2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

福島を風化させないように・・・

急に肌寒く感じられるようになりました。空気も乾燥し、喉も傷めやすく、ノロウイルスにも注意を要する季節になりました。体調も崩しやすい時期かと思いますので、どうか気をつけてお過ごしくださいますように。

旭化成建材問題、データ改ざん、汚職、国の秘密主義、マイナンバー制度。国民が納得しないうちに、次々に決定され、将来の不安を誰もが感じるようになりましたこの頃です。本当に私たちの人権、自由はどうなるのか。安心した社会づくりに逆行してしまうのではないか。詐欺、不正が巧妙にエスカレートし、殺人が日常化してしまった日本。私たちの手で、前のように穏やかで平和な日本を取り戻すことはできないものでしょうか? 


【被災者の住居へのずさんさ】
旭化成建材問題は本当に大問題で、被害を受けられた方への対策を国としても対応できないのでしょうか、と胸を痛めておりますが、福島被災者の住宅に対する国の対応のずさんさに、「無慈悲」という言葉と「絶望感」という思いが私の中にも湧いてくるようになりました。

復興住宅に引っ越しされた方からの話です。
「普通は引っ越す前に、建築会社が建物をチェックし、公営住宅なら、県の職員も確認をして、承認を得てから引っ越すのが普通でないかと思うのです。ですのに、私たちが引っ越してからチェックしに来るのです。びっくりしたのは、新築したばかりの住宅なのに、もうかびているのです。それにエアコンの管が押入れの中を通っているのです。これでは布団が湿気てしまいます。

私たちは無料で入居したのではないのです。3か月分の家賃を前払いし、毎月の家賃も払い、もう被災者扱いではないので、エアコン・ガスレンジ・照明器具・カーテンなど、50万円はかかりました。被災者は自分で自分の家を決められないのです。県がくじ引きで決め、私たちは言われた所に入所するしかないのです。事前に見ることもできず、鍵を渡されたら20日以内に引っ越さなければなりません。鍵を渡されて、初めて家の中を見るのです。窓があるとかないとか、不足があっても受け入れるしかありません。」

仮設住宅もマニュアルに沿って建てたということでしたが、床も抜け、隙間風が入り、湿気が多く、ずさんさそのものでした。公営住宅と言われる復興住宅も、被災者の住居だからと言ってずさんでよい、と許してよいのでしょうか? 2011年の3.11から苦しみ通してこられた方々に、「これでもか、これでもか」となぜ苦悩を与え続けるのでしょうか?


【総理をはじめ議員さん、指導的立場の方に】
子供のいじめ問題、パワハラ、セクハラ、ママハラなどが問題になっております。しかし、福島原発被災者への国の対応を見ると、国を挙げての“いじめ”のように感じてしまうのは、私の思い過ごしでしょうか? 被災者の命と生活を救おうとする本気度の無さ。被災者方は言います。「議員さんたち、私たちの所に来て、一緒に住み、生活してみてください。そうすれば、私たちの苦悩はわかります。だのに、誰一人としてきたことが無い。体験しないでどうしてわかるのか?」

福島第一原発で働く人の声です。
「総理が来るとなると、我々は仕事を止めて、総理が通るところを片付け、掃除をします。見せるコースも決めています。」

私は思います。国としては対外関係の目標があって、総理が諸外国を訪問される時に、多額の援助資金を約束されるでしょう。経済を目標にされてかと思いますが。その資金があるなら、まず苦しんでいる自国の国民に目を向け救うことを最優先にすべきではないでしょうか? 大変申し上げにくいことですが、総理をはじめ、議員様方のお給料、あらゆる国の財源は国民の税金で賄われているのではないでしょうか?

言葉よりも、生きる姿かと思います。君子の民を思う信念、生き方、自ら身を引き締め、質素で慈愛深いお姿とお心に、天の悟りと知恵を賜物としていただき、歴史に名を残す君子となられるのではないでしょうか? 議員の皆様に。あらゆるお立場の、人を導き、上司と言われる方々に、日本を変える君子となっていただけますよう心からお願い致したく存じます。

あらゆる面で失望し、元気を失ってしまった日本です。明治維新の時のように、日本に命を吹き返す志ある方々が使命感を抱いて立ち向かってくださいますようにとお願い申し上げます。「お金を求めれば、お金は逃げていく」という言葉を聴いたような気がします。「命を大切にし、愛し合うことを大切にしていると、自然に天は必要なものを計らい、あらゆる面で安定する」と聞いております。


【被災者の帰還について】
国は、被災者の方々のほとんどに平成29年3月には元の町や村に帰ってもらうようにするつもりでいます。「町として恐れていることは、人口流出です」と役場の幹部は言っております。「一人でも多く帰って欲しいのです。」仮設住宅もその頃から壊し始めるでしょう。国からの地方交付金は人口数で決められる、と聞いております。人口の多い都市は補助金は多く、人口の少ない市町村は補助金が少ないために、役場の資金源も少ないことになり、人口流出は資金不足となり、深刻なことにもなり得ると聞いております。

しかし現実、帰るに帰れない村人の方をご紹介いたします。今は仮設に住んでいる川内村の80代の女性の方です。「災害前、子どもたちは皆、県外遠くに嫁ぎ、夫婦二人で農業をしながら生活してました。その後、夫は病気、入院し、費用が掛かったために、国民年金のための保険料を払うお金が無く、一時期、支払うことができませんでした。その後、夫が元気になったので、未納分のお金を支払いに行ったら、“支払えなかった時の手続きをしなかったので、今は手続きができないのでダメです”と断られ、そのために、いま国民年金は月3万円です。夫は災害前に無くなりました。

川内村の我が家は、災害で屋根も壊れ、家も崩れそうなので、何十本の棒で家を支えています。そんな所で私は怖くて寝られません。自分もつぶされます。私の家は原発から30キロです。ですので、お金もいただいてないし、賠償も補償もありません。29年春に仮設を出たら、どうなるかわかりません。」

皆様、福島の方々の現実を忘れないで欲しいのです。無関心とならず、皆様で福島を風化させないよう、ネットで拡散していただきたいのです。どうぞよろしくお願い申し上げます。


【支援品をお願い申し上げます】
被災地はこれから寒さが厳しくなっていきます。生活消耗品、食品、義援金のご支援をお願いいたします。ご支援いただけます方は、被災地をご紹介申し上げます。ご不明な点は、福岡までお問い合わせください。どうぞよろしくお願い申し上げます。恐れ入りますが、これらのご連絡につきましてはAM11:00~17:30にお願いいたします。なお、すぐにお返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
ご支援をいただけます方は、被災者をご紹介いたしますので、福岡百子までご連絡くださいませ。
〈問い合わせ〉
福岡百子 携帯メール f.mom.1941@ezweb.ne.jp  FAX 047-346-8675
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましてはAM11:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします。なお、すぐにご返事ができない時もありますので、申し訳ございませんが、再度ご連絡くださいますよう、お願い申し上げます。)


※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-11-02 11:04 | 福島の被災地の現状