2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

福島被災者の自宅は今

◆お墓参りに故郷に帰った福島の被災者

東北の人にとってお盆は大切な日です。亡くなった先祖の供養のために1年に1回、父母の元(実家)に身内が集まり、そろって墓参りをします。墓の前で親は子や孫に先祖の思い出話をし、墓参の後は実家に集まり、食事をしながら、久しぶりに会う子供や孫の話を聴き、互いに絆を深め、安否を確認し合う大切な日です。ですので、どんなに多忙であっても、遠方であったとしても、親元に集まる大切な日です。ですので、お盆に故郷に帰れるか否かの重さは、都会の人には理解し難いことかもしれませんが、「帰れない」ということは、東北の人にとっては断腸の思いなのです。

写真を提供してくださった方は大熊の方です。3.11後、3度目の夏を迎え、初めてお墓参りが許可された、とのことです。防護服を着用しての墓参りは、言葉で言い表せないほど暑かった、とのこと。

「大熊は線量が高く、いまだ30~60マイクロシーベルトのところがある。お墓は除染した今でも、11マイクロシーベルト以下にはどうしても下がらない、と言われた。自宅に行くと、外は15マイクロシーベルト。室内は11マイクロシーベルト。長く居られないので、そそくさと帰った。だから写真を撮る時間もあまりなかった。動物達もいろいろいる。自宅は今でも泥棒が入り、物を盗られる。自宅に帰るたびに、朽ち果てる我が家を見るのが切なくなっていき、見るのが耐えられない。帰る人も少なくなり、諦める人が多くなってきた。しかし国は、はっきりと言わない。復興住宅もなかなか建たず、しかも津波の人優先と言う。私達はいったいどうすれば良いのか? どうなるのか? 国は被災者を救うための本気度が見えないし、責任は町長任せなので、我々は不安でやりきれない! だから気持ちもおかしくなっていく…。」

皆様、葛尾村の方が書かれた1冊の本をお読みください(原発の地の状況がよくわかります)。
『詩集 わが涙滂々――原発にふるさとを追われて』(小島 力著、西田書店、1400円+税)


福島被災者のご支援、よろしくお願い申し上げます。

a0308604_21121058.jpg
住民が飼っていたダチョウ。避難時、放したダチョウがさまよってる。



a0308604_21125842.jpg
草木に覆われた大熊町の自宅



a0308604_2112428.jpg
町で群れをなして歩く牛



a0308604_21254977.jpg
黒くなった洗面台



a0308604_21263342.jpg
少し片付けた台所ですが…



a0308604_21282755.jpg
洗濯機(掃除しました)



a0308604_2128289.jpg
風呂場のカビ



--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【被災地への支援に関するお問い合わせ】
福岡百子
FAX 047-346-8675
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2013-08-22 21:07 | 福島の被災地の現状