2011年3月に発生した福島原発の事故発生後、現在も仮設住宅等での避難生活を強いられている被災地の方々の状況をお伝えすると共に、支援の呼びかけなどを行わせて頂いております。


by momofukuoka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

一回限りの「命」と「人生」

8月6日は広島に、8月9日は長崎に原爆が投下されました。私達はこの日をどんな心で過ごされましたか?

私は一主婦ですが、2011年3月11日から、ずーっと、福島の被災者と、友として向き合って参りました。今、現在も福島の現実は厳しく、さらに過酷で苦悩は深く、地獄のような状況になっておりますことを、皆様ご存知でしょうか? マスコミでも報じなくなりました。国も福島のことは忘れたかのように、無視するようになりました。命の叫びに全く耳を傾けなくなりました。

私達は、「命」について、「人生」について、皆さんで話し合い、考えてみてはいかがでしょうか? フェイスブックで、友人達の集まり等で。

私達の「命」は、「人生」は、一回限りの、天から授かった宝物です。皆さんは、ご自分の命の重みを体験したことがありますか?

私は随分前になりますが、胃がんの末期を宣告され、一分一秒の重みを体験したことがあります。それまで命は「戴きもの」ということを気づきませんでした。一緒に抗癌治療をしていた仲間は次々、死にました。私も明日生きているかどうかも判らない。一分後に生きているかどうかも判らない。その時ほど、一分一秒が輝いて感じられ、「命は戴きもの」「一分一秒が戴きもの」「宝物」であることを知りました。「命のいとおしさ」とでも申しましょうか。「自分の命も、他者の命も、一分一秒が大切な宝物」であることを、私は病気の体験を通して悟らされました。

皆さんの一分一秒は、命は、人生は、一回限りの大切な宝物です。私達人間にとって、「幸せ」とは何でしょうか? 各々の命や時間、人生が大切にされることではないでしょうか? 一人一人の命が大切にされる。これが私達地球のあるべき姿ではないでしょうか?

最も優先すべきことは、一人一人の命。命と人生を無視する行為は、神に逆らう反逆行為ではないでしょうか? 神に畏敬の念を抱かず、他者の命と人生を重視しない有り方は、私には、神への反逆行為のような気がします。私達皆で、日本の社会を見直しませんか? 間違いは正し、勇気をもって教え合い、一人一人の命や人生が大切にし合う社会を皆でつくっていきませんか?

他人任せや、諦め、ではなく。積極的に共感し合う仲間をつくり、輪を広げていきませんか? 批判だけでは何も生まれません。足を引っ張り合うのでなく、気づかない方には教え、一緒に幸せの道を共有し合いませんか? 一人が二人になり、二人が三人になり…。明日、明後日と…。小さな力でも、動くことにより、仲間は増え、希望ある社会を私達の手でつくっていきませんか? 悲しむ人が一人でも少なくなることを目指しませんか?
  

今、福島の方が必要とされます支援品は(別項目に詳細は明記しております)、下着、タオルケット、バスタオル、タオル、ネズミ駆除剤、殺虫剤、除草剤、作業手袋(軍手等)。トイレットペーパー、洗剤等の生活消耗品。飲料水、お米、調味料、野菜、果物、他、食品。(仮設は店が遠く、年寄りが多いため、買い物が大変です。)ご支援をよろしくお願い申し上げます。

なお、この原稿を皆様の力で、世界に拡散してくださいますようお願い申し上げます(皆様のブログ、フェイスブック等で)。

私、「東北ヘルプ」(http://tohokuhelp.com/)ともつながり、共働の方向で動くようになりました。また、連載でレポートを出させて頂いております。


--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【被災地への支援に関するお問い合わせ】
福岡百子
FAX 047-346-8675
携帯 080-5547-8675          
f.mom.1941@ezweb.ne.jp
(恐れ入りますが、これらの連絡につきましては
AM10:00~PM5:30までの間に頂けますようお願いいたします)

なお、こちらのリンク先には現在被災地から要請を受けている、具体的な支援品のリストを掲載しております。併せてご覧いただければ幸いです。

※当ブログは福岡氏より委託を受けた、前野賢一郎(maeken24@ybb.ne.jp)が更新作業等の管理・運営を行っております。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------
by momofukuoka | 2013-08-10 16:34 | 福岡百子からのメッセージ