2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

祈りと感謝をこめて

今年も残すところあと数日となりました。今年も異常気象による災害、事件など、悲しい出来事がたくさんありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、来年は少しでも悲しい出来事がこの地球から無くなりますようにと、熱い祈りをもって新年を迎えたいと思います。

今年も皆様にはたいへんお世話になりありがとうございました。福島の方々に温かいお心をお寄せいただき、尊いご支援金をお送りいただいたり、心を込めた真心いっぱいの食品、生活消耗品、衣類、手芸品などをお送りいただき、本当にありがとうございました。

被災者の皆様は「私たちを忘れずに、今なお心にとめていただいて本当にありがたいです。忘れられつつある私たちは失望し、生きる力を失っておりました。ですのに、私たちを本気になって考え、本気になって心配してくださる方々がこうして居られるのに、私たちは負けてはならない、くじけちゃならない。福岡さん、私たち頑張るからね。私たちの心の支えになってくださいね。一緒に支えていってくださいね」とおっしゃっていました。

 
【変わらぬ現状】
皆様、災害があって間もなく5年になろうとしております。もう5年も過ぎたのです。災害の年に生まれた子どもは5歳に、1年生は5年生に! 5年という年月をご自分に当てはめて人生という年月を思った時に、あまりにも長すぎる年月ではありませんか?

災害の日の地獄を見、体験してきた年月、寒さに耐えながら段ボールを敷いて寝た日々、転々と避難所を廻った日々、その間、親子バラバラになり、肉親の死を味わい、幼いながらも学校も転々と変わり、夫は生活のために妻子を置き単身赴任で出稼ぎに行き、放射能を恐れて逃げたはずの方々が生活費のためにあえて放射能にさらされる除染作業に赴き、2年保てば良いという国のマニュアルに沿って建てられた応急仮設住宅に、応急ではなく4年も住み続け、しかも人としては考えられない悪環境の応急仮設住宅にまだ数年住み続けなければならないというこの現実。引っ越すたびに、せっかく築いたコミュニティはその都度バラバラにされ、今度入居予定の復興住宅も、町の要望は聞かれず、県に決定権があってくじ引きで決められるために、被災者方は仮設の仲間や友人たちを離れ、新しくコミュニティを作り直さなければなりません。

また原発事故の賠償に関しては、実際の放射線量の基準ではなく、20kmという距離で決められたために、放射線量が高くても賠償金の無い所との格差があり、これが被災者の生活を脅かし、あらゆる問題を起こす結果となりました。国は賠償問題の責任は東電にあるとし、町役場もノータッチですので、被災者が各々東電に書類を出し、自ら手続きしなければならないようです。役場の言い分は、「被災者は一人一人財産が異なるので、被災者自身にやってもらわなければならない」とのことです。「東電の担当者によって異なるので難しい。被災者の言い分が通らないので、今もって成立しないので困っている」という被災者もおられました。

いずれにしろ、何事においても、国は被災者任せ、成り行き任せではなく、もっと真剣になって、親身になって国民のことを思ってもよいのではないでしょうか?と思うのですが。


【被災者の声】
〈9月5日に避難指示解除宣言された楢葉町の老夫婦(76歳)〉
「息子夫婦も孫も楢葉には帰らないと言うので、私たちは3日ほど楢葉の自宅の帰り、仮設に戻っています。今、牛はどこかに行っていませんが、イノシシ、タヌキ、サル、カラスがいます。野菜をせっかく作っても、動物に食べられるかもしれない。以前は野菜、米などを買ったことが無かったのに、今はジャガイモ一袋ずつ買っている。悲しいですね。自宅に帰ったけど、仲間がいない、店も無い。今まで楢葉は田と畑だった。だけど今、7千人の作業員が入っている。私宅のすぐ近くにも150人の除染作業員の宿舎ができた。地主の許可なく作った、と地主は怒っている。」

〈都路、85歳の母、60代の息子、孫の3人家族〉
「都路は970戸です。そのうち104戸が20キロ圏内。20キロ圏外の866戸は賠償金がもらえません。災害の日は何年ぶりかの大雪でした。雪で屋根が壊れました。あれから何年も戻っていません。たいていの人は家が壊れたまま直していません。家を壊すだけでも270万円かかる。だけど公的な支援は30万円しか出ない。壊す金も無い。20キロ圏内の人は新しいうちを建てることができるのに、他の人は何もできない。差が大きい。人がだいぶ亡くなりました。私も髪がふさふさだったのに、2年半前、1カ月で髪の毛が1本もなくなった。29年3月で仮設は打ち切るという。どうしようもない人がいっぱいいる。我々はどうしたらよいのだろうか?」

〈大熊町の老夫婦(80代)〉
「震災前に大熊町で亡くなった人は年間50人くらいでした。しかし4年8か月の間に大熊町の人だけで800人亡くなりました。大熊町の4分の1の面積を占める大川原という町があります。そこは東電から6キロの所であり、いまそこは0.03マイクロシーベルトくらいという。そこに東電で働く人の宿舎があり、1日3000個の弁当を作っているという。国は3年後の平成30年までに、そこに復興住宅3000戸を作ると言う。3年過ぎたら帰ってよい、と国は言いたいみたい。」

〈第一原発で働いている人の声(50代)〉
「私は30年 以上働いています。今は第一原発の建屋の外回り、給水の仕事をしています。朝3時半に起き、4時から出かけます。第一原発では7000人~8000人働いています。長時間できないので交代で仕事をします。私たちは国の指定病院(広島の大学病院)で原発追跡調査に登録して総合検診を受けています。モルモットです。」


【他者の幸せを願って】
皆様、私たちの力は小さな力かもしれません。でも同じ「志」をもって支え合い、力を出し合うなら、輪は輪を招き合い、少しでも社会に貢献できませんでしょうか? 大きなことをしなくてよいのだと思います。例えば、郵便配達の人は、「ご苦労様、寒いので気をつけてくださいね」という一言で、心のぬくもりを感じ、幸せとなり、その温かな思いが少しずつ世の中を変える力となりませんでしょうか? 実践こそ大切かもしれません。「他者の幸せを願う心」、これも来年の目標でもあり、「私たち支援活動の志」でありますよう、皆様にも心からよろしくお願い申し上げます。

寒さも一段と厳しくなってまいります。ノロウイルスも流行っているようです。くれぐれもお体を大切にされてくださいませ。今年も本当にありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-12-21 19:52 | 福島の被災地の現状