2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お詫びと訂正など

【お詫び】
皆様に大変間違った情報を流してしまったことをお詫び申し上げます。

真実をお伝えするはずの私が十分な確認をせず、違った情報を流してしまいました。それは皆様の尊い義援金についてのお知らせです。私は今日、大熊町、南相馬市、広野町の仮設住宅自治会長様に皆様の義援金についておたずね致しました。皆様一様に2、3回、2万円~3万円戴いたということでした。それは義援金として通帳に振り込まれたということでした。2011年末頃が第1回目でしたとのことでした。

他の市町村も聞けばすぐにわかることですが、このお知らせは早くした方が良いと思いましたので、本日訂正させて頂きます。誠に申し訳ございませんでした。

配布された時期は町によって異なっていたかと思います。町によっては、除染費用の為にとっておくと当時言っていた所もありました。町によってどんな使われ方をしたか、細かいところまでは私はわかりません。そして現時点で皆様の義援金がどんな使われ方をしたのか、細かい所まではわかりません。しかし、間違い無く皆様の貴い義援金が被災者の手に渡っておりましたことをお伝えいたします。申し訳ございませんでした。


【被災者の声―大熊町の方から聞いた話】
「皆様からの義援金は2、3回ありました。これは大熊町役場から配布されました。しかし、国からは一銭もありません」。

「原発は国が起こした事業ではないですか。東電だけに責任を負わせているけれど、国が責任を持つべきではないですか?」

「僕達が悲しいことは国が他人事のように言っていること。未だに国は福島の人に謝罪を言わないことです。国は僕達に謝罪を言って欲しいです。こんなに国民が苦しんでいるのに…」。

「こんなに苦しんでいる時に、オリンピックで工事の人材がとられ、福島には工事の人が足りず、資材も入ってこない。いつになったら普通の家に住めるのか?」

「家族と離れ、1人孤独になって、4.5畳1間の仮設に住んでいる年寄りはあまりにも酷過ぎる。もうこもって、集会室に誘っても来なくなった」。


【支援のお願いです】
・寝具(布団、毛布、シーツ、タオルケット、枕)下着、靴下、生活消耗品、食品(米、調味料、レトルト食品、缶詰、乾物、お茶、駄菓子)古着(年配者向けのシンプルなもの)
・中古マイクロバス(被災者が被災地の案内をする為に)

※被災地を訪問された方にお願いします。
善意で被災者が被災地を案内して下さった時には、お見舞い金として少しで結構ですので、心を表して頂けたら有難いです。彼等は仕事を休んで案内してくださっておられますので。(これは福岡の思いですが)よろしくお願いいたします。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【被災地への支援に関するお問い合わせ】
福岡百子
FAX 047-346-8675
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2014-03-17 09:15 | 福岡百子からのメッセージ