を示そうとしても、国に聞く耳は無いそうです。すでに広野町、川内村、都路町、南相馬(小高区を除いて)は、避難指示解除になりました。今、楢葉町が解除方向にあります。楢葉町の方から聞きました。「4月6日~7月5日まで、長期宿泊令が出ました。町民には何の話も無く、突然、町長に“こうだ”と言ってくるようです。そして国の責任を町長に押し付ける感じです。」避難指示解除宣言は、順次、楢葉町、飯舘村、葛尾村、そしてやがて浪江町、富岡町の一部、大熊町、いつの日か双葉町へと出されるようです(大熊町や双葉町は30年後と言われています)。

⑦被災者は、「“被災者の土地は被災者ですべて管理するように”と国から言われました」と言います。
「すべて“自己管理せよ”というのです。4年間放置した土地は荒れ、田は太い竹の林のようになりました。自宅の台所には竹が生え、家の中にはきのこが生えています。庭にはイノシシがたくさんの穴を掘っています。イノシシは狂暴化して、怖くて一人では自宅にいられません。タンスの中はネズミの糞だらけです。このままでは住めません。すべての家財を処分しました。しかし家を建て替えるだけのお金もありません。」

⑧避難指示解除宣言されると、被災者扱いではなくなります。それは、被災者が、私たち一般国民と同じ扱いになるということです。精神的賠償金として被災者に支払われていた1人月額10万円は止まり、医療費・家賃・諸税金等の免除もなくなり、被災者としての免除はすべて無くなるとのことです。光熱費は最初から(2011年から)免除されていませんでした。家族が多く、仮設住宅を3戸借りた人は、3戸分の電気代(3戸分の基本料も)を支払わされました。

⑨「被災者の土地は被災者ですべて管理せよ」という国の命令は、福島被災者を故郷から離れられなくしています。彼らは言います。「30年後に、もしかして子どもたちが帰るかもしれない。そのためには先祖の土地を荒れ地にしてはならない。だから片道2時間かかっても、田畑を耕しておかないと、本当に使えなくなるので、将来の子どもたちのために、田畑を耕しに週1回は帰るのです。この間までは、国からの指示で1時間しか働けなかった。今は3時間働ける」と。

⑩“すべて自己管理せよ”と言われた原発被災者は、福島から離れられないのです。遠くに避難したくても、新しい住居を安全な所に求めたくても、移住したくても。お金もつてもありません。
⑪国から見捨てられた、とわかった福島被災者の多くは、今、絶望的になり、会話も無くなり、「どうしてよいかわからない」と言います。そして、「あなたたちは東電からもらう多額のお金で生きている」という周囲からの冷たい視線に怯え、そうした誤解をじっと耐えています。皆様、原発被災者は心に深い傷を負っています。孤独です。悲しみを癒せないでいます。


【皆様へのお願いです】
関東の電力のために、つまり他者のために犠牲になり、今なお地獄のような状況におられる福島原発事故の被災者、この方々を救っていただけますのは、この記事をお読みの皆様です。私、福岡百子は、病弱でもあり、74歳になりますので、支援活動にも限界があります。“天から授かった尊い一人一人の命”、他者の幸せを真剣になって考えてはいただけませんか? “あなたの小さな支援”で、一人の心を救ってはいただけませんか?

 私は継続支援者を探しております。その方に、私の志を引き継いでいただき、大切な被災者の“心の友”になっていただきたいのです。大きなことはしなくてよいのです。“まごころ、優しさ、天使の心、友の心”になっていただきたいのです。そして、“あなたと被災者の絆”が、被災者にとっての大切な支えになっていただけますことを、心よりお願いしたく存じます。

私、福岡百子は、いつかこの世から去る身です。去る前に、しっかりと被災者の友となる方に、私の志をお伝えさせていただき、私は安心してこの世をさりたいのです。どうぞ温かい目を福島原発事故被災者に向けていただき、一人でも多くの方をお救いくださいますよう、心からよろしくお願い申し上げます。お気持ちのおありになられます方は、私、福岡の携帯・メールにてお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-04-15 08:27 | 福島の被災地の現状

3月11日の被災者の声

【被災した子どもたちは・・・】
3月、今は卒業シーズンでもあり、入学シーズンでもあります。甥の子ども(6年生)の卒業式動画を見ていたら、「6年間の思い出」を語った中に、「小学校2年の時、東日本大震災があって怖かった」と、その時の思い出を語っていました。あの頃“ばあちゃん”と甘えていた幼子が、今は立派な青年のような姿をして、今度は中学生となるために卒業証書を手にして胸を張って歩いている。私は途端に福島の被災者を思い、泣きました。震災に遭った子どもたちにとっての4年間とはどんなものだったのでしょう?

生まれてからしっかりと親の胸元で育まれ、何の不安もなく、安心しきって守られるはずの乳飲み子、幼子たち。その子たちが、津波で流される人や家を見、泣き叫ぶ地獄を見、住まいを転々とし、親や周りの不安を一身に浴び、恐怖や悲しみを、避難所や仮設住宅での酷暑や酷寒を体験したのです。被災した子どもたちはすごい、と思いました。同時に、普通はしなくても良い体験をせざるを得なかった子どもたちの心の傷はさぞ深く、癒しきれるものだろうか?と、被災者である子どもたちを愛おしく思いました。


【3.11の電話とメール】
今年の3.11の前後、急に被災者からの電話が絶え間なく私宅に鳴りました。今までになく、電話の向こうの方々の声のトーンは暗く、低く、やり場のない悲しみや悔しさや怒りを感じさせる、うめき声にも似た声で話された方が多かったのです。被災者とのやり取り、そして最近の情報をお伝えさせていただきます。

「浪江町で行方不明の中学生がDNA鑑定で確認されました。復興祭に間に合ったことが皆様に報告されました。それでもいまだ32不明」(携帯電話のショートメッセージですので、ここで文章は止まっております。)

「“心痛い”ばかりか?と我ながら痛切に感じてしまいます。慰める言葉がなかなか思い出せません! でも、生きている我々で復興を現実化していくネ。」

「なるべく深く考えないようにしております。」

「津波で亡くなられた方の遺族は、時間が止まったままで、まだまだ死に向き合えるには時間がかかります。原発が原因の方も、前に進まず、辛い現実です。」

「いっぱい、いっぱい、寄り添ってほしいです。」

「あの日のように、今日も雪でした。」


【国、東電、賠償に対する被災者の声】
「“各町のゴミの焼却は各町でするように”と国から言われた。しかし肝心のゴミ焼却炉は国が建てることになっている。だのにいまだに国は焼却炉を作っていない。国は、“春以降、帰町宣言をする”と言う。そのために皆、家のゴミを出し、粗大ゴミも出している。住めなくなった家は解体している。だのに、国がいまだゴミ焼却炉を作っていないために、ゴミ処理が先に進まない。」(楢葉)

「国は、津波で被災した人のために楢葉に復興住宅を作ってくれると言った。だけどいまだにできていない。それなのに国は、“今年の春、帰町宣言をしたい”と言う。国は“早く帰れ”と押し付けるだけです。」(楢葉)

「国会議員に言ってもダメです。国の官僚が動かないとダメです。総理が一言、言えば、動くのですが…。」

「環境省は逃げる、他の省の責任にする。我々に対する責任は環境省にあるはずだが。」

「帰還困難区域は、双葉、大熊と、浪江、富岡の一部です。すでに、広野、都路、川内、楢葉、南相馬、飯舘、葛尾は解除方向に行っており、少しずつ、順に解除させるのでしょう。」

「大熊と双葉は、中間貯蔵施設の問題で帰れないことに印を押された。“自分で生きる道を探しなさい”と言われたようなものです。本当は、福島被災者のために、国が新しい土地を買い上げて“そこに住んでください”と言うのなら、私たち被災者は感謝するでしょう。しかし現実はそうではない。被災者は自分の土地を買い上げてもらい、そのお金で新しい土地と住まいを自分で調達するのですが、それが可能な金額で買い上げてもらえるわけではないのです。土地の買い上げ価格は、町ごとに決められ、町によって異なります。帰還困難区域の双葉、大熊、浪江、富岡のそれぞれの土地価格は、低い評価額で決められ、しかもその7割しか保障しないと言うのです。被災地の土地評価額は非常に安いうえに、その7割しか保障されない。我々が新しい土地と家を求めようとすれば、その金額の10倍も100倍もかかる。新しく求めたい土地の評価額の表示は、税務署で決めた価格が公表される。しかし買うとなると、それの1.5倍を求められる。なぜならそれに不動産屋への支払いが加算されるからです。つまり公示額の1.5倍を請求されるのです。これでは高すぎて、我々は住む家を求めることができない。」

「我々は裏切られた。」

「我々が何か悪いことをしたのか?」

「皆、何をしたらよいか、わからなくなってきている。」

「年をとり、気力も無くなり、何のために生きていかねばならないのか?」

「復興予算があると言う。住民こそ先だっぺ。公共も大切だが、我々被災者の住宅を考えてくれ。」

「我々はどうにもしようがない。」

「自殺者が多くなった。」

「皆、病気で倒れている。」

「避難指示解除宣言前は、医療費、家賃、光熱費などは無料でした。しかし解除宣言とともに、すべてが解除される。復興住宅も、年金暮らしの人でも、月に8000円払わなければならない。それに共同費(エレベーター、集会室使用料)として5000円、駐車場代2000円を払うようになる。復興住宅の家賃は、収入に応じて10段階になると言う。最低の人でも月8000円で、月80000円の人もいるという。収入のない人はどうやって生活できるのか?」


【被災者の立場に立って…】
皆様、これが福島被災者の現実です。どうしてもっと被災者の立場に立った温かい対策が、緊急の対策が取れないのでしょう。失望しておられる福島の被災者の皆様に、これからも、温かいまなざしと思いやりをもって、ご自分のこととして、温かい手を差し伸べていただけますよう、よろしくお願い申し上げます。そして福島被災者のこの現実を、友人、知人に、有力者にお知らせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


【支援品をお願い申し上げます】
被災地ではまだまだ寒さが続いております。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。心から感謝申し上げつつ。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-03-22 04:58 | 福島の被災地の現状