2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

福島についての勉強会のために

福島原発事故があり、丸4年が過ぎ、再び3.11の当時の映像が流れ始めた頃から、福島被災者の方々を“忘れてはならない”と、勉強会や、福島の方々に目を向ける集いが、最近見られるようになりました。私はこのことを大変うれしく思いますし、“決して忘れないでください”と全国の皆様に叫びたいと思います。今、福島原発被災者は、全国の皆様に忘れられようとしておりますし、関心がなくなっておられます方があまりにも多く、すでに他人事、過去の事にしておられます方があまりにも多く感じられるからです。しかし現実は、福島原発被災者は地獄のような生活を必死で耐えておられ、あらゆる人権が踏みにじられておられるからです。

今日はある支援者の方から、“福島についての勉強会があるので”ポイントを箇条書きにまとめて欲しいと依頼され、まとめながら思いましたことは、ブログをご覧の皆様にもポイントを箇条書きにしたものが役に立つのではないでしょうかと考え、今まですでにお伝えしましたことではありますが、まとめてみましたので、ご参考になさってくださいませ。


【福島原発被災者の抱える問題】
①福島原発被災者は、住民票を移動すると、「被災者」としての扱いをされなくなり、賠償請求もできず、被災者としての恩典は無くなります(医療費、家賃、諸税金)。残してきた土地(田畑・宅地・山林)、家、家財、財産すべての賠償請求もできなくなります。

②住民票を移動できないために、避難先・移住先の住民とはなれず、住民としての保証や権利も得られず、就職も難しいです。(浪江町の馬場町長は、「福島原発被災者には特別に“住民票に代わるもの”を」と以前から国に願っていますが、国からの回答は無いとのことです。)

③原発被災者は、避難する理由も告げられないままに、すぐに自宅に帰れると思って着の身着のままで避難しました。原発被災者は、原発事故ゆえに家族(親子や夫婦)が分断され、事故さえなければ住める家にも帰れず(新築したばかりの人にはローンだけが残り)、残してきた家屋敷・田畑・先祖代々の山林・全財産への保障も賠償もしてもらえず、失ったものの対価としては考えられないほどの安価で国から押し切られてしまっています。なんと先祖代々守ってきた山林が「一坪10円」とは、被災者をあまりにも馬鹿にした話だと私は感じます。しかもこの賠償額は、国の賠償委員会が決めるということです。

④「2年もてば良い」とのマニュアルで建てた仮設住宅は、当時、数を必要とし、住宅建築が専門外の会社もマニュアルに基づいて仮設住宅を建てました。そのためか、当初から建築に種々の問題(隙間風、床、湿気など)があり、被災者の皆様は苦しんでいました。そして、隣の音が丸聞こえの薄い壁、四畳半の部屋に所により2人または3人、考えただけでも息が詰まりそうな、ストレスが溜まりそうな所に、今も住み続け、いまだ3年も住み続けなければならない部落もあります。“仮設にいただけで狂いそうになる”という人もいます。当然と思います。

⑤今、国の方針は、“原発被災者を元の地に返す”ということです。そこは放射線量が高く、十分な除染も行われず、店も病院も無く、将来人が生活できるかどうかわからない所にです。若者は帰りません。帰ったとしても、年寄だけです。被災者は言います。“若者が帰らないなら、将来は無人の村・町になります。津波被災者には住宅が必要ですが、国は帰村・帰町させるつもりの所に、いまだ復興住宅を作っておりません。”さらに言えば、もはや住めないほどに自宅が荒れ果てた被災者のためにも、修繕のための十分な保障か、復興住宅がではないでしょうか。

⑥国は強引です。専門家が放射能のリスクの可能性を示そうとしても、国に聞く耳は無いそうです。すでに広野町、川内村、都路町、南相馬(小高区を除いて)は、避難指示解除になりました。今、楢葉町が解除方向にあります。楢葉町の方から聞きました。「4月6日~7月5日まで、長期宿泊令が出ました。町民には何の話も無く、突然、町長に“こうだ”と言ってくるようです。そして国の責任を町長に押し付ける感じです。」避難指示解除宣言は、順次、楢葉町、飯舘村、葛尾村、そしてやがて浪江町、富岡町の一部、大熊町、いつの日か双葉町へと出されるようです(大熊町や双葉町は30年後と言われています)。

⑦被災者は、「“被災者の土地は被災者ですべて管理するように”と国から言われました」と言います。
「すべて“自己管理せよ”というのです。4年間放置した土地は荒れ、田は太い竹の林のようになりました。自宅の台所には竹が生え、家の中にはきのこが生えています。庭にはイノシシがたくさんの穴を掘っています。イノシシは狂暴化して、怖くて一人では自宅にいられません。タンスの中はネズミの糞だらけです。このままでは住めません。すべての家財を処分しました。しかし家を建て替えるだけのお金もありません。」

⑧避難指示解除宣言されると、被災者扱いではなくなります。それは、被災者が、私たち一般国民と同じ扱いになるということです。精神的賠償金として被災者に支払われていた1人月額10万円は止まり、医療費・家賃・諸税金等の免除もなくなり、被災者としての免除はすべて無くなるとのことです。光熱費は最初から(2011年から)免除されていませんでした。家族が多く、仮設住宅を3戸借りた人は、3戸分の電気代(3戸分の基本料も)を支払わされました。

⑨「被災者の土地は被災者ですべて管理せよ」という国の命令は、福島被災者を故郷から離れられなくしています。彼らは言います。「30年後に、もしかして子どもたちが帰るかもしれない。そのためには先祖の土地を荒れ地にしてはならない。だから片道2時間かかっても、田畑を耕しておかないと、本当に使えなくなるので、将来の子どもたちのために、田畑を耕しに週1回は帰るのです。この間までは、国からの指示で1時間しか働けなかった。今は3時間働ける」と。

⑩“すべて自己管理せよ”と言われた原発被災者は、福島から離れられないのです。遠くに避難したくても、新しい住居を安全な所に求めたくても、移住したくても。お金もつてもありません。
⑪国から見捨てられた、とわかった福島被災者の多くは、今、絶望的になり、会話も無くなり、「どうしてよいかわからない」と言います。そして、「あなたたちは東電からもらう多額のお金で生きている」という周囲からの冷たい視線に怯え、そうした誤解をじっと耐えています。皆様、原発被災者は心に深い傷を負っています。孤独です。悲しみを癒せないでいます。


【皆様へのお願いです】
関東の電力のために、つまり他者のために犠牲になり、今なお地獄のような状況におられる福島原発事故の被災者、この方々を救っていただけますのは、この記事をお読みの皆様です。私、福岡百子は、病弱でもあり、74歳になりますので、支援活動にも限界があります。“天から授かった尊い一人一人の命”、他者の幸せを真剣になって考えてはいただけませんか? “あなたの小さな支援”で、一人の心を救ってはいただけませんか?

 私は継続支援者を探しております。その方に、私の志を引き継いでいただき、大切な被災者の“心の友”になっていただきたいのです。大きなことはしなくてよいのです。“まごころ、優しさ、天使の心、友の心”になっていただきたいのです。そして、“あなたと被災者の絆”が、被災者にとっての大切な支えになっていただけますことを、心よりお願いしたく存じます。

私、福岡百子は、いつかこの世から去る身です。去る前に、しっかりと被災者の友となる方に、私の志をお伝えさせていただき、私は安心してこの世をさりたいのです。どうぞ温かい目を福島原発事故被災者に向けていただき、一人でも多くの方をお救いくださいますよう、心からよろしくお願い申し上げます。お気持ちのおありになられます方は、私、福岡の携帯・メールにてお問い合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【支援品をよろしくお願い申し上げます】
支援が必要な状況は変わっておりません。皆様の優しいお気持ちをどうぞおよせください
福岡百子
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。

なお、英語版ブログ Reality of Fukushima (Voice of Momoko Fukuoka )http://momfukuoka.blogspot.jp/もあります。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2015-04-15 08:27 | 福島の被災地の現状