2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

〈福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望み、ツイッターで被災者の声をつぶやいております。ツイートの中から被災者の声をご紹介します。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です〉。

12月14日

ニュースで「帰還困難区域の大熊と双葉に、初めて国費で(今までは全てを東電の費用だったが)除染をして、住める様にする」の言っているのを聴き、びっくりしました。どちらの町も高放射線量で帰れない数字と、最近の町の情報から知ったばかりでした。しかも初めて国費でするとは、国の下心がはっきり判ります。常識では考えられない事ですが、被災地はどの町も山の除染はしてもらえてません。被災地の除染は、被災者の家の回りだけで、家の中の除染は被災者が自分で雑巾がけをするのみです。「山は除染しないので、雨が降ったり風が吹くと山の放射能は民家に流れて来るので、山をして欲しいと願ったけど、聞いて貰えなかったし、民家の回りの除染も2回しただけなので、不安で堪らないが、帰った我等は死を覚悟しています」と。水素爆発した所の大熊と双葉を国費で除染して帰す事にするとは。被災者のショックはどんなでしょう。皆様、このままではあなたの命も棄てられますよ。


12月16日
双葉町被災者の家族が、私宅を訪ねて来られ双葉町の今を話してくれました。「環境省の人が個人宅を訪ね、中間貯蔵庫の土地交渉を、緑地を作ると偽って許可を求め、近隣には何も言わずいきなり中間貯蔵庫を建ててしまいます。お墓も土葬で盛り上がっている土を削り取って平にし、砕いた石を地均しして墓場一面を平らにしてしまいました。先祖のお骨がどうなったかは分かりません。今ではどこが墓だったのか分かりません。被災者の気持ちなど、どうでもよいみたいです。山はどこも除染していません。雨が降ると放射能が民家に流れ、池には流れた放射能が溜まります。国は池の水の放射能には自然に消えると言って溜まるに任せていて、放射能測定さえしようとしません。」今度、国は双葉町と大熊町を国の費用を投じて除染し帰還させると言うニュースをテレビで聞いたばかりです。被災者は疲れ果てやつれてげっそり顔なので、心労の深さを感じられ胸の痛みと国の怒りを感じた1日でした。私は福島被災者を、何としてでも救うぞと心に誓った1日でした。皆さん、福島被災者を救う為に一致団結して頑張りましょう。そして国の非道さを世界に訴えて日本を私達の力で、神様の力も戴いて変えましょう。国民がこれ以上不幸になってはなりません。皆様の力で変えましょう。


12月27日
仮設を閉鎖して帰還させられた海抜350~700メートルの山村、冬は零下10~8度となり水道も無く、井戸や山水を共同水道とし、水洗トイレも無く、自然豊かだった都路被災者の帰還後の声です。「帰った人は、年取ってお米を作る事が出来ない。お米を作る人が居ないので買わなければならない。この度お米を送って貰って有り難かった。皆で少しずつでも嬉しいので分けあった。皆が喜んでいました。もう今は何も支援が無いので。私はお店を始めてみたけど大変です。食堂を始めてみた人も毎日赤字で、これからどうなるか?」


12月29日
被災地の中には、399号線に沿った海抜350~700メートルの山村、川内村、都路町、葛尾村、津島(浪江町)、飯館村、があります。全部被災地で放射能は北西部に流れ全町村が放射能度の高い汚染地区となりました。しかし20キロ圏内の賠償対象地区とはならない人が多く、裁判を起こしても未だに認められません。冬は零下10度から8度となる山村で、春までは路面が凍りつく為、町の病院や買い物にも行けない3000人ほどの山村です。特別な産業はなく、山菜や川魚を食し、農業畜産林業が主で、水道もなく井戸や山の水を共同水道とし、水洗トイレは無く質素を旨とし、素朴で忍耐強く、愛情溢れ、仲間を大切にし合い、口数が少なく、自分を飾ることも無い、出稼ぎも多い、貧しい山村の方々です。貧しさに慣れてる方々とはいえ賠償金が無くては生活することも出来ません。壊れた家を建て替えるお金もありません。荒れ果てた家に、店も病院もない所に、生活費も無い方々が仮設から出され帰っても、お米さえ作れず、放射能を帯びた野菜、山菜、山の湧き水を飲むしかありません。この方々の住居、田畑、環境、山、川、健康が蝕まれる事に、生活費がない事に、国は責任を取らず放置したままにしておいて、それでも福島は復興したと言えるのでしょうか?


12月30日
携帯に89歳被災者から電話が有りました。川内村の山村の自宅に1人暮らしのお婆さんです。眼が悪く人の顔立ちも判断出来ません。足腰悪く、掴まってやっと立ち上がる状態です。「川内村は、雪が降って寒さが半端でない。水が凍ったら困るので、温かいタオルで巻いて置いたら、朝が来て温かくなったら、水が廊下迄流れてしまってた。それからが大変でした。ありったけのタオルを出して、1人で這いつくばってバケツに何杯も水を絞り出した。もう、疲れはてた。これからが大変です。寒いし、外は滑るし、家の中に隠ろうと思う。春までは大変です。病院に2週間毎に膝の注射に行かないと。」


# by momofukuoka | 2018-01-08 17:38 | 福島の被災地の現状

私は、被災者の行く末を案じておりまして、被災者を後継者に委ねて、被災者が安心して頂けます事を願っております。余りにも過酷な被災者の年月です。生き地獄そのものです。国をあげての集団殺害、しかもジワジワと、生活も、住む土地も失わせて、家族もバラバラに引き裂いて、貧困と、病い、孤独、虐め、人権を失わせて、最後には高齢者を動物達の住む荒れ地に帰して、店も病院も無く生活出来ない環境に、「被災者達が、後はしてください」と丸投げされて、資金も援助も無く、おまけに被災者の方には、懐かしい幼い時からの思い出が詰まって、美しく楽しく幸せだった故郷、視るも哀れな悲しい荒れ地と廃墟に化したわが家、祖先が眠る荒れた墓、思い出の場所がみな廃墟に化した姿を見た時の、悲しみとショックの深さは想像を絶するものだったでしょう。せめて、動物の駆除や人が住める環境に整っているべきでしょう。


被災者は言います。


「若者は帰らないのだから、いずれ年寄りは皆死んで、無人の町になる。廃墟になって忘れられていく、原発のことも国民から忘れられて行く。国は最初からそれを予定していたのだと、今それが判った」と。


福島被災者は苦しんで亡くなって行きます。被曝の影響や心労と過酷さで倒れた人が多いです。これは国を挙げての殺人行為ではないでしょうか?


○○様。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。


福岡百子     


# by momofukuoka | 2017-12-10 06:04 | 福島の被災地の現状

原発事故当時の被災者

〈福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望み、ツイッターでさまざまな想いや、被災者の声をつぶやいております。そのツイートの中から、被災者の声をご紹介していきます。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。〉


11月14日  2011年3月12日、13時36分に1号機で水素爆発が発生したことを、福島の市町村長達には知らせが有りませんでした。その為に、爆発音を聴いた人もいましたが、知らなかった為に自覚がなく、子供達は外で無邪気に遊んでいました。浪江町の方々は運悪く、放射能の流れに添って流れる方向に避難誘導されたため、放射能を浴びる事になりました。爆発や放射能汚染情報を即、市町村長に知らせてくれれば、こんなに被爆被災者は出なかったのに。と被災者は悔しがりました。

11月15日  2011年7月福島被災者の支援をする為に朝日新聞の被災者の声をみて、福島県庁に電話をして避難所を教えて貰い、裏磐梯のホテルに避難して居る、大熊町の被災者の支援から私の支援活動は始まりました。被災者から状況を聞いて驚きました。住まいはお客には接しない所、シーツの交換もされず、寝巻き無し、ポットにお湯が入った魔法瓶。それだけでした。被災者は着替える下着も服も無く、部屋掃除は自分達で。たまに風呂に入れる事に満足してました。朝食事は卵のトロトロ焼き1スプーン、親指代のソーセージ2本、味噌汁とごはんのみ。昼飯は1品(例えば、カレーとかどんぶり物)のみ。夕食は朝と同じ様な物。野菜、果物、牛乳、おやつ、お菓子、お茶は無かった。トイレットペーパー、テッシュは自腹で買わされた。被災者はホテルに居ながら何キロも痩せたとのこと。被災者は散歩しながら山菜を採り、ホテルの魔法瓶の湯で茹でて、皆で分けあって食べた、と言います。当時国からはホテルに1人5千円を支払われていたと聞いてました。ホテルは猫ババしたと私は思いました。私の失敗は被災者に食べ物について聞かなかった事でした。今でも私の胸は痛みます。被災者は「寝る所が在り、痩せたけど、餓死をしなくて済んだので、感謝です。」私が贈った饅頭を、皆が泣きながら食べたのが忘れられない、と。

11月16日  裏磐梯のホテルに避難した人に普通の物資支援は届かない為に、被災者皆が用意されたバスに乗り、2時間かかって会津の支援配付所に着いた時には、残っている品物は殆ど無くて、被災者は行かなくなったそうです。私は思いました。「支援所には沢山のボランテアが居られるのだから、1人の運転手と1人の荷物降ろす人さえ居れば、出来る事だから、ボランテアの人が各避難所を廻って支援配りをすれば良いのに。何故、行政は自分達は動かず、被災者を動かす事ばかり考えるのか?[平等]がモットーの様だけど、支援が届く所と届かない所が在ってそれこそが不平等ではないのか?」

11月17日  私が関わった初めての被災者は裏磐梯のホテルに避難して苦しんで居られた大熊町の被災者でした。私は人数分のポリ袋にいろいろなお菓子を詰め込んで、手作りカードに、励ましの一言と私の名前、住所、電話番号を書き込み、「困ったことが有りましたら遠慮なくご連絡ください」とカードに書き、お菓子を入れた袋に入れて、リボンを付けて、1人1人に渡して貰いました。その甲斐があって被災者個人と結ばれる様になりました。ホテルでの避難は9月末迄と言ってたのに、ホテルの都合で急に8月末迄で出て行って欲しいと言われ、慌てて行政は空いてる家を探して、被災者1人1人は入れられてしまいました。粉引き小屋の上が住居となった人、風が吹きさらしで寒さと音が激しいと言う人も居ます。バラバラにされた被災者は孤独に耐え、原発の日から苦しみの連続です。家族は引き裂かれ、心安らぐ時が無く、1度も熟睡をしたことがない。将来の不安、いつも怯え今も悪夢で悩まされると。

11月19日  2011年12月年末近ついた頃、あちこちの支援所に物資が余っていて困っているとのテレビの報道を見て、福島には物資が届かず困っているのを知っていた私は、既に親しくなっていた役場の課長に電話し「役場同士で話をして余っている物資を廻して貰っては如何でしょうか」と伝えると、「県民から貰った支援は県内で使わねばならず、他県に廻すことが出来ないのが日本の仕組みなので、そこが難しいのだよ」の返事に唖然としました。こんなに非常時の時にも融通が効かないのが日本なのか?支援が届かない福島の被災者はどうなるわけ?余りにも悲し過ぎる日本の姿です。

11月19日  「仮設住宅は閉鎖されるので、やむなく長年悲しみを支え合った仲間と離れ1人自宅に帰りました。所が7年近く留守した自宅は全財産がネズミにかじられ、覚悟はしてましたが悲惨な状態でショックでした。一生食べられると保管してたお米も、何もかもネズミに食べられて。全財産を捨てたら疲れ果てて。これから布団から食器から何もかも買わなければ成りません。」昨夜聞いた被災者の声です。皆様。余りにも悲惨過ぎませんか?皆様。助けてください。福島の被災者に目を向けて、少しでも救ってください。

11月22日  2011年10月頃から被災者の仮設住宅への移動が始まりました。日赤の方の話です。「異例の大災害だった為に、大手の住宅建築会社だけでは間に合わない為に、国は住宅を作った事の無い建設会社にも仮設住宅のマニュアルを渡し、仮設は2年持てば良いとの事でマニュアルに基づいて作ったとの事だから床が落ちたり、隙間があったり、カビが生えたり、強風で家が揺れたり、寒さ、暑さが有ってもしょうがない」と。皆様、しょうがないで済む状態では無いでしょう?被災者は行政に訴えたけど、無視されたり、応急修理で我慢を強いられました。2年の筈が6年も悪環境に耐え被災者は病に倒れました。

11月23日  仮設住宅に被災者が住み始めた頃、被災地の周りの住民は放射能を撒き散らすとして嫌がりました。被災者達が散歩すると、「家の野菜が売れなくなるから、歩くな」と言われたり、学校ではバイ菌扱いされたり、買い物をしに店に行くと、篭の中をジロジロと覗かれたり、大声で「あんた達は良いね、お金を貰って生活をしてるのだから」と言われて買い物に行けなくなったり、自宅に籠って鬱病になった被災者は多いです。挨拶したら、「近寄らないで!」と言われ、借り上げ住宅の人は誰も友が居ないので、情報も入らず孤独になって、福島人を隠し知られないようにし、6年過ぎても1人も友が出来ないとの事。白い目で見られ続け、心身疲れ果てボロボロになったと。福島被災者が新車を買うと、贅沢と言われ、車は傷つけられ、行き場が無くて仮設のベンチに座っていると、「昼間から遊んでいる」と。被災者は不便な所に住んで居るので、車が無いと病院や買い物や仕事に行けない事を知って!

11月24日  福島被災者の仮設住宅は、町から離れて食品や生活用品店、病院が遠く交通の便も悪く、不便な所が多いでした。高台で風の吹きさらしの所も在り、下水処理場の近くで悪臭が強い所や、お墓や火葬場の近くの仮設住宅も在りました。被災者は「最初はお墓が自宅の隣に在るのが嫌だったが、死者に守られて居ると思うと、かえって安らぐ様に成りました。朝はお墓の方々に《私達を守って下さい》と願い、夜は《有り難う!おやすみなさい》と。怖いのは、私達を不幸にする人達です」と。

11月25日  仮設住宅は県の管理に置かれ、町長に託されない為に、町役場は勝手に仮設の人の配分は決められません。どの仮設に何人入居かは県が決め、誰が入るかはくじ引きで決められます。その為に、入居者は見知らぬ初めての人が多く、仮設住宅は4畳半1部屋の所も在り、2部屋以上の所は少なかったので、家族が一緒に住めず、家族、友人、仲間と離れてバラバラとなり、孤独になって鬱病になった人が多いでした。特に若い人は仕事や子供の学校の為に住居を求める事になり、家族が一緒に住めなくなり、父母や祖父母と別れて仮設に残された高齢者は鬱病になった人が多いでした。何故仮設住宅を県は被災者の市町村長に任せないのか?被災者の役場に任せれば、被災者の仲間や家族を離す事なく町毎に同じ仮設に住んで支え合えたのに。被災者の悲しみ、苦しみ、苦情処理も解決出来たのに。やたら国の復興庁が関わると、各庁の横の繋がりが無い為に、被災者は環境省、国土省、、と回され未解決で終わって、被災者は疲れ果て諦めるしかないでした。


11月28日  放射能高く被災地に帰れない人の為に、国は災害公益住宅を造る事と管理の責任を県に任せ増した。その為に仮設の時の様に市町村長は関わる事が出来ません。その為に、くじ引きで当たった被災者は入居の説明会、鍵の引き渡し等、県からの知らせがある度に県が指定した所まで、遠方でも行かねばなりません。病人、足が悪い高齢者は行くに行けなくて諦めた人もいました。しかも自分が入居出来る部屋は前もって判らず、視ることも出来ない為に、カーテンのサイズも皆違うので、前もって買って備える事も出来ず。鍵の引き渡しのお知らせを受けて2週間以内に引っ越さなければならず、鍵を渡されて初めて部屋に入り、辺境な吹きさらしの遠方で不便な事を知って、キャンセルする人も結構いました。ずさんな建て方でも、さんざん待った被災者は、2週間以内に引っ越さなければならず、コンセント以外に何も無い部屋を見て、電球、エアコン、ガス台、カーテン、机、ロッカー、タンス何もかも買い求め、自力で引っ越し屋を探して、全てが自己負担でしなければ成らず、引っ越し後は学校、仕事も探さねば成らず、被災者はさんざんな思いをしても、県の管轄なので苦情を言う所も無く、苦しみを受け入れ、町が違う人同や初対面の人が多く、隔離された中で自殺する人、孤独死が増えたと。


# by momofukuoka | 2017-12-04 15:58

〈福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望み、ツイッターでさまざまな想いや、被災者の声をつぶやいております。そのツイートの中から、被災者の声をご紹介していきます。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。〉


11月9日 原発被災者に寄り添う事が晩年の仕事でしたが、体験した全ての事が、結婚生活、修道生活、終末病棟勤務、癌末期手術体験、虐め体験、子供時代の転勤族、虚弱対質、膠原病、難病、等、全てが福島原発被災者の苦しみを理解するために、苦難の経験ほど役立つことは有りませんでした。

11月9日 福島被災者の仮設住宅は隣の音が丸聞こえで、隣のいびき、トイレットペーパーをちぎる音まで、聞こえていた。隙間風が入り、カビが生え、床も抜けたりして大変な所もありました。「仮設住宅は原則2年もったら良い」とのマニュアルで建設したのでガタが来て当たり前、と日赤の人から聞いてました。2年の応急処置の仮設に7年の年月、被災者は苦境を堪えつつ過ごしました。部屋は1部屋か2部屋で荷物の置き場もありません。窓は1つしかない所や、外を歩く人から丸見えで目と目が合ったと、いう所もありました。悪環境や非道な扱いを被災者は国に訴えましたが、全てを無視されながら、苦しみ抜いた被災者を、今度は放射能で崩壊して住めなくなった荒れ地の被災地に無理やり返そうとして、仮設も壊しています。役場が住民に帰る促しをするために自宅を廻っているとも聞きました。国民も福島への関心は無くなり、誰を頼ったら良いのでしょう? 助けてください!

11月11日 仮設住宅で最初から双葉町の住民を支えておられた自治会長が膵臓癌で亡くなったので、身内でただ1人生存しておられるお姉様に、昨夜電話をしました。「お陰様で双葉町のお墓に納骨して来ました。本人は双葉町に帰りたがっていましたので両親が眠って居る所に一緒に納骨をして来ました。普通は入れない所ですが、許可を求めて行ってきました。以前は帰るのが楽しみな心休まる美しい自然豊かな所でした。今は見る影も無い荒れ地です。皆で耕した畑も、セイタカアワダチ草が4m5mも伸びて、猫柳も3m4mも伸びて、何処か区別がつかない状態で、胸が張り裂けそうでした。昔、先祖達が開墾した時もこんなだったでしょうと、折角私達の為に、町を創ってくれたのに!災害の日から道路1つ作っていない、変わり果てた双葉町の姿に、涙して帰りました。原発は恐ろしい!もう嫌だ!

11月12日 30代男性。原子炉建家が爆発した時に、運悪く、外部から仕事で爆発を知らず中に入ったそうです。多量の放射能を浴びてしまい、寝たきり状態で苦しんで居られるとの事。お母さまが看病をしておられるとの事。「従姉の息子なので、気になるし顔もみたいけど、姿が辛すぎて行けないでいます。未だ30代の若さで何も出来なくなっちゃった。こういう被災者も居るんですよ。と、皆に言いたい。」被災者の言葉です。

11月13日 原発被災者は7年近く、7、8回も引越を繰り返しながら不自由な避難生活を強いられています。「私達は避難したのでなく、故郷を追い出されたのです」と被災者は言います。彼らは7年過ぎた今でも、引っ越し先の住民になることが出来ません。日本では住民票は1人に1つと決まっているからです。その為に被災者は避難先の住民にはなれず、地域の行事、活動、ごみ収集、投票、習い事等参加出来ず、その為白い目で視られ、孤立して友達を作ることができません。就職も住民票が無い為正規社員になれず、仕事を求め単身赴任で除染作業に夫は行き、若い妻は子供を抱えながら1人、世間の厳しい批判に耐えつつ、鬱病となった被災者、我が子が学校で虐められて登校拒否になって1人苦しむ妻も多いです。浪江の馬場町長が、政府に「原発被害は国の責任だから、避難先の住民票も作成して欲しい」と2度国会議事堂に行ったようですが、門前払いされたと聞いております。被災者にとっては被災地の住民票を抜くと、賠償を外されるので途方に暮れてます。


# by momofukuoka | 2017-11-17 07:45 | 福島の被災地の現状

もとシスター人生体験①

福岡百子は、体調の許す限り被災者と対話をし、その声を世の中に伝えていきたいと望んでおります。音声入力で始めたツイッターで、さまざまな想いや、被災者の声をつぶやいております。そのツイートの中から、被災者の声をご紹介していきます。ツイッターアカウントは「もとシスター人生体験」です。


10月2日 福島の被災者の声です。「子供の甲状腺癌が半端でない!原発の影響だ!といくら訴えても、原発と関係ない!と200回もねじ伏せられている。我ら60代は小高に帰って放射能を浴びる事になり、やがて死んで小高も無人の町になると思う。もう希望も何も無い!訴えても、何をしても、もう駄目だ!何も信じられなくなった。神は信じて待てと言うけど、神も何も信じられなくなった。もう嫌な事だらけ、どうなってしまったのか何処を向いても嫌な事だらけ。子供や孫が可哀想!どうしたら孫達を救ってやれるのか!我等をこんなに苦しめて、まだ再稼働をするとは!」皆さん。どうしたらよいのでしょう?

11月5日 福島の原発被災者と今日話をしました。「放射能を浴びてから、免疫力が低下し、半端でない疲れで悩んでいます。口内炎がいつまで経っても治らない。痛くてしみて食べられないし、話をすることも出来ない。原発の後、鼻血も出た、産毛も抜けた。葛尾村の仲間は何人も体験している。6年8ヶ月も経ったのに、福島の復興はどうなって行くのか?われわれ被災者は疲れ果て、気力も何も無くなった。みんな病気で倒れてる。次から次に亡くなって逝く。」 みなさん、福島の被災者をこのまま放って置いて良いのでしょうか?安倍総理は「福島の復興無しには、日本の復興は無い」と全世界に公言したのに!

11月6日 福島被災者、原発の地、双葉町の現状です。放射能が高くて住むことが出来ません。国は中間貯蔵庫の土地は買っても、他の土地は買ってくれません。その為に、住民は住めない土地の税金が自動的に引かれます。買って貰えないかぎり、被災地の土地の税金は子々孫々請求されて行きます。帰れず、住めない被災地の荒れ果てた土地の税金を何故被災者に請求するのか?住めなくしたのは誰なのか?チェルノブイリを見習って欲しい。放射能の土地には入ってはならないとして柵をして、被災者には他に住む土地を与えてくれたではないか?福島もそうして欲しかった。だのに、放射能のある荒れ地に、帰還宣言して「帰りなさい。後は、被災者が何とかしなさい。」と丸投げされた。店も、病院も、交通機関も、道路設備も何も無くなった所に。猪に荒らされて、暗闇の荒れ地に。


11月7日 福島原発後、仮設住宅の自治会長として長年住民を世話してとても献身的な浪江町の被災者の方に、久しぶりに電話をして、驚いたのは2年8ヶ月前でした。あんなに元気で住民の為に頑張って居られたのに、心筋梗塞、脳梗塞となり、声が出なくなり、歩けずトイレにも行けなくなって奥様が抱き抱えてトイレに連れて行ってるとの事。本人が電話に出ましたが、会話にならない声で2言3言。そのか細い声に、私の胸は張り裂けそうでした。あんなに住民の為に走り回って居られた方が。早速食品を買って送りました、元気づける為に。その後気になりつつも私は忙しく電話も出来ずに。2日前気になって電話をしました。「2016年1月1日に祖母が亡くなったら追いかける様にして2月13日に亡くなりました。」妻の言葉に私は、また人亡くなってしまった。どんなにか辛かったでしょう。悔しかったでしょう。福島の被災者方は故郷を思いつつ、長年の苦しみが報われぬまま、沢山の方が亡くなって行かれます。


# by momofukuoka | 2017-11-10 09:42 | 福岡百子からのメッセージ